ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィ WEB MAGAZINE
  3. 引出物・ギフト・内祝い
  4. お礼・お返し・車代
  5. 教えて! 会費制ウエディングの【お礼】【お返し】【お車代】
お金・常識
Share on>

教えて! 会費制ウエディングの【お礼】【お返し】【お車代】

教えて! 会費制ウエディングの【お礼】【

北海道と青森県など東北の一部のエリアでは会費制の結婚式が主流。また、ご祝儀制が一般的なエリアでも、カジュアルなスタイルとして会費制の結婚式を実施するケースもある。でも会費制の場合、お礼やお車代どうしたらいい?そんなギモンを抱いている花嫁さんも多いはず。会費制でもご祝儀制でも基本的な考え方は同じ。今回は会費制ウエディングでの「お礼・お返し・お車代」は何をどのくらい渡すのがよいのかレクチャーします!

会費制でも必要!「誰に」「何を」「いくら」「いつ」渡せばいいの?

まずは基本を知ることからスタート。大体の相場と失礼のない渡し方を押さえて、ふたりの気持ちが伝わるように配慮しよう。

【主賓】
○お車代:1万円~(交通費の3倍程度)
お礼の意味が強いので1万円以上は包みたい。ハイヤーを手配するならお車代は不要。受付から「新郎新婦からお預かりしております」と伝えて渡すのがベター。親にお願いする場合は、日頃のお礼とともに。

【乾杯の発声】
○お車代:1万円~(交通費の3倍程度)
基本は主賓と同じ。主賓と同じように受付か親から渡してもらう。親が渡す場合、主賓と乾杯の音頭をお願いした人が一緒にいる際には、主賓から先に渡す。

【受付】
○お礼またはギフト:3000~5000円
基本は現金だが、相手との関係や状況により、品物やギフト券、ハネムーンのお土産などでもOK。受付が始まる前に頼んだ側の親が渡す。品物なら、メッセージを添えて引出物袋に。ハネムーン土産を渡す場合は、帰宅後早めに。

【二次会幹事】
○お礼またはギフト:5000~1万円
現金やギフト券、品物、食事をごちそうするなど方法はいろいろ。会費は無料にするのがマナー。式後できるだけ早めに1カ月以内をめどにお礼をしよう。余裕があれば、二次会後にふたりが負担して三次会を開くという方法も。

【余興】
○お礼またはギフト:3000円程度
品物や現金以外に、親しい相手なら自宅に招いて会食しても。プロ級の人には現金で1万円ほど。当日親から、または結婚式後にふたりから。

【プロ以外に頼んだ司会】
○お礼:3万円~
負担が大きいので最低でも3万円。食事の手配もしておこう。当日の最終打ち合わせ時に、ふたりから「今日はお願いします」とあいさつして渡すか、ゲストが来る前に親から渡す。

【アイテムの手作り】
○お礼またはギフト+ 材料費:5000~1万円
掛かったコストや時間を聞いて、労力に見合ったお礼を渡したい。品物やギフト券で渡す人が多い。完成品の受け取り時に渡すのがスマート。後日なら、結婚式後できるだけ早めにふたりから直接渡そう。

【挙式の立会人】
○お礼またはギフト:3000~5000円
現金でもよいが、親しい人なら品物の方が受け取りやすい。コサージュなど用意した物を贈っても。披露宴や二次会後に、ふたりからお礼の言葉を伝えながら直接渡す。後日贈るなら、挙式の時の写真を添えて渡すと喜ばれる。

【ビデオ・写真撮影】
○お礼:1万~3万円
補助的な撮影は1万円、全て任せる場合は3万円程度と労力に見合う額にし、会費は辞退を。友人に頼む場合、補助的な役割か全てを任せるかで、お礼の額が変わる。

【リングボーイ&ガール】
○お礼:1000~3000円
おもちゃやお菓子、絵本などを子どもへ。衣裳を新調したなら洋服代も親へ渡そう。披露宴で退屈しないように席に用意しておくとGOOD。披露宴でふたりからプレゼントする演出もほほ笑ましい。

【祝電・お祝いをくれた人】
○内祝いまたはお礼の言葉
祝電をいただいた方には、電話やメールでお礼を。お祝いを頂いた場合は、頂いた半額を目安に内祝いとして品物で贈ろう。式後できるだけ早めに。

準備の仕方もチェックしておこう!

1.渡す人をリストアップ
まずはどんな役割を誰にお願いするかピックアップ。さらに「お礼」「お返し」「お車代」など項目別にリストを作ると抜け漏れを防げる。

2.新札を用意する
お礼やお車代は新札で渡すのが礼儀。1000円札、5000円札、1万円札など必要なお札の種類と枚数を割り出し、銀行で新札に替えておこう。

3.ご祝儀袋を用意
渡す額によってご祝儀袋の種類も変わるので、結び切りの水引が付いたご祝儀袋やポチ袋など、相手に合わせて必要な分を購入する。

4.表書きをしてお礼を入れる
「御礼」「御車代」の文字は、ご祝儀袋の上部に、自分の名字は下部に書く。相手が共通の知人の場合は連名で。相手の名前を書くなら左上に。

マナーのプロに聞いた、会費制ウエディングのお車代&宿泊費の常識&マナー

○交通費はゲスト負担。宿泊を伴うなら手配を
会費制の場合はご祝儀をいただかないので、交通費はゲスト負担が基本。ただし、こちらの都合で宿泊が必要な場所や時間に結婚式を行うなら、会場そばのホテルを手配するなど気持ちを表して。

○主賓など特別なゲストへはお車代として交通費を負担
主賓の交通費はふたりが負担。また会費も主賓からは受け取らないのがマナー。

教えてくれたプロはこの方!

マナーコンサルタント 椿 武愛子さん
北海道を中心にTPOに合ったマナーのスキルアップ教室、大学や一般企業などでの講演、講師を務める。「椿 武愛子オフィス」代表。

※記事内のデータおよびコメントは、2013年10月に「花嫁1000人委員会」のメンバー165人が回答したアンケートおよび、2013年11月に実施したマクロミル会員1039人へのアンケート調査によります

  • 挙式1ヶ月前
  • 式直前1カ月前
  • 相場
  • お礼・お車代・交通費
  • 1.5次会・会費制
Share on>

pagetop