1. 親ごころゼクシィトップ
  2. 今どき結婚式の基礎知識 「親衣裳の基礎知識&実例集」 親衣裳の基礎知識<母親編>

親の常識は子どもの非常識?今どき結婚式の基礎知識[親衣裳の基礎知識&実例集]

留袖だけではない、お母さんの晴れの衣裳『親衣裳の基礎知識<母親編>』

子どもの結婚式は、お母様にとっても晴れ舞台。留袖に限らず、洋装も増えており、
センスの見せどころです。ゲストの目を惹く「キレイなお母さん」で、華を添えましょう。

母親の衣裳選びのポイント

新郎新婦の雰囲気や両家の格も合わせて

両家でバランスよくコーディネート

ホテルや専門式場などでは『留袖』か『黒ロングドレス』の「正礼装」、カジュアルな場では『色ロングドレス』や『アンサンブルスーツ』など、まず会場に合わせた衣裳を選びましょう。新郎新婦と両家の親が並ぶシーンも多いので、イメージを統一することも大切。新郎新婦の衣裳が洋装なら、お母さんも洋装でコーディネートすれば、洗練された印象に。両家の格や雰囲気をそろえるため、事前にお互いの衣裳を確認しておきましょう。

フォーマルな「黒」でもデザインや質感で差をつける

新郎新婦を引き立てつつ、おしゃれに

フォーマルな場では無難な「黒」ですが、あまりシンプル過ぎると喪服と変わらなくなってしまいます。お慶び事の席ですので、華やかな黒で装いたいもの。留袖でしたら豪華な柄や色目にこだわり、洋装の場合は光沢感のある生地やレース、柄などデザインが凝っているドレスで、上品かつおしゃれに。地味に見られがちなスーツは、明るい色のコサージュなどがポイント。アクセサリーやバッグ、帽子などの小物をアレンジしても良いですね。

きらめく母親のためのおしゃれ衣裳

新郎新婦が自慢したくなる「素敵なお母さん」に

上品かつ洗練された華やかさで存在感を

お父さんよりも装いの幅が広く、オリジナリティーのあるコーディネートができるのがお母さんの衣裳。格式の高い留袖を粋に着こなしたり、エレガントなドレスで華を添えたり。さりげなく存在感のあるおしゃれを楽しんでみては。

最上級の格式がある定番

留袖
【イラスト】留袖

会場やゲストの顔ぶれを選ばない正礼装。背の高い方なら豪華な柄で存在感アップ。小柄や太めの方は、黒地が多めのスッキリした柄だと細長のシルエットに見えます。教会式や夏の挙式には青系のさわやかな色合いの柄を。

親衣裳の実例を見る<正礼装編>

ドレッシーな正礼装

黒ロングドレス
【イラスト】黒ロングドレス

昼間の挙式や披露宴では、カーディガンなどで肌の露出を控え、光モノもNG。帽子を合わせると正式感がアップします。夕方から夜は肩を出すなどして艶やかに。ゴールドやシルバーの華やかなアクセサリーでアレンジを。

親衣裳の実例を見る<正礼装編>

カジュアルパーティの準礼装

色ロングドレス
【イラスト】色ロングドレス

正礼装はくるぶしを覆う丈が原則ですが、準礼装なら膝が隠れる程度のミニもOK。昼間は例えばパールのネックレスでシンプルかつ上品に。もしくはフリル付き上着で印象的に。夕方以降ならキラキラ感をさらにアップさせて。

親衣裳の実例を見る<準礼装編>

レストランや屋外向き準礼装

アンサンブルスーツ
【イラスト】アンサンブルスーツ

着やすくて安心感のあるスーツ。普段のお出かけにも着られそうなデザインでも、明るい色のコサージュをつけたり、大きめの帽子で華やかに。アクセサリーをつけすぎず、アクセントはワンポイントにするのがおしゃれ。

親衣裳の実例を見る<準礼装編>

おしゃれな母親のためのワンランクアップの小物術

アクセサリーや色小物で印象度アップ

キラキラ・カラフル小物で衣裳を彩る

お母さんは洋装の場合、アクセサリーや小物使いで、シンプルな衣裳を華やかにアレンジすることができます。格式を守りつつも、パッと目を引く胸元、耳元、手元にアクセントをプラスすれば、おしゃれ度がグンと上がります。

さりげなく豪華なアクセサリー
定番のパールのネックレスの留め金をゴージャスなものにしたり、ネックレスをしない代わりに少し大きくて派手めのイヤリングをつけたり、1点豪華主義がインパクト大。
鮮やかな色のコサージュ
シンプルなデザインや地味な色の衣裳には、さし色の小物を。明るくはっきりした色や、本物そっくりの質感のコサージュなら、衣裳の印象が見違えるほど華やかに。
ハンドバッグにこだわりを
どんな装いにも必需品のハンドバッグは、冠婚葬祭兼用ではなく、お慶びの席にふさわしいものを。デザインに凝ったり、夕方以降の場合はシルバーやゴールドもOK。

【イラスト】

【まとめ】親衣裳の基礎知識<母親編>のポイント

定番の留袖ですが、柄の入り方や色目によって似合う似合わないがハッキリ出るものなので、自分に合った柄を選びましょう。洋装では、昼間の挙式や披露宴はシックで控えめが基本。アクセサリーなどもシンプルに。夕方から夜は肌の露出やキラキラもOK。光沢のある衣裳や光モノのアクセサリーで豪華な彩りを。

このカテゴリの関連記事


ゼクシィシリーズ