1. 親ごころゼクシィトップ
  2. 今どき結婚式の基礎知識 「結納・顔合わせ食事会」 結納当日の流れ

親の常識は子どもの非常識?今どき結婚式の基礎知識[結納・顔合わせ食事会]

これさえ知っておけば安心です『結納当日の流れ』

結婚に向けて、両家が初めて共同でとり行う大切な儀式が結納。
親が中心となって進めていく場面も多いので、事前にしっかりと流れを頭に入れておきましょう。

結納の内容をイメージして、当日はスムーズに進行を

今どきの結納はどこで、どんな流れで行う?

結納の儀式の流れ

最近は、ホテルや料亭、レストランなどで結納をするケースが半数以上を占めています。結納品の手配から必要な書類まで、準備をすべて取り仕切ってくれる結納プランの用意がある場合は、両家の負担が軽いのが魅力。儀式自体は10~15分ほどで終了します。服装は、お母さんは訪問着などの準礼装で、お父さんはスーツや礼服同士になるように、両家で事前に調整を。それでは、結納の一般的な流れを見てみましょう。

開始→所要時間の目安15分 両家が集合 新婦新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 お店で行う場合は、開始時間より少し前に到着するように。女性側が先に着席し、男性側が遅れて入場するのが一般的です。
始まりの挨拶 新郎新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「これより結納の儀をとり行わせていただきます」

仲人を立てない場合は男性側の父親(もしくは母親)が進行役になるのが一般的です。慣れていなくても、真心を込めて話すことで、みんなの心に響くもの。笑顔で話すことだけ、心がけましょう。進行役は会場のスタッフに頼める場合もあります。
結納品を納める 新婦新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「結納の品でございます。幾久しくお納めください」

新郎の母親(父親や会場スタッフでもOK)が結納品を新婦側の前に運びます。この後、男性の父親が口上を。最近は新郎本人が結納品を差し出して口上を述べることも多いようです。
目録をあらためる 新郎新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「結構なお品をありがとうございます。幾久しくお受けいたします」

まずは新婦が軽く会釈をして内容に目を通します。続いて、父親、母親の順で目録に目を通し、最後に口上を述べます。新婦の父親が行ってもいいのですが、新婦本人が述べることで、しっかりした女性という印象を与えることができます。
受書を渡す 新郎新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「こちらが受書になります。どうぞお納めください」

結納を受け取ったしるしに、新婦の母親が新郎に受書を渡します。口上は、新婦もしくは新婦の父親が行います。

※受書について:結納品を購入した際についているのが一般的。結納品と一緒に男性側から受け取ったものを、その場であらためて渡せば大丈夫です。
受書に目を通す 新婦新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「ありがとうございます」
まずは新郎が確認し、父親、母親の順で受書を手渡して確認します。新郎本人もしくは父親がお礼の口上を述べます。
ここで、女性側から結納返しを贈る方法もあります。
男性と同じように目録を贈り、受書を受け取ります。
結びの挨拶 新郎新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 「無事、結納をお納めすることができました」
「こちらこそお世話になりました。今後ともよろしくお願いいたします」


女性側の父親は、進行役を務めてくれた男性の父親や会場のスタッフに感謝の言葉を伝えると、雰囲気が和やかになります。
  記念撮影 新婦新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 結納品を並べて、全員で記念撮影をするのもおすすめです。一生に一度の良い記念になるでしょう。
  食事・歓談へ 新郎新婦新郎父新婦父新郎母新婦母 新郎の父親が音頭をとり、乾杯を。
あとはリラックスして食事を楽しみましょう。

【まとめ】結納当日のポイント

短い時間なので、落ち着いた立ち居振る舞いを心がけましょう。慣れていないのはみんな同じなので、儀式が始まったら誠意を込めて、その場を見守るのが一番です。それでも不安な場合は、会場のスタッフに進行役をお願いするのもひとつの方法です。

このカテゴリの関連記事


ゼクシィシリーズ