1. 親ごころゼクシィトップ
  2. 結婚式までのスケジュール

親の関与ポイントがよく分かる!『結婚式までのスケジュール』

夢や憧れを形にしようと結婚準備を進めている若いふたりを見守りながら、親御さんはここぞという時に、人生の先輩ならではの適切なアドバイスを。各準備段階の関連記事もぜひチェックしてください。今どきの結婚式事情を詳しく紹介しています。

準備時期の目安 ふたりがやること 親の関与ポイント
挙式10~8カ月前頃

両家の親に結婚の報告をする

ふたりがリラックスできるように迎えます

部屋を整え、迎える時間帯に合わせて、お茶や軽い食事の用意をしましょう。服装はフォーマルである必要はありません。清潔感のある普段の服装で迎えます。相手の仕事や家族などの情報を事前にお子さんから聞いておいたり、お子さんが子どものころの写真などを用意しておくと、会話の糸口ができて場が和みます。

結婚式のイメージを固める

【イラスト】

ふたりを見守りながら親としての留意点を伝えます

ふたりの希望を聞きながら、挙式・披露宴のスタイルや親族への配慮など、親として考慮してもらいたい点や、報告・連絡・相談を密にしてもらうよう、あらかじめ伝えておきましょう。

挙式8~6カ月前

婚約指輪や結納品を用意する

【イラスト】

結納をする・しない、結納代わりの顔合わせ食事会について、ふたりや相手側の親と意見をすり合わせましょう

ふたりにも親の意向を伝えながら、両家の意見のすり合わせをします。ここはこだわりが強い方にあわせるとスムーズです。

結納または顔合わせ食事会をする

【イラスト】

和やかな雰囲気で相手方の家族と親睦を深め、
結婚式までの段取りについても話し合いましょう

ふたりの幼いころの話、結婚式への期待などを話しながら、結婚式への段取りなどを相談しましょう。可能であれば、結婚費用や分担方法についても話し合っておきましょう。

挙式・披露宴の会場を探して予約をする

【イラスト】

親の目線から会場選びをアドバイスします

挙式・披露宴会場の場所については、なるべくふたりの希望を優先してあげたいもの。若いふたりが見落としがちなポイントをアドバイスしてあげましょう。

ふたりもしくはご自身のお子さんと一緒に
「ブライダルフェア」に行ってみてはいかがでしょう

挙式・披露宴会場が開催している「ブライダルフェア」。会場のサービス内容や挙式当日の雰囲気がよく分かるので、チャンスがあったら参加してみるのがおすすめです。

結婚式にかける費用について、ふたりや相手側の親と話し合いましょう

親は結婚資金の援助をするのかしないのか、援助する場合はいくらか、両家の費用分担の仕方などを相談しましょう。

挙式7~3カ月前頃

招待するゲストをリストアップして招待状を作成する

【イラスト】

招待ゲストの顔ぶれをチェックし、親族には前もって連絡します

親族の誰をゲストとして呼ぶかについては親御さんからのアドバイスが基本。両家のバランスも考慮しながら、じっくり話し合いましょう。ゲストの一覧を作る時は、名前の表記確認も。招待ゲストが決まったら、親族には親御さんから電話連絡をします。

新郎新婦の衣裳や小物を選ぶ

【イラスト】

ふたりの当日の衣裳選びについて、アドバイスをします

一生一度の花嫁&花婿衣裳。基本的にはふたりの希望通りにしてあげたいもの。でも似合うかどうか、率直なアドバイスができるの親御さんならではです。ドレスショップへの試着に同行するなど、お子さんと一緒に衣裳選びをすると、結婚準備中のいい思い出になります。

両家の親が挙式当日に着る衣裳を確認しましょう

両家の親の衣裳の格が違いすぎると、お互いばつの悪い思いをします。あらかじめ確認をしておきましょう。

披露宴のプログラムを考え、詳細を決める

【イラスト】

親族ゲストの顔ぶれをみて、料理や席次決めをアドバイスします

ゲストのおもてなしに関わる大切な準備には、親からもアドバイスを。お年寄り向けに料理を配慮したり、親戚同士のお付き合いの深さなどを考えて席次の決め方などをアドバイスします。

 結婚指輪を用意する

 

ブライダルエステを始める

【イラスト】

新婦のお母さんは、お子さんと一緒にブライダルエステに行くのもおすすめです

あわただしい結婚準備の合間に、母娘でブライダルエステに出かけてのんびりすのはいかがでしょう?結婚式当日までの間に、記念となる思い出作りをしておくのもおすすめです。

挙式3~1カ月前頃

招待状を発送する

【イラスト】

結婚式に出席する親族ゲストの交通・宿泊の手配をします。
費用負担についても事前に明確にしておきましょう

挙式・披露宴会場の提携ホテルなどもあるので、手配についてはふたりと相談を。ゲストには費用をどこまで負担するか事前に案内しておくのがマナーです。

料理や引出物、ペーパーアイテムなどの品物を確定する

【イラスト】

親族ゲストの顔ぶれをみて、引出物・引菓子選びをアドバイスします

地域の風習や習慣があれば、ふたりにアドバイスをします。品物を変えるなど必要に応じて贈り分けをする場合には、親族ゲストの分についてのアドバイスを。

新婚旅行の手配をする

 

二次会の会場を探して予約する

 

披露宴のプログラムを考え、演出やBGMなどの詳細を決める

 
挙式1カ月前~前日

ゲスト人数に合わせて料理や引出物、ペーパーアイテムなどの数を確定する

 

司会者と進行の最終確認をする

【イラスト】

披露宴のラストに述べる親の謝辞を考えます

親の謝辞は披露宴のシメとなります。あらかじめ準備しておきましょう。当日、紙に書いたものを読むのも失礼にはあたりませんのでご安心を。

挙式当日の「お礼」「お車代」を用意する

【イラスト】

「お礼」「お車代」の金額や渡す相手についてアドバイスを。
式当日、ゲストに渡す場合は、事前に預かっておきます

主賓や遠方からのゲストに渡す「お車代」、司会や受付をしてくれた友人への「お礼」などは、ふたりと金額なども相談し、手渡しする場合は預かっておきましょう。

新婚旅行の持ち物を準備する

 
挙式当日

ゲストを笑顔で迎え、晴れやかな一日を!

【イラスト】

歓談中はゲストにお酌をするなどしてあいさつをしましょう

多忙な1日となりますが、子どもの結婚式は親の子育て卒業式でもあります。胸を張って堂々と、そしてにこやかに1日を楽しんで!

結婚式後

参列したゲストにお礼を伝える

 

結婚式に招待できなかった人に内祝いやハガキなどで結婚の報告をする

【イラスト】

内祝いを用意し、お贈りします

お招きできなかったにも関わらずお祝いを頂いた方へのお礼を用意します。仕事関係先などもふたりに確認のうえ、お贈りします。

海外&国内リゾート挙式の場合も、基本的には同様の流れですが、
親族ゲストの交通・宿泊の手配などに気を配りましょう


ゼクシィシリーズ