ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 結婚式・挙式全般
  4. 結婚式全般
  5. お金がかかると後で知った! 見落としがちな出費項目って?
お金・常識
Share on>

お金がかかると後で知った! 見落としがちな出費項目って?

結婚式の費用は、最初に会場からもらった見積額には収まらず、追加項目があったり、思わぬ支払いが発生することが。「こんなところにお金がかかるとは知らなかった…」と先輩花嫁が見落としていた出費項目とは?

会場の見積りに入らない物は見落としやすい!

イラスト1

会場からもらう見積りは、結婚式全体にかかる費用の中で、会場に支払う分のみの金額。「会場の見積り≠結婚式の総費用」ということに気付かないまま準備を進めてしまうと、後々に想定していなかった出費が発生してビックリすることも。

この出費、見落としてた!

花嫁1

【お車代】
友人へのお車代はいずれ自分が友人の結婚式に出席して戻ってくるからと思い、用意していませんでしたが、プランナーさんのアドバイスでやっぱり準備することに。1人当たり3000円×20人で計6万円の追加出費でした。(えりさん)

花嫁2

【試食会の費用】
新郎新婦は1人5000円、親は1人1万円で当日と同じコースが試食できると聞き、参加しました。両親にも試食してもらったところ「もう少しさっぱりしたものが欲しい」と言われ、メニューを変更。食べてみないと分からなかったので出費は正解でした。(亜由美さん)

花嫁3

【招待状の切手代】
【記録DVD代】
招待状の切手代がかかることに後で気付きました。招待状の送付用と返信用はがきにそれぞれ切手を貼って約9000円の出費に。 また、彼が当日の映像を残したいと言って、記録映像のDVD代24万円が追加になりました。今でも時々見て当時の気持ちを思い出すことができるので、妥当な金額だと思います。(ミルキーさん)

花嫁4

【写真の焼き増し代】
前撮りでもらえる写真が1枚のみだったので、両家へ渡す写真の焼き増し代で3万円追加に。両家に渡すために前撮りしたので納得の出費でしたが、プランを決めるときに何枚もらえるのか事前に確認しておけばよかったと思いました。(円香さん)

花嫁5

【両家に贈呈する花束代】
【列席者のヘアセット代】
両家への花束は会場に頼むと1束1万2000円でしたが、大きくて豪華な花束を渡したかったので妥協せずに追加。
ヘアセット代は、妹や受付をお願いした友達の分に加えて親戚の人からも頼まれたので、想定外の出費に…。(恵美さん)

会場外の出費で気を付けるpoint☆

上記の他に会場外で費用が発生するのは、手作りアイテムの材料費、花嫁エステ代、ネイル代、演出ビデオの制作費、荷物の配送費、会場への交通費、ゲストの宿泊費や二次会費用など。
中でも交通費や宿泊代は金額がかさむので注意。自宅と会場が離れている、遠方からのゲストが多いという人は、早めに計算しておいて。
また想定外の出費を念頭に、会場に支払う額の2割程度は手元に残しておくと安心。

見積りに入っているという思い込みにも要注意!

イラスト2

見積りは打ち合わせを重ねる間にそれぞれに合わせてカスタマイズするため、最初は最低限必要なアイテムやサービスが入った状態になっている。そのため「自分たちは最低限必要だと思っていたために、見積りに入っていると思い込んでいて見落とした!」という失敗パターンに。

この出費、入ってなかった!

花嫁6

【ケーキ装花】
いくつかの会場で見積りをもらったのですが、どれもケーキ装花が入っていませんでした。やむを得ず5000円のランクをセレクト。花びらが散らしてあってかわいかったけどもう少し華やかさが欲しかったです。(はなおりさん)

花嫁7

【引出物を入れる紙袋】
引出物と引菓子を入れる会場の紙袋が見積りに入っておらず、1枚864円の袋を人数分追加しました。今までゲストとして出席した結婚式の袋も全部有料だったと気付き、活用しなくてはと思いました…。(カープ坊やさん)

花嫁8

【乾杯のシャンパン代】
見積りをよく見たら乾杯用のシャンパンは入っていなくて、ビールやジュースで乾杯するわけにもいかず、追加しました。費用が掛かるものなので、見積もり時に入れてもらうといいと思います。(まりちゃんさん)

花嫁9

【プチギフト代】
プチギフトは会場のカタログの中から見積りの予算内で決めるつもりでしたが、気に入る物がなかったので持ち込むことにしました。プチギフト代と持ち込み料合わせて2万円が追加に。(ちえさん)

花嫁10

【婚礼料理代】
最初の見積りでは1人8000円の料理で計算され、パンフレットの豪華な料理の写真も見せてもらいました。 打ち合わせを進めていくと、パンフレットの料理は2万円と分かり、相場並みの料理に変更。見せられた写真の料理が見積りと違うことがあるので、プランナーさんに確認しておくべき。(Emmyさん)

見積りの見落としを防ぐpoint☆

上記の他に見積りに入っていると思い込んでいて見落としがちなのは、縁起物(かつお節など)、チャペルやケーキナイフなどの装花、フラワーシャワーや聖歌隊などの演出、ドリンクの種類など。
中でも額が大きいのが、ゲスト一人一人にかかる費用。特に料理、ドリンク、ギフトなどの単価アップは影響大なので、見積りの内容やランクをプランナーさんに確かめておくのが正解。

思わぬ追加出費が多いのはビューティ関係

イラスト3

衣裳やビューティ関係の費用は、ベールを外したりヘアスタイルを元通りにするなど、そのサービス自体にお金がかかると思っていなかったために、見落としていた人が多数。一つ一つの作業は大変でなくても、細々としたアイテムの準備や手配など、それぞれにスタッフの手間がかかっていることを心得て。

この出費、気付かなかった!

花嫁11

【新郎のシャツとカフスの買い取り代金】
【新婦のアクセサリーと靴のレンタル代】
新郎のシャツとカフスは買い取りだと後で知りました。式後も慶事などで使えそうなので、彼も納得していました。 私のアクセサリーと靴のレンタル代は見積りに入っていなくて、彼の分と合わせて約10万円の追加に。(そよかさん)

花嫁12

【ヘアメイクリハーサル代】
ヘアメイクリハーサル代は通常2スタイルで3万円のところ、特典で2万円に。当日のために必須と思い、丁寧にリハーサルしてもらったので満足でした。会場にヘアメイクを頼むなら、見積時にリハーサル代も入れてもらうといいかも。(たかなさん)

花嫁13

【新郎のヘアメイク代】
私のヘアメイクリハーサルの時に「オプションで追加できますけどどうしますか?」と聞かれて、初めて彼のヘアメイクが含まれていないことを知りました。写真に残るし、彼は自分でセットするのが苦手なので、6000円かかったけれど頼んでよかったです。(かなでさん)

花嫁14

【2スタイル目以降のヘアセット代】
当日のヘアセット1回は見積りに入っていましたが、2スタイル目からは別途有料になるとヘアメイクリハーサルの時に初めて知りました。挙式、披露宴、お色直しでヘアスタイルは3パターンが普通と思っていたのでびっくり。(アサミさん)

花嫁15

【親の貸衣裳代】
両親の貸衣裳代は最初の見積時に確認してなかったので、途中追加で2万円でした。見積りは6カ月前の段階だったので仕方がないですが、自分たちの事前確認も大切だと思いました。(佳保里さん)

追加出費を増やさないためのpoint☆

上記の他に見落としがちなのは、式後にヘアメイクを元通りにするお引き上げ料や、外部ショップの衣裳の持ち込み料や保管料、生花ブーケ代、ブライダルインナー代など。
出費を増やさないためには、衣裳の着数、ヘアチェンジの回数、ブーケの素材や数、新郎の衣裳やメイクの有無などを、早い段階でプランナーさんに伝えておくことが大事。

From 編集部

見積りをもらったら内容チェック!必要なら早めに追加を

最初の見積金額には、自分が必要だと思っている項目全てが入っているわけではないので、含まれているものをよく確認して。必要だと分かっているものは、できるだけ見積りに追加してもらおう。また会場に支払う金額だけでなく、会場以外に支払う費用もあることを忘れずに。思わぬ出費に備えて、予算には余裕を持って。

構成・文/稲垣幸子 イラスト/スーチー
※掲載されている情報は2017年5月時点のものです
※記事内のデータならびにコメントは2017年4月に「ゼクシィ花嫁1000人委員会」のメンバー124人が回答したアンケートによるものです

  • 結婚準備全体
  • アイテム検討期
  • 見積もり
  • 花嫁実例
  • 安心したい
Share on>

pagetop