ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 婚約指輪・結婚指輪
  4. 結婚指輪
  5. 選ぶべき指輪が分かる [タイプ別]男のマリッジリング
ジュエリー
Share on>

選ぶべき指輪が分かる [タイプ別]男のマリッジリング

結婚指輪で初めて指輪を身に着けるという男性は多いはず。「彼女に任せた!」という人もいるだろうけれど、ずっと長く身に着ける指輪なのだから、男性もちゃんと関わって選びたいもの。ここでは、男性のタイプ別にどんな指輪が似合うのかをご紹介。この記事を彼にもシェアして、一緒に考えてみて。

男がマリッジリングを選ぶときに知っておきたいこと

結婚指輪に悩む男性のイラスト

男性が結婚することになって初めて「指輪」に向き合うことになった場合、どうやって選んだらいいか途方に暮れてしまうことがほとんど。そんなとき、ありがちなのは「君の好きにしていいよ」と、彼女に丸投げしてしまうパターン。でも、これはあまりよろしくないと、K.UNO BRIDAL(ケイウノ) 新宿西口オーダーメイドサロンの小鹿店長は言います。「男性も主体性を持って指輪選びに取り組むことが大切。自分の好みを反映して選ぶことにより、指輪に愛着が湧いて毎日身に着けたくなるんです」。

指輪は小さなものですが、人の印象に強く残るインパクトを持っているので、自分をどう見せたいかを考えて選ぶこともポイント。「堅実に見せたいのならプラチナのストレートなどシンプルで一般的な指輪を、個性的に見せたいのなら一般的な結婚指輪のイメージから外れるものを選ぶといいでしょう」(小鹿店長)。

また、結婚指輪は男女でお揃いにするのが基本ですが、ふたりの好みが極端に異なるようなら、無理に揃えなくてもOK。「裏側に刻印やイラスト、模様を入れてお揃い感を出すこともできますよ。お守りのように、ひとつの原石から生まれた2つのダイヤモンドを互いのリングに留めるのも素敵です」(小鹿店長)。

さて、以下からはタイプ別にお勧めの指輪をご紹介!

<タイプ1>仕事ではスーツ着用、真面目に見せたいあなたは

タイプ1の男性のイラスト

金融系企業や重工業系のメーカーなどに勤めていて、仕事ではかっちりとしたスーツを着用。人からも「真面目で信頼できる」などの評価を得たいと考えているのなら、指輪もシンプルで目立ち過ぎないものを。ストレートラインの甲丸プラチナリングで、幅は太過ぎず細過ぎない2.5~3mmがお勧めです。

「シンプルだからこそ、着け心地にこだわって選んでいただきたい。包み込むような着け心地の『内甲丸』仕上げのリングは、普段指輪を着けない男性にも好評です。指なじみが良く、存在感があるリングがお勧めですね」(小鹿店長)。

このタイプの人はあくまでもシンプルを心掛けるのがベスト。もし少しどこかに遊びを取り入れたいというのなら、リングの内側にダイヤや誕生石を留めたり、ふたりの思い出や好きなモチーフをオーダーメイドで入れてみてもいいでしょう。

<タイプ2>スーツ着用だけれど、おしゃれに見せたいあなたは

タイプ2の男性のイラスト

アパレルや流通関係、食品や日用品などのメーカー勤務で、基本的にスーツを着用。とはいえ、堅苦しくなり過ぎず、さりげなくセンスの良さをアピールしたいと考えるのなら、ミル打ちなどの装飾を取り入れた指輪がお勧め。

「指輪の幅はタイプ1でお勧めした2.5~3mmというのが一般的。タイプ2の人はこれよりも少し太めの3~3.5mmにしてみては? そうするとカジュアルさが出て、『こだわった指輪を着けているな』とおしゃれに見られるんですよ」(小鹿店長)。

ポイントは、ストレートのラインとプラチナの素材を選ぶこと。この2点を守ることで、きちんと感が担保されます。マリッジリングだからと意識し過ぎずに、普段のファッションと合う、好きなデザインを選んでみるといいでしょう。

<タイプ3>カジュアルOK、堅実さもアピールしたいあなたは

タイプ3の男性のイラスト

IT関係やマスコミ関係などの仕事で、ジャケパンスタイルやノーネクタイでカジュアルな服装も問題なし。おしゃれな雰囲気にしたいが、一方でさりげなく堅実さもにじませたいという場合は、プラチナとゴールド2色の金属を用いたコンビリングを選ぶと、真面目さとおしゃれさが両立できます。

「ウェーブラインにすると指なじみが良く、カジュアルさも出ますね。幅は2~4mmくらいで選ぶといいでしょう。手がほっそりしている人なら、あえて細めのリングを選んでもおしゃれですよ」(小鹿店長)。

<タイプ4>個性を前面に出していきたいあなたは

タイプ4の男性のイラスト

ショップ経営やフリーランスなどで仕事の上でも服装に制約がなく、むしろ個性を前面に出していきたいという人は、自分の趣味に合ったユニークな指輪を選ぶといいでしょう。素材はプラチナでも、イエローゴールドでも、ピンクゴールドでも、コンビでもOK! ラインも自由に選んでください。

「シルバーアクセサリーのようなかっこ良いデザインやアンティーク調のリングも素敵だと思います。たくさんの既製品のなかから選ぶのも良いですが、アレンジやフルオーダーでふたりの想いをかたちにするのもお勧めです」と小鹿店長。

「もう少しさりげない感じでというのなら、ふたりのリングを重ねるとハートやイニシャルが浮かび上がるリングもいいですね。秘密のデザインを持ち合うことで、よりふたりの絆が深まると思います」。

ただし、気を付けたいのはやり過ぎないこと。あくまでも結婚指輪なので、品を感じさせるデザインにしましょう。

From 編集部

どんなふうに見せたいかで指輪を選んで

結婚指輪選びは女性が主導権を握りがちですが、納得いく指輪を選ぶためには男性も主体的に取り組むことが大切。ふたりであれこれ相談する時間も、素敵な思い出になるはず。まずは男性のタイプを見極めて(彼女も客観的に見てアドバイスを!)、どんな指輪がいいか考えてみましょう。

Shop list

K.UNO BRIDAL(ケイウノ)  新宿西口オーダーメイドサロン

TEL 03-3340-0811

国内最大級の全国38店舗を展開し、高い技術を持つ職人が180人以上在籍。婚約指輪・結婚指輪のほか、リフォームの相談や修理、アフターメンテナンス(ほぼ全ての商品が永久無料保証)も承っている。ブライダルリングのDIY(手作りコース)にも対応。時計やオーダースーツの取り扱いもあり、婚約指輪のお返しを選ぶのにも便利。
http://www.k-uno.co.jp/shop/shinjukuwest

構成・文/粂 美奈子 イラスト/戸村桂子
※掲載されている情報は2017年3月時点のものです

  • 結婚指輪
  • アイテム検討期
  • タイプ別
結婚指輪を探してみる
Share on>

pagetop