ミキモト

MIKIMOTO(ミキモト)

一世紀を超えて磨き上げてきた美がここに。真のエレガンスを引き継ぐ、ミキモトのブライダルジュエリー

1893年、創業者 御木本幸吉が真珠の養殖に成功して以来、日本を代表するジュエラーとしての信頼を集めるミキモト。原石を惜しみなく削って生まれるダイアモンドの輝きは、ミキモトならではの気品に満ちている。

Brand Story ブランドストーリー

質の高い “ミキモトパール”で世界的に知られるミキモト。「世界中の女性を真珠で飾りたい」という創業者、御木本幸吉の夢は今日まで引き継がれ、パールはもちろんダイヤモンドなどを使った高品質かつ洗練されたデザインのジュエリーで世界中をとりこにしている。
世界で初めて真珠の養殖に成功日本発のハイジュエラーとして名声を獲得
ミキモトの歴史は1893年、創業者の御木本幸吉が真珠の養殖に成功したところから始まる。三重県鳥羽の商家に生まれた幸吉は、若いころから商才を発揮し、20代には海産物商として地元では一角の地位を築いていた。幸吉は志摩の海産物を取り扱う中で、次第に天然真珠に強い関心を持つようになった。

当時、志摩では乱獲によって真珠の母貝であるアコヤガイが絶滅寸前に。これに危機感を抱いた幸吉はアコヤガイの養殖から始め、1890年に真珠の養殖事業に着手。苦心の末、1893年に世界で初となる半円真珠の養殖に成功した。これが真珠を安定的に採取する第一歩となった。

1899年には銀座に日本初の真珠専門店である「御木本真珠店」を開店。1905年には見事なまでの球体を持つ真円真珠の養殖にも成功した。幸吉は日本の真珠を世界に通じる一流の宝石にしようと考え、品質にこだわり、価格の安定と維持にも努めた。こうしてミキモトパールの名声は次第に高まり、1913年にはロンドンに支店を開設するまでに。幸吉は早くから海外にも目を向け、ニューヨークやパリでも事業を展開。ミキモトの名は世界に広まっていった。

1986年にはごく限られたブランドにしか出店を許されないパリのヴァンドーム広場に出店。ロンドンのニューボンドストリートやニューヨークの5番街など、一流ブランド店が軒を連ねる高級ショッピング街にも店を構え、ハイジュエラーとして世界が認める存在となっている。
日本と西欧の伝統や技術を融合させて作り出した優雅な「ミキモトスタイル」
ミキモトでは高品質の養殖真珠の生産に力を入れるのはもちろん、それを使った美しいジュエリーの制作にもこだわった。幸吉は早い段階からスタッフを欧米に派遣し、最先端の洋風デザインとその制作技術を学ばせた。1907年には御木本金細工工場(現ミキモト装身具)を設立。

職人たちは日本の伝統技法とヨーロッパで学んだ製作技術を融合させ、日本人にしか作れない繊細なジュエリーに昇華。「ミキモトスタイル」と呼ばれるオリジナルのジュエリーを作り上げた。それに伴い、細工技術も急速に発展。カリブル留めや透かし彫り、ミル打ちなどの繊細な技術を駆使した宝飾品を次々と発表し、欧米の一流ジュエラーに劣らない評価を得るようになった。このクラフトマンシップは今も脈々と受け継がれ、ミキモトのジュエリーの名声を支えている。

「ミキモトスタイル」の象徴として今も語り継がれる名品に、1937年のパリ万国博覧会に出品された『矢車』がある。これは帯留めのほか、ブローチやリングなど12通りにも使い分けができる多機能ジュエリーで、プラチナの本体にパールやダイヤモンド、エメラルド、サファイアなどをちりばめたもの。その精巧な技術と繊細な美しさ、仕立てのユニークさは世界中の目の肥えた人々を驚かせた。
日本人を知り尽くしたジュエラーが作る繊細なブライダルジュエリー
真珠のイメージが強いミキモトだが、ダイヤモンドとのつながりも深い。幸吉は美しいジュエリー作りにはダイヤモンドが欠かせないと、1911年にはベルギーのアントワープに専門スタッフを派遣。ダイヤモンドのカットや研磨の技術を学ばせるとともに、当時、ベルギーで門外不出と言われたダイヤモンド研磨機と各種宝石加工機械を日本に持ち帰らせた。また、プラチナの加工技術もいち早く習得させている。

ミキモトならではのデザインの繊細さや技術の確かさはダイヤモンドジュエリーにも生かされ、評価は高まっていった。明治時代に入ってからはファッションにおいても徐々に西欧化が進み、公式の儀式での正装は洋装と決められた。その際、上流階級の女性たちは礼服を身にまとい、ティアラや胸飾、綬留(じゅどめ)などの装飾品を身に着けた。これらのジュエリーは、それまで海外から調達されることがほとんどだったが、1924年からはミキモトが手がけることになった。現在、ブライダル用にレンタルされるティアラにも、その卓越した技術や繊細なデザインが引き継がれている。

ミキモトのダイヤモンドジュエリーへのこだわりは、ブライダルジュエリーにもしっかり宿っている。ダイヤモンドは米国宝石学会の基準でグレーディングされた高品質のものをミキモト独自基準によってさらに厳しく選別。その輝きを最大限に引き出すべく正確にセッティングされている。石座の裏側にまで丁寧に仕上げがなされているため、身に着けているのを忘れてしまうほどの着け心地の良さも特徴だ。

日本人の指の形や手のバランスを知り尽くしている日本のハイジュエラーだからこそ作ることのできるブライダルリングは、過去もそして現在も日本の花嫁に深く愛されている。