ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新婚旅行
  4. ふたりのこだわり満載! 先輩花嫁のとっておきハネムーン
演出アイテム等
Share on>

ふたりのこだわり満載! 先輩花嫁のとっておきハネムーン

「人とはちょっと違う内容にしたいけど、実際みんなどんなハネムーンに行っているの?」と思っている人は必見! 普段なかなか行けない国に行ったり、その場所ならではの特別な体験をしたりと、一味もふた味も違うこだわりのハネムーンを叶えた先輩カップルのエピソードを大公開! 目的地を決めた理由、手配方法、ふたりのこだわりポイントのほか、先輩カップルに教えてもらったこだわりハネムーンを叶えるコツも紹介します。

行先はどうやって決めた? 先輩カップルの決定理由とは

風景

どこに行くか、何をしたいかあれこれ悩みながら決めるのもハネムーンの楽しみの一つ♪ 先輩カップルが行先を決める時に重要視したポイントには、大きく分けて3つのタイプがあるようです。

【1】ふたりの共通の趣味や、好きなことを生かせる場所

【2】夫婦ふたりだけの今だからこそ行っておきたい場所

【3】「いつかやってみたい」と憧れていた特別な体験ができる場所

今回は、先輩カップルの声から浮かび上がってきた「共通の趣味」「今だからこそ」「特別な体験」という3つのタイプごとに、実際のハネムーンの様子を見ていきましょう。

***ふたりの共通の趣味や、好きなことを生かせる場所へ***

【共通の趣味】グレートバリアリーフでダイビング! 雄大な自然を感じる旅

グレートバリアリーフの前に立つカップル

なつきさんカップル
【行先】オーストラリア/ケアンズ・エアーズロック・シドニー
【日数】7泊9日

交際期間中に一緒にダイビングの免許を取得したというなつきさん夫婦。国内の海にしか潜ったことがなかったというふたりは、ハネムーンの一番の目的を「国外の海でダイビング」に♪ 行先は、ふたりとも行ったことがない国に絞って探し、海以外の自然も満喫できるオーストラリアに決定。飛行機や宿泊先、ツアーの申し込みはすべて自分たちで手配した。

「私たちは、『自然を体で感じよう!』というテーマのもと、グレートバリアリーフでダイビングをし、エアーズロックを間近で見て、シドニーの街を散策しました。エアーズロック付近でサンセットやサンライズを見たり、コアラなどの動物と触れ合ったり、現地のツアーも使いながらたくさんの自然を肌で感じることができました」

一緒にダイビングの免許を取ったという出来事を、ハネムーンを通してさらに特別な思い出にしたふたり。「やりたかったことを全部叶えることができた!」と、充実のハネムーンになったそう。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「まず、自分たちの行きたい場所や、やりたいことをふたりで話し合い、リストアップすることが大事だと思います。目的やテーマを持つことで、ハネムーンをより一層楽しむことができ、ステキな思い出になるはずです」(なつきさん)

【共通の趣味】建築好きなふたりが選んだ、ガウディの建築を巡る旅

サグラダ・ファミリア

由佳さんカップル
【行先】スペイン/バルセロナ
【日数】5泊7日

建築学科出身のふたりは「一生に一度はガウディのサグラダファミリアが見たい!」という理由から、バルセロナを選択し、ガウディの建築巡りを旅行のコンセプトに。自分たちの好きなようにガウディ建築を見て回れるよう、旅行会社で自由行動付きのツアーを申し込んだ。

「ガウディの建築をいくつも見ることができ、感動の連続でした。特に、夜のサグラダファミリアは人生の中でも一番の感動! 建築巡りというちょっとハネムーンっぽくない旅だったかもしれませんが、『来てよかったね』とふたりで話しました」と由佳さん。

現地のスーパーで買い出しをするなど、その街に住んでいるように過ごした時間も思い出になったそう。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「普段、仕事でなかなか長期休みが取れない人なら、なおさら遠くに行くのがオススメです。また、旅の明確な目的をつくることで達成感が出て、よりハネムーンを楽しめると思います」(由佳さん)

【共通の趣味】憧れのイタリアの建物・歴史・文化に触れる旅へ

コロッセオ

あささんカップル
【行先】イタリア/ベネチア・フィレンツェ・ローマ
【日数】6泊8日

小さいころから、「ハネムーンはイタリアに行きたい!」と思っていたあささん。また、夫婦揃って建築学科出身ということもあり、街並みや建築に興味のあったイタリアを行先に選んだ。添乗員付きツアーと自由行動がセットになった旅行会社のハネムーンツアーに申し込み、どの都市でも、半日~1日かけてツアーで主要な観光スポットを回り、あとは自由行動で自分たちの好きなように過ごせるよう計画した。

「ツアーでは、添乗員さんに説明してもらうことで、その場所の歴史的な背景や価値が分かり、感動も一層深いものになりました。建物はもちろん素晴らしかったですが、それが生まれる歴史、文化、時の流れも肌で感じることができ、本当に感動しました!」

ベネチアでゴンドラに乗ったり、現地の人と交流したり、美しい街並みを見たり。日本とは違った時間の流れを感じ、まるで夢のような時間を過ごしたふたり。「イタリアという国がとても好きになりました」と大満足のハネムーンを叶えた。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「旅行前にガチガチにスケジュールを決めないこともポイントです。旅先での偶然やラッキーな出来事を楽しむのも旅行の醍醐味(だいごみ)の一つ。添乗員さんや現地の方にオススメの情報やお店を聞いてみるのがいいと思います」(あささん)

***夫婦ふたりだけの今だからこそ行っておきたい場所へ***

【今だからこそ】日本人が少ない穴場エリアで非日常の時間を楽しむ旅

夕景

ありささんカップル
【行先】ギリシャ/サントリーニ島・ミコノス島・アテネ
【日数】5泊7日

「夫婦ふたりの今のうちだから行けるような、あまりメジャーではない場所にしよう」と、日本人観光客が少ないリゾート地を探し、ギリシャに決定。飛行機と宿泊先の手配は、ギリシャ旅行に精通している旅行会社に依頼し、サントリーニ島2泊、ミコノス島2泊、アテネ1泊というスケジュールを組んだ。

「今まで見た景色の中でもトップクラスの絶景でした! 一生に一度は見てほしいと皆にオススメしたくなるほどです。地中海料理は魚介が美味しく、味付けも好みでした。食事が付いていないプランにした分、現地のオススメレストランに行けた上、料金も低く抑えられたのでよかったですね」

ふたりの片言の英語を一生懸命理解しようとしてくれる現地の人々の温かさにも触れ、のんびりと非日常の時間を存分に楽しむことができた。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「2人で行きたいところや食べたいところを予め大まかに話し合っておき、行ったら思いっきり楽しむことが大切ですよ」(ありささん)

【今だからこそ】マチュピチュなど南米の世界遺産を巡るアクティブ旅

マチュピチュ

朱美さんカップル
【行先】ペルー、メキシコ
【日数】7泊9日

仕事の都合で普段はなかなか長期休暇が取れないふたり。ハネムーンなら9日間の休みが取れるので、その日程を目いっぱい使って行ける遠い場所を検討。ペルーをメインにした旅程にメキシコを加え、旅行会社に手配を依頼した。

「好きな映画の舞台になったというマチュピチュは特に行きたい場所でした。また、念願のナスカの地上絵も見ることができ、大満足! 世界遺産に興味があるので、テオティワカンも感動しました。たくさん歩かないと行けない場所なので、若い今のうちに行ってよかったです」

日本人観光客が少ない国に行くことで、異国であることを強く感じ、「旅」気分もUPしたそう。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「せっかくの機会なので、休暇期間を思い切り使って普段行けない国に行ってみてください。日本人が少ない場所を訪れ、見たことがない世界に触れるのがオススメです」(朱美さん)

***「いつかやってみたい」と憧れていた特別な体験ができる場所へ***

【特別な体験】ハワイでセスナを操縦! 念願の夢を叶えた旅

セスナ

南さんカップル
【行先】アメリカ/ハワイ(オアフ島)
【日数】4泊6日

小さいころからパイロットになるのが夢だったという彼。ハネムーンの行先を探す中で、インストラクター付きなら素人でもセスナの操縦ができると知ったハワイに決定! 現地までの飛行機や宿泊先は旅行会社に依頼し、セスナの体験操縦やイルカと泳ぐなどのアクティビティは自分たちで手配。HPで日本語のページがあるものを探し、自分たちでメールのやりとりを行いました。

「旅の一番の目的であるセスナの操縦体験をベストな状態で楽しめるよう、飛行機はビジネスクラスにし、操縦体験は旅の初日に計画しました。彼の夢が叶ったことはもちろん、上空から見たハワイの大自然にも感動! 操縦中の様子は映像に収めて形に残るようにしました」と南さん。

初めてのハワイということもあり、アロハシャツとムームーを着てクルージングディナーをしたり、フラダンスを習ったり、カヤックでイルカとウミガメを探したり。ハワイならではの過ごし方も満喫し、大満足の旅となった。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「旅の記録はしっかり残すといいと思います。旅先によって注意は必要ですが、誰かに写真を撮ってもらうのもオススメです。旅先で『ステキな人と出会った』ということはいい思い出になるので、恥ずかしがらずに現地の人たちとコミュニケーションをとってみてくださいね」(南さん)

【特別な体験】イルカと泳ぐ・遺跡を巡る! どちらも叶えたメキシコ旅

海

美加さんカップル
【行先】メキシコ/グアナファト・メキシコシティ・カンクン
【日数】6泊8日

「イルカと泳ぎたい」という美加さんと「遺跡や建築巡りをしたい」という彼。ふたりの希望を叶えられる場所を探し、見つけたのがメキシコ。メキシコ旅行の手配を得意とする旅行会社に相談し、田舎町、都会、リゾート地の3都市を回るオリジナルプランを作成してもらった。

「イルカと泳ぐということが旅の一番のこだわりポイントでした。そのほか、市内観光をしたり、チチェン・イッツァやテオティワカンといった世界遺産を巡ったり、天然の泉セノーテでダイビングをしたり、ジャングルツアーに参加したり。『メキシコを選んでよかった』と心から思いました!」

グアナファトでは屋台のフルーツドリンクや、市場でのランチも堪能。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「自分たちならではの旅行プランを組むことをオススメします。私たちの場合、旅行会社のスタッフさんに現地のオススメスポットを聞きながらプランを組めたのが大満足のハネムーンに繋がったと思います」(美加さん)

【特別な体験】スロバキアの彼の実家へ! 現地の文化や料理を満喫する旅

新郎新婦

えりんこさんカップル
【行先】スロバキア/ブラティスラバ、ハンガリー/ブタペスト、オーストリア/ウィーン
【日数】8泊10日

スロバキアは、彼の出身地。帰省とえりんこさんの親にスロバキアを案内する、という目的の下、ハネムーンの行先に決めた。また、周辺諸国の中で観光したことがなく、いつか行ってみたいと思っていたハンガリーやオーストリアにも訪れることに。飛行機やホテルの手配は、インターネットを使ってすべて自分たちで行った。

「私の両親に彼の出身地を案内するという目的を兼ねていたので、両親同伴でのハネムーンにしました。スロバキアでは、彼の両親に美味しいレストランへ連れていってもらい、ダックの丸焼きなど郷土料理を堪能! 各国で郷土料理を食べる時に、彼が料理の説明をしてくれたので、両親にとっても思い出深い旅行になったようです」とえりんこさん。

スロバキアの彼の実家で民族衣裳を着させてもらったほか、ハンガリーやオーストリアでは、お城や教会を観光。その国ならではの貴重な体験を楽しんだ。

≪先輩カップルより≫こだわりハネムーンを叶えるためのアドバイス

「ガイドブックにも載っていないような旅をしたいなら、現地の人に案内してもらうのがポイントです。現地に知り合いがいない場合は、実際に旅行した人や日本にいる外国の方に話を聞いてみたり、海外のクチコミサイトで日本人が行きそうにないところを探してみたりしてください。自分たちならではの旅行を楽しんでくださいね」(えりんこさん)

from編集部『ふたりならではのこだわりが詰まった旅は一生の思い出に』

こだわりを叶えるために、自分たちでスケジュールを組んだり、観光スポットを調べたりするのは大変だけど、その分、自由に楽しめて思い出深い旅になるようです。ハネムーンはふたりで長期旅行ができる絶好のチャンス! その機会を通して、人生の中でも忘れられない貴重な時間を過ごしてくださいね♪

文/木村結(ミューズ・コミュニティー) 構成/松隈草子(本誌)
※掲載されている情報は2015年5月時点のものです

  • ハネムーン
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 海外実例
  • ふたりらしい
  • 憧れ・夢
  • テンションあげたい
  • 楽しく読む
Share on>

pagetop