ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. 服装から言葉遣いまで【結婚式の受付】マニュアル

服装から言葉遣いまで、これで迷わない【結婚式の受付】マニュアル

新郎新婦に代わってゲストを出迎える結婚式の受付係。中にはご祝儀の管理など、ふたりに信頼されているからこその大事な役割も担います。そんな「結婚式の顔」ともいえる受付係の具体的な仕事の中身を、服装や立ち居振る舞いも含めて見てみましょう。

#01|結婚式の受付係の役目とは?

両家に代わってゲストを出迎える大事な役
主な仕事は記帳案内とご祝儀の受け取りなど

結婚式の受付を担当する友人女性

結婚式の受付係は、新郎新婦や家族に代わってゲストをお出迎えし、芳名帳への記帳をお願いしたり、ご祝儀を受け取ったり、お車代などを渡したりするのが主な仕事になります。中には控室やロッカー、トイレの場所を聞かれたりすることも。
まずは受付係が具体的にどんなことをするのか、流れに沿ってまとめてみました。

■受付係の仕事内容とセリフはこちら!

1.親族側の立場でお出迎えのあいさつをし、ご祝儀を受け取る。

「本日はご出席ありがとうございます。お預かりいたします」

2.芳名帳への記載をお願いする(またはゲストカードを預かる)。

「お手数ですが、こちらにご記帳をお願いいたします」

★名前などから親族と思われる人には、「本日はおめでとうございます。ご新婦の○○さんの友人の△△と申します」と祝意を伝えながら、あらためてごあいさつを。

3.遠方ゲストなどに、事前に頼まれていた「お車代」を渡す。

「田中さまでいらっしゃいますね。こちらを新婦よりお預かりしております」

★渡す相手を確認しながら漏れなく正確に。他の人の目もあるので、さりげなく渡すのがマナー。

4.ゲストに席次表などを渡しながら、案内を行う。

「こちらは席次表でございます。控室は右手通路奥にございますので、ご案内までそちらでしばらくお待ちくださいませ」

5.すべての記帳が終わったら、最後に自分たちの記帳を済ませ、あらかじめ指定されていた人(新婦の母親など)にご祝儀と芳名帳を渡す。

「私、○○さんの友人の△△と申します。先ほど受付が無事に終了しましたので、ご祝儀と芳名帳をお持ちしました」

Point!

受付は、新郎側と新婦側に分かれて行うのが普通です。一般的には2名1組で行いますが、##s##「受付と案内を行う人」と「ご祝儀を受け取ってチェック・保管する人」##e##と、それぞれ担当を決めておくとスムーズです。

#02|服装で注意すること

清楚な中にも華やかさが感じられること
男性はフォーマル感と清潔感を大切に

結婚式受付の服装

受付係は、両家を代表する顔といっても過言ではありません。ゲストが最初に出会う人であることを意識し、爽やかな第一印象を心掛けましょう。

老若男女さまざまなゲストが出席する結婚式では、##s##どんな人にも違和感なく受け入れてもらえる清楚で明るい服装##e##が望まれますが、できれば結婚式なので華やかさもプラスしたいところ。##s##受付に立つみんなが黒っぽい色や地味な装いにならないよう##e##気を付けて。ちなみに男性はフォーマルが基本ですが、##s##何より大事なのは清潔感##e##。服や靴はもちろん、髪やひげなどもきちんとお手入れして臨みましょう。
とはいえ、受付を頼まれる側の皆さんもふたりにお招きされた大事なゲスト。受付係に求められるイメージの範囲内で、目いっぱいおしゃれも楽しんでくださいね。

▼受付係経験者の体験談をチェック!

VOICE こんな身だしなみを心掛けました

友人女性

服は華やかなワンピースを。上に羽織るものはかっちりとしたジャケットを用意しました(31歳/愛知県)

友人女性

黒っぽい服は避け、上品で明るいピンクのワンピースに。髪もアップにして清楚な印象を心掛けました(26歳/静岡県)

友人男性

目立ち過ぎてもいけないし、おしゃれより清潔さを優先。スーツに合わせるネクタイは、派手さを抑えたシルバーを選びました(28歳/兵庫県男性)

友人女性

新婦の友人として着物を着用。親族メインの式だったので、なるべく上品に見えるように気を配りました(37歳/群馬県)

友人男性

受付に立つので、事前に理容室で髪を整えておきました。身だしなみにはいつも以上に気を配ったつもりです(32歳/千葉県男性)

VOICE ちょっぴり後悔……

友人女性

1つ忘れていたのがネイル。ご祝儀を受け取る際に意外と手元を見られるので、きちんとネイルをしていけばよかったと後悔……(30歳/熊本県)

友人男性

普通のスーツで行ってしまいました。特に受付はみんなに見られるし、この日のために高いスーツを買っておけばよかった!(27歳/大阪府男性)

#03|振る舞いや言葉遣いで気を付けること

ゲストが話し掛けやすい雰囲気が大事!
笑顔で礼儀正しい振る舞いを心掛けて

■あくまでも新郎新婦側の人間として振る舞うこと

##s##本来なら新郎新婦や家族が務めるべき役割を、受付係が代わりに担っている##e##ということを覚えておきましょう。受付を訪れるゲストの第一声は「おめでとうございます」。それを受け、##s##新郎新婦側の立場で「ありがとうございます」と、笑顔で返す##e##ことを忘れずに。もちろん本物の親族に会ったら「本日はおめでとうございます」と、こちらからきちんとお祝いのごあいさつをするのがマナーです。

■笑顔で丁寧な対応を心掛ける

受付係の立ち居振る舞いで、結婚式の印象が決まってしまうこともあります。どんなに忙しくても##s##笑顔を忘れずに、一人一人に丁寧な対応をする##e##よう心掛けましょう。もちろん誰が見ているか分からないので私語は禁物。その場にいるゲストのうわさ話などもしないように。

▼受付係体験談『こんな振る舞いを心掛けました』

友人女性

特にご祝儀を受け取る際には、失礼のないよう丁寧に対応を。新郎側の受付係の方とも連携を取り、スムーズにいくように心掛けました(29歳/秋田県女性)

友人女性

受付時の立ち居振る舞いは意外と見られていると思います。意識して背筋を伸ばすようにしていました(31歳/大阪府女性)

友人女性

新婦の友人や親族の中には初対面の方がたくさんいましたが、どんな人にも笑顔で気持ちのよい対応ができるよう心掛けました(30歳/広島県女性)

友人女性

ゲストに尋ねられてもすぐに案内できるよう早めに会場に入り、トイレや更衣室、クロークの場所などを確認しました(26歳/静岡県女性)

#04|その他、注意すること

ただ、ニコニコそこにいるだけじゃだめ。
「責任ある立場」ということを心得ておこう

■お金を扱っていることを常に意識

受付の大事な仕事の一つは、ゲストからのご祝儀を預かること。信頼できる相手だからこそ、新郎新婦が指名してくれたことをお忘れなく。途中でどうしても席を外さなくてはいけなくなっても、##s##必ず1人は持ち場に残って##e##いましょう。また、お車代など、頼まれたものはきちんと責任を持って渡さなくてはいけません。そのためには、##s##名簿に自分で分かりやすく印を付けておく##e##など、準備や工夫も必要です。

■遅刻をしないよう、早めの行動を心掛けて

受付係は一般のゲストよりも早く来て待機しておく必要があります。もちろん遅刻は禁物。電車が止まったりすることも十分考えられるので、##s##何があっても対応できるよう、早めに行動##e##しましょう。広い会場の場合は、館内で迷わないよう、会場の案内図などで集合場所の確認をしておくと安心です。

■当日、受付開始前にこれだけは確認!

まずは、受付終了後にご祝儀を渡す人を確認しておきましょう。大金なので、##s##どんな事情があっても指定された人以外に預けるのは厳禁##e##です。例えば相手を見失った場合は会場の人の手を借りますが、その際もお金を預けるのではなく、相手を探してもらうことが原則です。
また、受付をしているとクロークやトイレ、喫煙コーナーなど、館内の設備について尋ねられることも多いので、開始前に確認しておきましょう。

■イレギュラーな事態にはどう対応?

中には写真撮影や預かりものなど、イレギュラーな頼まれごとをすることも。持ち場を離れられない受付の立場としては、##s##なるべく自分で引き受けず、会場スタッフに任せましょう##e##。もちろん「できません」と無下に断るのではなく、「申し訳ありませんが、あちらの会場の方にお願いできますか?」と丁寧な受け答えを心掛けて。
さらに、悩ましいのが遅刻してきた人への対応。式が始まっているのにいつまでも待ち続けるわけにはいかないので、受付開始前に会場へ対応策の確認をしておくとよいでしょう。

構成・文/南 慈子 イラスト/itabamoe 監修/岩下宣子(現代礼法研究所主宰。NPO法人マナー教育サポート協会理事長) ※記事内のコメントは2019年1月に全国の20代・30代の男女104人が回答したマクロミルアンケートによるものです

pagetop