ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 新生活準備完ペキマニュアル
  3. お悔やみのマナー
  4. 香典のルール&マナー

香典のルール&マナー

香典は、葬儀などで金銭的に負担のかかる遺族に「故人にささげるお香をお求めください」といたわりの気持ちを込めて包むお金のこと。4と9に関わる数字は避け、迷った時は地域の習慣に従うと安心です。

不祝儀袋の選び方と書き方

仏式、キリスト教式、神式で違う不祝儀袋『宗旨の決まりを守り、表書きは薄墨で』

宗旨によって葬儀の形式が違うように、不祝儀袋の選び方や表書きも、宗旨によって決まりがあります。訃報を受けた時は、必ず「ご宗旨は?」と確認をし、礼にかなった不祝儀袋で。キリスト教以外は、「結び切り」の水引で、「のし」なしの不祝儀袋が基本です。表書きは「涙で墨の色もにじむ」という意味から、薄墨(薄墨筆ペンが市販されています)で書くのが正式です。

仏式で、個人や夫婦で『1万円以上包むなら』

例)イメージ
  1. 仏式の表書きは「御霊前」や「御香料」
  2. 二度とあってほしくない弔事は、「結び切り」の水引で。黒白か双銀が仏式用。どの宗旨でも、不祝儀袋に「のし」はつかない
  3. 夫婦共通の友人・知人の葬儀なら連名、親族の葬儀に夫婦で包む時は夫の名前だけでもOK。名前は薄墨で
POINT1万円以上なら正式な水引付きで
地方によって差はありますが、自分や夫の両親の葬儀なら、夫婦で5~10万円、兄妹姉妹は3~5万円、親戚関係やお世話になっている恩師などには1万円程度を包むのが一般的

仏式で、友人の家族や隣人に『3000~5000円程度包むなら』

例)イメージ
  1. ハスの花が描かれたもの、浮き出ているものは、仏式用
  2. 印刷された水引は、5本ひとまとめが一般的。ほかに7本、10本があり、水引の本数が多いほど格上に
  3. 「御霊前」の文字が黒字で印刷されている場合でも、お悔やみの心を大切にして、名前は薄墨で
POINT5000円までは印刷の不祝儀袋で
友人や会社の同僚の家族、近所に不幸があって3000~5000円程度包む場合は、「水引」が印刷された不祝儀袋で。少額にもかかわらず、袋だけ立派では失礼です

神式の葬儀は『「玉串料」「御神前」』

例)イメージ
  1. 神式は双白の「水引」で、「玉串料」の表書きが一般的
  2. ハスの花の絵柄は仏式なのでタブー。神式では必ず白無地を
  3. 連名の場合は右側が目上の席。上下関係があるなら右から地位の高い順に名前を。友人同士なら五十音順で。3名までがきれい
POINT白無地に白の水引の不祝儀袋を
百貨店や大型文具店には神式の不祝儀袋がありますが、用意できない時は、白無地に双銀の水引が掛かった不祝儀袋で、「玉串料」「御神前」にすれば失礼になりません

キリスト教式は『「お花料」が一般的』

例)イメージ
  1. 十字架やユリの花の絵柄が付いているものがキリスト教式。表書きは「お花料」が一般的
  2. 会社や団体で香典を出す場合は、別紙に名前を記して中に入れて、「お返しは御遠慮いたします」の一文を。お返しの心配をさせない心配りも大切
POINT十字架やユリの絵柄を
カトリックは「御ミサ料」、プロテスタントは「忌慰料」と表書きをする場合も。突然の訃報でキリスト教式の不祝儀袋が用意できない時は、白無地に双銀の水引でも失礼になりません

注意したい包み方『不祝儀袋の裏側は「下向き」に重ねて』

香典に包む紙幣は、用意していたような印象を与える新札はタブーとされてきました。最近はあまりこだわらなくなりましたが、気にする人もいるので新札に軽く折り目を入れて包むのが良い方法。中包みには住所、氏名を楷書で書き、金額は漢数字で書くのが正式です。上包みの裏側は「悲しみを流す」意味で下向きの折り返しを外側に重ねます。

漢数字の正式な表記
3千円 参仟円(参仟圓)
5千円 五仟円または伍仟円(五仟圓または伍仟圓)
1万円 壱萬円(壱萬圓)
2万円 弐萬円(弐萬圓)
3万円 参萬円(参萬圓)
5万円 五萬円または伍萬円(五萬圓または伍萬圓)
7万円 七萬円(七萬圓)
10万円 拾萬円(拾萬圓)

*5千円は伍仟円、5万円は伍萬円としてもOK
*「円」は「圓」としてもOK

例)イメージ

香典の包み方Q&A

不祝儀袋の「御霊前」と
「御仏前」の違いは?
仏式では、四十九日までは故人の霊がこの世にとどまっていると考え、通夜~告別式で霊前に供える香典は「御霊前」。四十九日の法要からは、故人は仏になったと考え「御仏前」。ただし浄土真宗では、霊は存在しないという考えから通夜~告別式でも「御仏前」。仏式のどの宗派か分からない時は「御香料」か「御霊前」で。
仏式か、神式の葬儀なのか、
宗旨が分からない時は?
お寺で行われる葬儀なら仏式、教会ならキリスト教式と分かりますが、斎場で行われる場合は宗旨が分からないことも。そんな時は、銀一色の結び切りの水引をかけた無地の不祝儀袋を用意して「御霊前」とすれば、オールマイティに使えます。礼を尽くしたいなら、忙しい遺族に訊ねるより、葬儀会場に連絡を入れて確認を。
香典の中身を、うっかり
入れ忘れた時は?
あってはならないことなので、香典を持参する時は最後にもう一度確認を。通夜に渡した香典の中身を入れ忘れたのなら、告別式にもう一度うかがい、受付で理由を話して再度香典を渡すようにします。告別式に入れ忘れた場合は、遺族に連絡をして自宅にうかがうか、お詫びの手紙を添えて香典の郵送を。
個人で香典を出したら、
会社で連名の香典は失礼してもいい?
香典は故人とのつきあいの深さで出すものですが、会社の友人に不幸があった時に「○○部一同」「同期一同」など連名で香典を出すのが慣例になっている場合は、連名で香典を出し、さらに個人で包む方が無難です。連名が慣例ではないなら、「おつきあいが深かったので個人で出したい」と告げて、仲間から外してもらいましょう。ひと言声をかけることを忘れずに。
香典のルール&マナー