1. 親ごころゼクシィトップ
  2. 今どき結婚式の基礎知識 「結納・顔合わせ食事会」 顔合わせ食事会とは?

親の常識は子どもの非常識?今どき結婚式の基礎知識[結納・顔合わせ食事会]

ここが肝心!両家が初めて対面『顔合わせ食事会とは?』

結納を行わなくても、両家の親を交えての食事会を設けるケースがほとんど。
どんな形にせよ、フォーマルな場であることには変わりないので、礼儀を充分にわきまえて。

最近増えている、結納代わりの顔合わせ食事会

顔合わせにはふたつの方法があります

顔合わせ食事会の目的とパターン

顔合わせ食事会とは、婚約が決まった時に、ふたりがそれぞれの親を紹介するために設けるもの。結納とは違って、決まった式次第やルールもありません。食事をしながら会話を楽しみ、両家の親交を深めましょう。まずはいくつかの食事会のパターンを紹介。

顔合わせ食事会のパターン
結結納代わりの顔合わせ食事会
結納の代わりとしてお互いの家族を紹介するための、和やかな食事会。会食が中心ですが、新郎新婦が記念品の交換をするなど、イベントを盛り込むケースも増えています。
結納前の顔合わせ食事会
結婚が決まってから、両家があいさつを兼ねて開く食事会。結納や結婚式など今後の段取りについて、両家の意向を調整したり、当日までにお互い親睦を深めることができます。
顔合わせ食事会の会場のタイプ
自宅で
新婦の自宅で行う昔ながらの結納の名残で、男性側が女性側の自宅を訪れます。準備や片づけが大変ですが、相手の家庭環境がよく分かったり、時間制限を気にせず、落ち着いて過ごせるのがいいところ。
料亭やレストラン
あいさつをしたり、記念品を渡すことを考えて、周囲が気にならない個室を予約するケースがほとんど。結婚式の会場が決まっている場合、下見を兼ねて会場内のレストランで行う場合も。
旅行を兼ねて
ふたりの実家が離れている場合、中間地点にあるホテルやレストラン、料亭など、で家族旅行を兼ねた食事会を開くケースも。初対面でもリラックスした雰囲気で顔合わせができるのでおすすめ。

親はどこまで関与すればよいのでしょう?

顔合わせ食事会の設定はふたりのリードで

親としては、これからどんな段取りで結婚準備を進めていくのか気になるところです。特に、両家の親同士の意見が違うこともありますから、まずはふたりに両家の意見を吸い上げてもらって、双方の希望を調整してもらうといいでしょう。とくに金品の授受については両家の認識に相違がないように。意見を求められたらご自身の考えをしっかりと伝え、最終的には、両家が納得できるように、子どもにまとめてもらうのが一番です。

祖父母、兄弟、姉妹…etc.どこまで参加してよい?

出席メンバーは相手方の家族にも報告を

基本的には、ふたりとそれぞれの親が出席しますが、きょうだいや祖父母など家族が同席しても構いません。地方によっては、顔合わせに親戚が大集合するケースもあるようです。ただし、両家の参加人数にあまりに開きが出ることをよく思わない人もいらっしゃいますので、事前に出席者を伝えておくことが大切。子どもを通じて相手方の意向を探り、ふさわしい顔ぶれとなるように考慮しましょう。

顔合わせ食事会って、何をすればよいのでしょう?

イベントを交えつつ、両家の親交を深める

顔合わせがメインなら、最初にあいさつをしてお互いの家族を紹介します。あとは会話をしながら食事を楽しめばOK。子どもたちを中心に、家族みんなが盛り上がれる話題になるといいですね。挙式会場のレストランで顔合わせをする場合は、両家でチャペルや披露宴会場など施設の下見を兼ねても。当日がどんな流れになるのか、事前に子どもに確認してみるとよいですよ。

【イラスト】

予算はどれくらいかかる?

結納の半額程度が主流

顔合わせ食事会は、どこで行うかにもよりますが、結納に比べるとリーズナブルな金額であることは間違いありません。食事がメインであるため、料理にこだわって場所やお店を選ぶことが多いようです。食事会そのものは、ひとり当たり1万円前後と考えるのが妥当です。その他、遠方から出向く場合の交通費や宿泊費、結婚記念品などを購入する費用が必要になります。

会場タイプ別:顔合わせ食事会の費用平均(※)
【表】会場別顔合わせ食事会の費用平均

【まとめ】顔合わせ食事会のポイント

結納前の顔合わせ食事会は、両家初めての対面の場、結納代わりの顔合わせ食事会は、子どもの婚約を正式に認める大切なセレモニーです。節度をもってのぞむのはもちろん、両家の足並みが揃うように、贈り物などの内容は、子どもを通じて調整しておきましょう。

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」

このカテゴリの関連記事


ゼクシィシリーズ