ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 新生活準備完ペキマニュアル
  3. お悔やみのマナー
  4. 通夜~告別式の参列マナー

通夜~告別式の参列マナー

宗旨にかかわらず、葬儀の席では悲しみの気持ちを表す喪服を着用し、故人を偲び、遺族に配慮したしめやかな態度でのぞむのがマナー。仏式の流れを例に、葬儀で注意したいポイントをまとめたので、覚えておいて。

通夜~告別式の流れ<仏式の心得>

受付ではまずお悔やみの言葉を『香典は「ふくさ」に包んで』

受付では最初に、「心からお悔やみ申し上げます」とお悔やみの言葉を述べてから、会葬者名簿に記帳し、香典を渡します。香典はふくさに包んで持参するのが正式です。ふくさがない場合は、地味な色の小風呂敷か白いハンカチに包んでおきましょう。受付で包みから取り出すようにすると、むき出しのまま差し出すよりていねいな印象になります。

開始10分前には到着したいけれど……『通夜は遅れても駆けつけて』

身内(たとえば夫の両親や祖父母)の通夜の場合は、できる限り準備を手伝い、通夜開始前には遺族席について静かに弔問を受けます。
親族や近親者の通夜に参列する場合は、忙しい遺族に配慮して受付の手伝いを申し出るなどの心配りを。通夜当日もできるだけ早く到着し、遺族にお悔やみの言葉をかける余裕を持ちたいものです。 しかし突然の訃報を受けて仕事先から通夜に参列する場合は、やむを得ず遅れることも。30分程度の遅れなら焼香に間に合うので、受付の人に案内してもらい、静かに後ろの席へ。遅れても駆けつけるのがマナーです。

通夜の進行(仏式)
一同着席→僧侶入場・読経→焼香→僧侶退場→喪主あいさつ→通夜ぶるまい

故人との親しさで判断したい『「通夜ぶるまい」でのマナー』

通夜終了後、親しい弔問客が故人を偲んで軽い食事をするのが「通夜ぶるまい」です。親族や近親者として参列した場合は快く受けて一時を過しましょう。退席する時は遺族に励ましの言葉をかけ、もう一度故人の霊前に拝礼し、焼香をさせてもらうようにします。
また、「通夜ぶるまい」には故人への供養の意味がありますから、友人や知人の通夜に参列した場合も、誘われたら一口でも箸をつけるのがマナー。ただし、長居はNGです。遺族か受付にあいさつをして早めに退席をしましょう。

イメージ

開始20分前には到着を『葬儀・告別式は遅刻厳禁』

親しい人だけが参列するのが葬儀、一般会葬者も参列するのが告別式ですが、現在は「葬儀・告別式」として続けて行うことが多くなっています。故人を送る最後の儀式ですから遅刻は厳禁。受付が混むこともあるので、開始20分前には到着を。
通夜に出席して香典を渡している場合は記帳だけをして式場で静かに待ちましょう。親族・近親者は、出棺後、火葬場まで見送ります。見送れない場合は、早めに遺族に連絡をしておきましょう。

葬儀・告別式の進行(仏式)
【葬儀】参列者・僧侶入場→開会の辞→読経→遺族焼香・一般客焼香→弔事・弔電朗読→僧侶退場・閉会の辞【告別式】開会の辞・僧侶入場→読経→遺族焼香・一般客焼香→僧侶退場→閉会の辞→喪主あいさつ・出棺

うっかりに気をつけたい『お悔やみの忌み言葉』

お悔やみ事の席では、「死」「死ぬ」「死亡」といった直接的な言葉はタブー。遺族へのあいさつは「お亡くなりになる」「永眠」「他界」などに置き換えて。また、「たびたび」「くれぐれ」「皆々様」などの重ね言葉も、不幸が重なることからNG。キリスト教式や神式では、「冥福」「供養」「成仏」といった仏教用語もタブーなので注意して。

覚えておきたい焼香の作法

仏式葬儀に参列する時に覚えておきたい作法1『立礼焼香』

葬儀に参列して、最も緊張するのが焼香の時です。葬祭場などでは、参列者が焼香台へ進み出て、立ったまま行う「立礼(りつれい)焼香」が一般的。仏式の焼香は宗派によって多少の違いはありますが、立礼焼香を覚えておくと、オールマイティーに対応できます。

立礼焼香
  1. 焼香の順番が来たら、次の会葬者に「お先に失礼します」の意味で軽く黙礼して席を立ち、僧侶と遺族に一礼。
  2. 焼香台へ進み、遺影に一礼。
  3. 親指、人差し指、中指で焼香台の抹香をつまみ、目を閉じながら目の高さまで上げ、香炉に静かに落とします。回数は宗旨によって違い、1~3回。会葬者が多いなら、ていねいに1回でOK。
  4. 焼香が終わったら合掌。
  5. 一歩下がって、遺影に深く一礼。そのまま2~3歩下がり、僧侶と遺族に一礼してから、向きを変えて自分の席に戻ります。

●参列者が多い時に香炉と抹香を載せた盆が席に回ってくるのが「回し焼香」。この時も、次の会葬者に黙礼してから、香炉を前に置いて一礼。立礼焼香と同様に焼香し、合掌して次の人に香炉を回します

仏式葬儀に参列する時に覚えておきたい作法2『数珠の使い方』

仏式の葬儀には、拝礼用の数珠を持参して故人の冥福を祈ります。僧侶の読経中や故人に拝礼して合掌する時、焼香する時は、数珠の扱いにも決まりがあるので覚えておきましょう。

  1. 合掌する時は、両手の親指と人差し指の間に数珠を掛け、親指で軽く押さえます。
  2. 焼香する時は数珠を左手にかけ、左手で拝みながら、右手で抹香をつまみます。
数珠の使い方
神式・キリスト教式の葬儀作法
神式の葬儀 キリスト教式の葬儀
式の前に手を清めてから席に着くのが作法。仏教の焼香にあたるのが「玉串奉奠(たまぐしほうてん)」で、四手(しで)と呼ばれる紙片をつけた榊(さかき)の小枝を神前に供え、「二礼、二拍手(打つ寸前で止める"しのび手")、一礼」をします。 仏式の焼香にあたるのが、献花です。葬儀の最後は、会葬者が棺の前へ進み出て、白い花を捧げます。両手で花を受け取り、花が右にくるように持ち、棺の前で一礼し、茎の部分が霊前に向くように静かに置き、祭壇に一礼して黙とうをします。

お悔やみの日の装いと必需品

結婚する時にそろえておくのが大人のマナー『一着はベーシックな正式喪服を用意して』

「喪服の準備は親族が元気なうちに」と言われ、昔はお嫁入り支度として喪服を用意するのが習慣でした。悲しみの知らせはいつ届くかわかりません。突然の訃報に慌てないためにも、喪服だけは前もって準備をし、故人を見送る時に礼を尽くすのが大人のエチケットです。

女性の喪服
黒のフォーマルスーツかワンピースで、長袖が原則。スカートはひざ下丈で、ボタンやベルトのバックルも布でくるんであるものが正式。ジャケットとワンピースのセットを用意しておくと、四季を通じて着ることができます。
男性の喪服
慶弔両用に着られるブラックスーツを。シングルでも、ダブルでもOK。礼装用の白いシャツに黒無地のネクタイで、タイピン、ポケットチーフはなしが原則です。ブラックスーツは、夏用、冬用をそろえておきたいもの。
お悔やみの日の装いと必需品
POINT喪主・遺族が着用する弔事の正式喪服
最も正式な喪服は、男性は黒紋付きの羽織袴、女性は黒の五つ紋付きです。昔は喪主、遺族は通夜から葬儀・告別式までは正式喪服でしたが、今は男性の喪主はフォーマルのブラックスーツが一般的。女性が喪主になった場合は、和装が多いようです。遺族も洋装のフォーマル、子どもは黒か紺の地味な服装、学生ならば学生服を着用します

お悔やみ事の必需品『「ふくさ」と「数珠」』

故人の霊前に供える香典をむき出しのまま持ち歩くのは失礼になるので、喪服と一緒に「ふくさ」を用意しておくのがおすすめ。また、自分の家の宗旨が仏教であれば、拝礼の時に用いる「数珠」も必需品。葬儀だけでなく法要や墓参りなど出番が多いので、早めに用意しておくと重宝します。

POINT喪服の時は小物でおしゃれを
「ふくさ」は地味な色であれば黒でなくてもOK。夫婦兼用、慶弔両用を選んでおくと便利です。数珠は男性用、女性用で大きさが違います。女性用は水晶のほかローズクォーツ(紅水晶)やメノウ、ヒスイなど、さまざまな種類があります
イメージ

お悔やみの日の装いQ&A

黒のパンツスーツは
喪服として通用する?
透ける素材、光沢のある素材ではなく、金ボタンなどのついていないオーソドックスな黒のパンツスーツなら、略式喪服として通用します。仕事先から通夜に向かう場合は、肌を見せないように襟の詰まった黒のインナーに着替えて出席を。
夏でも喪服は長袖が正式?
肌を露出するスタイルは、お悔やみの席にふさわしくありません。夏の喪服がない場合は、黒の長袖か七分袖シャツと、黒の膝下丈のスカートかパンツスタイルで。斎場では正座することもあるので、ミニスカートは避けた方が無難です。
告別式の日に雨や雪が…。
色柄ものの傘はNG?
告別式では、出棺の時に外で故人を見送ります。派手な色柄の傘は避け、なければ透明なビニール傘を。また、冬はコートの色にも気配りを。出棺時はコートを脱いで故人を見送りますが、葬儀に行く時は黒、紺、グレーなどの地味な色で。
神式やキリスト教式の
葬儀での服装は?
喪服のマナーは宗旨を問わず共通です。キリスト教式の葬儀でも、和装喪服で構いません。カトリック信者の女性は黒いベールをかぶりますが、これは信者に限られた装い。ファッションとして十字架やベールをつけるのは、失礼になるので注意して。
通夜~告別式の参列マナー