ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚式場、挙式、披露宴会場
  3. 結婚準備完ペキマニュアル
  4. 挙式・披露宴スタイルの基礎知識
  5. いまどきの披露宴スタイル

結婚式・披露宴のことならゼクシィnet

挙式&披露宴スタイルの基礎知識

挙式後は、みんなに囲まれてパーティ『いまどきの披露宴スタイル』

最近の披露宴はカップルごとにスタイルもいろいろ。会場選びからオリジナルの演出・プログラムまで“ふたりらしさ”や“おもてなし”を重視する傾向に。ゲストを大切にしたオリジナルのパーティが今の主流スタイル!

披露宴について知っておきたい基礎知識

仲人、料理、ゲストの割合…みんなはどうしてる?
いまどきの披露宴について知っておきたいこと

披露宴の列席ゲストの人数は地域によってかなり異なるものの、ゲスト構成は「親族」、「学生時代の恩師・友人」、「勤務先の上司・同僚」の順に多い。昔は当たり前だった仲人も、2004年以降は実施率が全体の約1%とごくわずかに。「必要を感じない」「形式にこだわりたくない」などが理由の上位に。

披露宴でゲストが一番楽しみにしていて、注目度も高いのは何といっても料理。料理は「コース料理」が一番多く、支持1位は「フランス料理」、続いて「折衷料理」「和食」。ゲストへのおもてなしの心をあらわす演出の一つとして、こだわるカップルの数も増えている。

ちなみに、披露宴・披露パーティの実施時期は、春と秋が季節もよく安定的に人気。春はテーマに桜を取り入れるカップルも多い一方、花粉症を気にして避ける場合も。夏はお盆休みと合わせて長期の休みが取りやすいものの、暑さ対策が必要。冬は寒さを案じて人気は低めになるものの、アレルギーや花粉症に悩む花嫁にとっては穴場人気の季節。ふたりの記念日や理想の結婚式イメージに合わせて結婚式を行う季節を選んでみるのも一つのアイデア。

イラスト:披露宴スタイル
グラフ:披露宴のゲスト構成&披露宴の料理

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」

  • 結婚式会場を探す
  • ブライダルフェアを探す

いまどきの披露宴会場について

ホテル、専門式場、ゲストハウス、レストラン…
披露宴会場もさまざまに多様化

ホテルや専門式場の中にあるチャペルや神殿で式を挙げた場合は、そのまま館内の披露宴会場(バンケットホール)を利用するのが一般的。教会や神社といった場所で本格的な挙式を行った後に、移動して披露宴だけをレストランやホテルで行うケースも。人前式を披露宴会場で行う場合は、挙式後そのまま披露宴を続ける場合もある。

多彩なバンケットホール&一流のホスピタリティ
定評と安心感のあるホテル

披露宴会場としてホテルを選んだカップルは全体の約27.0%。挙式や披露宴の会場、衣裳室や美容室、宿泊施設までカバーできるのはホテルだけ。立地やアクセスが良いのは、遠方ゲストにメリット。

豊富なノウハウが魅力のブライダルスペース
きめ細かいサービスの専門式場

全体の約33.4%のカップルが選んだ専門式場。挙式・披露宴を専門に行う会場なので、細部までふたりの希望を徹底サポートしてくれる。大聖堂チャペルや本格神殿といった、挙式施設も充実している。

憧れの邸宅で心温まるハウスウエディング
貸切感がうれしいゲストハウス

一軒家を貸し切って、自宅にゲストを招いたようなパーティがかなえられる。ガーデンやテラス、プールなどがあれば多彩な演出も可能。ゲストハウスを選んだのは全体の約23.3%で、現在も人気は上昇中。

専門店ならではの味でゲストをおもてなし
美味しい料理はオマカセ!
のレストラン

料理にこだわるカップルの人気を集めるレストランは全体の約8.1%がチョイス。メニューのオリジナリティーや味の良さは、専門店だからこそ。まるごと貸し切って、アットホームな結婚式も実現できる。

  • 結婚式会場を探す
  • ブライダルフェアを探す

披露宴ってどう進行するの? プログラムを教えて

メリハリと、時間のやりくりが重要ポイント!
ゲストが最後まで楽しめるプログラム作り

披露宴は結婚を披露・報告する場。最初と最後はあいさつなどで締めてメリハリをつけて。ふたりが各卓を回ったり、ゲストが移動して交流したり、予定よりも演出が盛り上がったり、想定以上に時間がかかることも。全体を2時間半~3時間に収めるようプログラムの時間配分を上手にしておくことが大切。

披露宴のプログラム(参考例)
招待客入場(10分) 新郎新婦、両家親、仲人が並んでゲストをお出迎えする。
新郎新婦入場(1~3分) ふたりが披露宴会場に入場。仲人がいる場合はふたりの後に続く。
開宴のことば 司会者が開宴のあいさつを述べ、続いて自己紹介をする。
新郎新婦の紹介(7分) 司会者から新郎新婦や両家の紹介。ふたりで行ってもOK。仲人がいる場合は仲人が行うことも多い。
主賓あいさつ(10分) 新郎の主賓、新婦の主賓がそれぞれ1名ずつスピーチ。
乾杯(2~5分) 準主賓の短いスピーチの後、乾杯。
ケーキカット(3~5分) ケーキカットを行った後、新郎新婦が互いにひと口ずつ食べさせあうファーストバイトの演出も人気。和装なら鏡開きをして樽酒で乾杯してもOK。
会食スタート ゲストに歓談と食事を楽しんでもらう。シェフからの料理説明の演出もこのあたりで。
新婦新郎退場 お色直しのための退場。新婦の方が時間を要するので先に退出する。家族や友人にエスコートをお願いしても。
歓談(20~40分) ゲストに歓談と食事を楽しんでもらう。生演奏のミニライブやプロフィールビデオ上映はこの時間帯がオススメ。
新郎新婦再入場 お色直しを終えたふたりがふたたび披露宴会場へ入場。
キャンドルサービス(10~15分) 再入場時、各卓を回りながら各卓のキャンドルに点灯。ドラジェサービスや各卓ごとの記念撮影も人気の演出。
イベント・余興(20分) ゲストによるスピーチや歌、演奏、踊りなど。
花嫁の手紙(1~3分) 花嫁から親へ宛てた手紙を読む。司会者に代読してもらうことも可能。
花束贈呈(3分) 新郎から新婦親、新婦から新郎親へ花束贈呈。最近は形に残るプレゼントを贈るカップルも多い。
代表謝辞(6分) 一般的に新郎の父親が行う。続いて新郎があいさつする。
新郎新婦退場 新郎新婦、両家親、仲人は先に退場し、ゲストのお見送りに備える。
閉宴のことば 司会者が閉宴のあいさつを述べ、ゲストに退場を促す。
招待客退場・お見送り(10分) ゲストは新郎新婦らが並んで待つ出口へ進む。新郎新婦がドラジェなどのプチギフトを渡しながらお見送りする。

※所要時間はあくまでも目安です。

  • 結婚式会場を探す
  • 演出・アイテムを探す

定番から最新まで、披露宴のいまどき演出を教えて

ゲストも一緒にみんなで楽しみたい!
一体感が生まれるゲスト参加型が人気

披露宴はふたりのことをお披露目するのが目的。多くのカップルが「アットホームで和やかな雰囲気にしたい」「自分らしさを表現したい」「ゲストを退屈させたくない」と考えていて、最近はゲストとの一体感を重視する傾向に。ゲストが参加できる演出、ゲストにスポットがあたる演出など、ゲストを巻き込むスタイルが人気!

ウエディングケーキで楽しもう!
最近は生ケーキが主流のウエディングケーキ。ケーキカットの後は新郎新婦がケーキを食べさせ合うファーストバイトが定番。両家の親用にもケーキを用意して3組同時に行って家族紹介の演出を兼ねるスタイルも
各卓サービスにも新スタイル
各卓のキャンドルを灯して回るキャンドルサービスの代わりに、キャンドルの灯りをゲストがリレーする参加型タイプにも注目が。カーテンなどがなく、暗くできない会場ではドラジェなどを配る演出をしても。
ブーケのプレゼントも披露宴で
挙式後に行うことの多いブーケプレゼントも、お色直し後など披露宴中でトスやプルズを行って演出のひとつにできる。ブーケに似たブロッコリーを使った、男性版“ブロッコリープルズ”も盛り上がる。

>>ブーケを探す
主役不在タイムは映像で楽しませよう
主役がいないお色直し時間も飽きさせない工夫が必要。プロフィール映像などを流すと、互いのことをより分かってもらえる。挙式の模様を即編集して披露宴ラストに流すエンディング映像はサプライズ度満点!

>>プロフィールビデオを探す
親へ感謝をこめて…感動必至演出
結婚式は親への感謝を伝えるいい機会。親へ宛てた感謝の手紙朗読、花束やウエイトベアの贈呈などを披露宴クライマックスで行えば、大感動演出に。披露宴も引き締まるので、恥ずかしがらずぜひチャレンジして。

>>親への贈呈ギフトを探す
会場を飾った装花は“お持ち帰り”に
会場に飾られていたたくさんの装花は、女性ゲストに持って帰ってもらえば喜ばれること請け合い。ぜひプレゼントしよう。持ち帰りやすいようミニブーケを集めたアレンジや、籠アレンジならスマートに渡せる。

>>会場装花を探す

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2012」

  • 演出・アイテムを探す
  • ブーケを探す
首都圏 東海 関西

【ゼクシィnet結婚式・披露宴のいまどきスタイルページ】をご覧のみなさまへ

ゼクシィnetでは、ブライダルに関する総合情報をお届けします。結婚式・披露宴のいまどきスタイルページでは、結婚式披露宴に関して、「結婚式 披露宴 演出」「結婚式 披露宴 服装」「結婚式 披露宴 余興」「結婚式 披露宴 違い」「結婚式 披露宴 挨拶」「結婚式 披露宴 出し物」「結婚式 披露宴 髪型」「結婚式 披露宴 ドレス」「結婚式 披露宴 マナー」「結婚式 披露宴 BGM」などを解説しています。ゼクシィnetがお二人のブライダルを盛り上げます。

いまどきの披露宴スタイル