ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 新生活・保険・家計
  4. 新生活全般
  5. みんなの新婚SEX白書【2020年最新版】~頻度・誘い方・妊活etc.~
コラム・連載
Share on>

みんなの新婚SEX白書【2020年最新版】~頻度・誘い方・妊活etc.~

このたびゼクシィアプリでは、全国の新婚夫婦たちのSEX事情を知るため大規模調査を実施!結婚2年以内のカップルたちのSEX頻度や満足度、誘い方や妊活の悩み、将来のSEXのことまで気になるリアルに深く迫ります。夫婦生活の満足度を上げるためのアイデアもいっぱいだから、ぜひ参考にして楽しいLOVEライフを過ごして。

SCENE.01 普段のSEXライフ編

まずは普段のSEX事情から調査開始。1回にかける時間やその頻度、SEXへの満足度etc. 新婚カップルたちの夜の事情を深掘りしました。

普段のSEXライフ編

約7割の人はSEXが好きと回答。満足度に関しては、約半数のカップルが満足していると答えているものの、あまり満足でないカップルも3割程度。

頻度は週1回から月2~3回が多く、掛ける時間は30分~1時間が多数派だが、20分以下も半数ほど。付き合っているときと比べて、結婚してからの方が時間が短くなってしまったという夫婦も多い。

頻度やかける時間は、SEXの満足度に影響してくるから「もうちょっと回数を増やしたい」「もう少しゆっくりしたいな」という場合は彼にもしっかり伝えてみて。仕事で忙しい場合などは、平日は手短に、休前日はゆっくり時間をかけてなど、曜日によって分けるのも◎。

\さらに深掘り/
Q. SEXの満足度を上げるためにどう工夫してる?

「時々ふたりでAVを見てムードを盛り上げています」(るるるさん・26歳)
「間接照明で雰囲気づくり」(しょぴこさん・26歳)
「友達っぽいノリの夫婦だけど、Hのときはふざけない」(みひさん・29歳)
「翌日に響かないよう、早めに開始する」(AIさん・28歳)
「疲れているときなどは無理にしない」(さくらさん・29歳)
「清潔な状態で臨むためにセックス前にシャワーを浴びる」(はっちさん・30歳)
「お互いが求めているときにしたいので時間等にこだわらない。最後までできなくても一緒にいられればよしとする」(アリエッティさん・30歳)

満足度

新婚夫婦たちがSEXに求めるものは「夫婦間の愛情確認やコミュニケーション」が多数なこともあり、自分からSEXに誘うという人が6割ほど。

自分からはほとんど誘わないという花嫁さんもいるけれど、夫婦のSEX=愛情確認だからこそ、彼からのお誘いを待つだけじゃなく、愛情表現の一つとして自分から誘ってみよう。

\さらに深掘り/
Q. Hに誘うときってみんなはどうしてる?

「したいときは、今日はお風呂先に入ってきてって言うのが合図」(いちごさん・26歳)
「ぬくぬくしよう~と言う」(らてさん・25歳)
「ストレートに、しよ?と声を掛ける」(アポロさん・30歳)
「直接は伝えずにお誘いLINE」(あきおりさん・45歳)
「どちらかが抱き付くとスタート」(プリン大好きさん・28歳)
「寝ているときに私が甘えてハグするのがサイン」(りょんさん・27歳)
「今日はマッサージしてあげるねと伝えています」(クジコさん・39歳)

満足度

Hの最中に演技をする花嫁は約半数。たまにするという人も合わせると約8割が演技派ということに……!彼への優しさや自分から言うのは恥ずかしいという理由で、自分の希望を伝えられない人も8割程いるけれど、SEXは夫婦間でのコミュニケーションの一つ。しっかり自分の意見を伝えていくのが良い夫婦生活を続ける基本。

彼だって、あなたに演技してほしいとは思っていないはずだから、演技はせずしっかりコミュニケーションを取って、よりよいHを目指そう。

\さらに深掘り/
Q. みんなはどんなふうに彼に希望を伝えている?

「どこを触られると気持ちいいのかを、お互い確認しながらしている」(hanaさん・28歳)
「こうしたらいいよというのは、最中にさりげなく伝えてます」(いちごさん・26歳)
「希望も言うけど、正直に嫌なことは嫌と言う」(ミッチーさん・35歳)
「体調の悪い日などは無理しないで彼に伝え、そういう日は抱き合うだけにしてます」(みひさん・29歳)

SCENE.02 妊活編

結婚後のSEXに関連して、一番気になってくるのは妊活のこと。全国の新婚カップルたちの妊活状況は?みんなふたりで話し合ってるの?不安はない?など妊活に関してのみんなの思いを根掘り葉掘りしました。実際の妊活の始め方や、プレッシャーなく行うアイデアなども参考にして。

妊活編

現在妊活中の人も含め、妊活の予定がある花嫁は約7割で、不安や悩みを持っている人も多いよう。
妊活は夫婦の共同プロジェクト。一人で抱え込まずにしっかりとふたりで話し合う時間を取ることが大事。まずは何人くらい子どもが欲しいかなど、ふたりの将来の話をしながら、妊娠出産への思いを共有していこう。

\さらに深掘り/
Q. みんなの妊活に対する不安を教えて

「妊娠できるのかどうか不安。今まで基礎体温をつけていなかったため、自身の体のことが分からない」(さやさん・30歳)
「妊活のためのセックスとなると義務感が出てきそう……」(りりりさん・26歳)
「彼にどのタイミングで伝えてよいのかが分からない」(みおさん・28歳)
「子どもができたらどういう生活になるのか想像がつかない」(らてさん・25歳)
「彼が子どものことをどう考えているか不安」(たろさん・26歳)

妊活2

\さらに深掘り/
Q. 妊活を楽しめるように工夫していることを教えて

「最初にふたりでしっかりと話し合い、妊活以外のタイミングでもHをする」(トイロイさん・27歳)
「基礎体温のチェックを行い自身の体調を整えつつも、排卵日などは彼に伝えず自然な流れでする」(さやさん・30歳)
「お互いプレッシャーを感じないよう、Hのときはリラックスできるように妊活のことを忘れる」(みひさん・29歳)
「排卵日付近である程度する日を決めているが、その日の気分でしないときはしない」(たろみさん・25歳)
「Hのときには妊活ということを一切考えず、行為に没頭!」(るるるさん・26歳)

SCENE.03  将来のSEXについて

これから数十年とず~っと長く続くふたりの関係だから、ずっと仲良しでいたい!そんな新婚夫婦たちの描く、将来のSEXについてを深掘り。マンネリにならないためのヒントも必見です。

将来のこと

将来の理想の夫婦像は、いつまでも男と女でいられる恋人のような夫婦がダントツ!言葉がなくても通じ合う老夫婦のような関係や、男女を超えた友達みたいな関係よりも、しっかり男女を意識できる関係でいたいカップルが多いよう。
とはいえ、長年一緒に生活を共にするとHのマンネリ化やスキンシップの減少、男女として見られなくなるかも……という不安を感じるのはみんな一緒。

お互いが恋人夫婦でいられるようにするには、スキンシップやコミュニケーションを密にして、愛情表現を忘れないでいることも大事です。

\さらに深掘り/
Q. 男と女で居続けるためにしていることを教えて!

「なるべく裸を見せないようにする。下着も干しっ放しにせずすぐ片付けます」(みおさん・28歳)
「一緒にお風呂に入ったり、セックス以外でもイチャイチャする」(みっちーさん・35歳)
「子どもがいても付き合っていた頃と同じようにふたりの時間をつくる」(サバサンドさん・27歳)
「相手の容姿やファッションなど良いところをいっぱい褒める」(さやさん・30歳)
「1カ月に1回は外でデート♪」(むーさん・29歳)
「いってらっしゃいとおやすみのキスは欠かさない」(めるめるさん・31歳)
「お互いを尊重し、毎日ありがとうと言い合う」(りんごちゃんさん・24歳)

From 編集部

自分たち夫婦はどうなりたいか?考えるきっかけに

夫婦のSEXライフをよりよくするためには、ふたりでコミュニケーションをしっかり取りながら試行錯誤していくことが大事。ぜひこの記事を夫婦で一緒に見ながら「私たちはどうかな?」と話し合うきっかけにして。

構成・文/滝 紀子 イラスト/水元さきの D/ロンディーネ 
※掲載されている情報は2020年9月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2020年9月に実施した、結婚して2年以内の女性206人が回答したマクロミル調査によるものです

  • 新婚生活
  • 結婚準備全体
  • 花嫁実例
  • 悩み解決
  • 安心したい
Share on>

pagetop