ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. 結納&顔合わせ食事会 今どきオールガイド
  4. 結納の進め方<準備編>

結納の進め方<準備編>のことならゼクシィ

結納&顔合わせ食事会 オールガイド

結納品やお金の準備、服装のマナーなどを解説 結納の進め方~準備編~

結納は地域ごとの風習が根強く、両家の価値観の違いが出やすいもの。「どちらに合わせるのか」「どれくらいお金をかけるのか」をまずは明確に。必ずふたりが両家の間に入って、納得いくまで調整を。

結納のスタイルは、地域ごとの風習やしきたりで異なる!

まずは両家の独特な風習やしきたりを確認して!
関東式と関西式など、地域によってスタイルはいろいろ

結納は大きく「関東式」と「関西式」にわかれる。関東式は男女の立場が同格扱いで、互いに結納品をとりかわす。関西式では結納品は男性から女性に贈るもので、女性からの結納品はない。結納は地域色が豊かなので、まずは互いの出身地のスタイルや違いを確認し、どちらに合わせるか、どんな要素を取り入れるかなど話し合って。

地域ごとの結納スタイルの特色
関東式 関西式
男女が同格、または女性を一段下とみなしてそれぞれが結納品を用意し、互いの結納品を同時に取り交わす。結納金については、女性が男性からもらう分の半額にあたる物品を返す「半返し」の習慣がある。関東式に準ずるのは、北海道、東北地方、新潟・長野・静岡県。 男性側だけが女性に結納品を贈り、女性側はその場で「受書(うけしょ)」を渡し、結納品は贈らない。ただし女性は日を改めて、もらった金額の1割程度の金額を返礼として持参する。関西式に準ずるのは富山・石川・福井県、東海・中国・四国地方。
その他
∟東海は派手婚で有名。結納品も立派で、反物や酒樽などもある。
∟四国は、結納金が全国的にみても高額。
∟中国地方は、岡山県の袱紗など、特徴的な結納品がある。
∟九州地方は、関西式に準じるが、男性側が女性宅に酒一升、鯛1尾を持参する風習が全域にある。お茶も重要な結納品。結納式が終わった後、ご近所や親戚に結納品をお披露目する「お茶開き」という風習がある地域も。
  • 挙式、披露宴会場を探す
  • 婚約指輪、結婚指輪を探す

結納で準備するものと注意点、服装のマナーを確認

結納品、受書、家族書などのしきたり品と記念品、結納金など
結納当日までに準備するものリスト

結納をすることが決まったら、まずは日時や場所、仲人の有無を決めよう。日程は結婚の4~6カ月前で大安・先勝・友引のいずれかを選ぶことが多く、場所はホテルや料亭、式場などが一般的。次に関東式、関西式などのスタイルを決定し、それにあわせて結納品、家族書などの儀式的なアイテムを手配。さらに男性からの結納金の金額や婚約記念品のこと、女性からの結納返しの金額、会場費の負担をどうするかなどを決め、当日を迎えて。服装についても両家で話し合って、トーンをそろえておくと安心。

地域によって差が出るアイテム
1 結納品

結納品とは結納の儀式で贈る縁起物。関東式は9品目、関西式は5~9品目が一般的だが、地域のしきたりや家ごとの考え方によって品目も数もさまざま。結納専門店で購入することもできるし、ホテルや式場の結納パック(※1)なら会場が準備してくれることも。どの品にもふたりの幸せを願う縁起のいい意味が込められているので、この機会にそれぞれの意味を予習しておくと、感動がいっそう深まる。


※1 結納パックとは、ホテルや専門式場などが用意している、結納に必要な備品のセッティング、会場の使用、食事をセットにして販売しているものです。会場によって内容や料金は異なりますので、詳細はお問い合わせください。

関東式
両家とも全部まとめて白木台に載せる。目録、長熨斗、御帯料(金包)、勝男武士(鰹節)、寿留女(するめ)、子生婦(昆布)、友白髪、末広、家内喜多留(やなぎだる)など9品目が正式だが、7品、5品など、簡略化も可。
※写真は関東式9品目の一例。
関西式
結納品を用意するのは新郎側のみ。品目は関東式の内容に加え、婚約指輪や高砂人形がプラスされ、多い時は21品ぐらいまでそろえる場合も。独立した台に松竹梅鶴亀など立体的な飾りをつけて載せ、関東式に比べて華やか。
POINT
東海地方の結納品には反物を切らずに宝船や鯛を作った「呉服細工」がある。広島では女性からの結納返しにご先祖様へのご挨拶をという意味を込めてお線香を贈る風習も。
関東式
関東式
関西式
関西式

指輪、時計などを献上台に載せて
2 婚約記念品

女性には指輪、男性には時計など、高価な宝飾品を贈るのが一般的(関西式では指輪は結納品のひとつ)。すでに婚約指輪をもらっている場合は目録に入れるだけでもいい。男性への婚約記念品は本人がほしがるものを贈る傾向も。

指輪と腕時計

これもエリアごとに違いがあるので注意
3 受書、家族書

結納品を確かに受け取ったしるしに渡すのが「受書(うけしょ)」。本来は受け取る側が書いて渡すものだが、現在は結納品購入時についているものを事前に控えておき、当日改めて渡せばOK。「家族書」は、互いの家族を紹介するもの。両家で準備を。

受書
市販のものは1行目の空欄に女性なら「御帯料壱封」、男性なら「御袴料壱封」と記す。
家族書
奉書紙に毛筆で父母兄弟姉妹、祖母など同居の家族の名前、続柄、年齢を記したもの。
受書
受書
家族書
家族書

しきたりをふまえつつ、無理のないように
4 結納のお金

男性側から女性側へ贈る結納金は50万円、100万円など、キリのいい数字で贈るのが一般的。金額は両家で相談を。結納金に対する女性からの「結納返し」は、関東は結納金の半額、関西では1割というのが一般的。最近は、お金ではなく品物で返すケースが多い。関東では最初から結納返し分を差し引いて贈ることもある。

  • 結納金
    平均金額94万3000円
    平均金額は北海道が78.1万円。関東は94.7万円、北陸・関西・中国・四国は102.4万円、九州は89.6万円。
  • 結納返し
    平均金額(現金の場合)39万9000円
    平均金額(品物の場合)20万7000円
    関東は結納金の半分、関西は1割を返すのが一般的。両家のしきたりが異なる場合も。話し合って決めよう。
  • 結納品・その他
    平均金額16.9万円
    品質に応じて値段は1万円~数10万円まで幅広い。関西式の華やかな結納品の方が、高値。

女性側の家のほか、人気は料亭、ホテル、式場
5 結納の場所

関東以東では、女性宅は1~3割前後で、料亭かホテルが5割にのぼる。これに対し、関西以西では、女性宅の割合が3~4割と高く、結納とあわせて行われる食事会で料亭やホテルを利用する傾向がある。ホテルや式場は結納プランを利用すれば準備がラクだし安心。料亭は格式ある雰囲気。女性側の家は家庭の雰囲気がよく分かりくつろげる。どれが正解ということはないので、両家で話し合って決めよう。

  • 結納の実施場所
    女性側の家27.9%
    料亭26.4%
    ホテル26.3%
    結婚式場4.3%
    女性側の家での結納実施が一番多いが、年々減少傾向。東北地方はホテル利用が多い。
  • 食事・会場費について
    会場費の総額平均は14.2万円
    これは結納と会食を含めた金額。最も平均額が高いのは北陸地方で35.9万円。
  • 挙式、披露宴会場を探す
  • 婚約指輪、結婚指輪を探す

結納当日の服装の注意点

女性は振袖がおすすめ、両家の格をそろえて
当日の服装はセミフォーマル以上で

セミフォーマルとは「準礼服」のことで、「礼服」の次にフォーマルな装い。男性はスーツ、女性はスーツやワンピースとなるが、写真映えや親からの評価を考えると、女性は振袖がおすすめ。成人式に作った振袖があるなら、ぜひ。父親はスーツ、母親は和装の準礼服のひとつ訪問着が一般的だが、母親は正装の留袖という家もあるかも。親同士、装いに差があると気まずいものなので、これも事前に打ち合わせをして、両家の格をそろえて。

ふたりは

女性は未婚者しか着られない振袖を着る最後のチャンス。男性は礼服やダークスーツで、ワイシャツやネクタイもフォーマルに。

親は

父親はブラックフォーマル(黒いスーツに白いネクタイ)かダークスーツで。母親は訪問着、留袖、スーツなどを両家でそろえて。

これはNG!

清潔感がない、肌の露出が多いなどの「礼儀を欠く」服装は絶対ダメ。派手なネイル、メイク、きつい茶髪も不評を買う。

  • 挙式、披露宴会場を探す
  • 婚約指輪、結婚指輪を探す

もっと知りたい!Q&A

結納金はなくてもいい?
結納金は「帯料」「小袖料」などの名目がつけられている通り、結納品の代用とみなされている。だから両家が納得すれば省略してもまったく問題はない。
仲人は立てなくてもいい?
今や仲人を立てない場合が大多数で、仲人をお願いする人が多い九州でも全体の1割くらい。結納も仲人を介する正式結納より、両家が一堂に会する略式結納が一般的。ただこれも、親の意見を参考にしたい。
日取りはどうやって決めたらいい?
挙式4~6カ月前の出席者全員の都合のよい日で、なおかつ大安、先勝、友引などの縁起のいい日の午前10時半ごろから始めるのが一般的。おのずと日時はあまり選ぶ余地がないので、会場予約は早めが基本。
食事代、会場代は誰が負担する?
昔の結納のしきたりの名残で「女性側が払う」と考える親もいるが、最近は両家折半や人数割が一般的。これも両家でよく話し合ってあとくされないように、ケースバイケースで対応を。
もらった結納品はどうする?
縁起物なので、持ち帰って結婚式までは自宅に飾ろう。場所がない場合はいったん飾り、挙式の2~3週間前に再度飾ってもOK。挙式後処分するなら、神社でお焚き上げをして。記念に保管しても問題ない。
指輪はすでにもらったけれど、結納記念品の用意は必要?
一度男性の手元に戻し、結納当日にほかの結納品と一緒に再度贈りなおしてもらってもいいし、戻さず目録に入れるだけということでもいい。いずれにしても指にはめて親に披露すると喜ばれる。

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」

結納の進め方<準備編>