ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. 秋の高原に笑顔が咲いた結婚式

ふたりとゲストの幸せな一日に密着 -先輩の結婚式実例集-

20
秋の高原に笑顔が咲いた結婚式
岩手県

色づき始めた木々も美しい初秋の高原。大好きな家族とゲストの前で愛を誓った後は、
アットホームなペンションで、生まれ育った家庭を思わせる温かなパーティを。

自然の中で
シンボルツリーが見守る人前式

現在東京で暮らすふたりが選んだのは、新婦の地元に程近い岩手県の高原。人前式は、新郎新婦がそれぞれの親と入場するシーンに始まり、シンボルツリーの下で手をつないでの誓いの言葉へと進行。時折照れ笑いを浮かべるなど、自然体で飾らない姿がほほ笑ましく、参列者もリラックスしたひとときに。

「私は優しく気配りのできる梢さんを好きになりました」。「私はどんなときも前向きな正之さんを好きになりました」。誓いの言葉もふたりらしく素直に
席札は松ぼっくりのスタンドへ。新婦が父と用意した切り株なども、野花を束ねたような装花と共にテーブルを彩った
芝生を整えて作ったバージンロードを、父母と一歩一歩大切に進んだ新婦。「今まで一緒に歩んできたことを振り返ることができました」
新郎は親子3人で腕を組んで入場。言葉で感謝を伝えるだけでなく、ハグをして触れ合うことで、みんなの笑顔を引き出した
挙式の後は、大自然の中でゲスト全員と記念写真を。ドローンを使った撮影は忘れられない体験に
ゲストとの一体感
ふたりの席はゲストの輪の中

「本当は皆さんを家に招きたいけど、ちょっと無理だから(笑)、大きなホームパーティのようにしたい」と梢さん。そこでペンションをパーティの舞台に選び、全てのゲスト卓にふたりの席を用意。みんなと同じ目線で過ごすことで、初対面のゲスト同士も打ち解ける“居心地のよい時間”を演出した。

食事もみんなの笑顔に囲まれて。「ゆったりといろんな会話を楽しめて、とてもいい時間でした」と梢さん
「森の中で、みんなで輪になってパンを食べるような結婚式に」。パン好きの梢さんの夢にちなみ、焼きたてバゲットをふたりでサーブ
ウエルカムボードは、梢さんの友人であるアーティスト3人が、ふたりのために描いてくれた宝物。足元に麦や切り株を添えて、ナチュラル感をアップ
ゲスト一人一人を紹介しながら、代表者にインタビュー。思い出話に笑いが起きたり、愛情あふれる家族の言葉にほろりときたり……
感謝の演出
あふれる気持ちを素直に伝える

人前式では両家の父にサインをお願いしたり、パーティでは料理や演出で感謝を伝えたり、ふたりはさまざまなシーンで気持ちを表現。さらに、お開き前には「私のことを好きになってくれてありがとう」と梢さんが想いを告白。正之さんはここでも照れ笑いを見せ、この日一番あったかい空気に包まれた。

結婚証明書にサインする両家の父たち。サプライズ指名に驚く姿も、場を和やかにしてくれた
新郎新婦と父2人の署名が入った木製の結婚証明書は、新しい家族が誕生したことの証し
「手紙では泣いてしまうから」と、新婦は親への想いをエンディングビデオに。そこには「この世で一番尊敬してる、最高のパパ・ママ」の文字
地のもの、旬のものを使ったコース料理の最後には、ふたりが最も伝えたかった「Thank you」の文字が入ったデザートを
Bride & Groom
正之さん 梢さん
ふたりは鉄道会社の車掌さん。彼女の人柄に彼が好意を抱き、交際に発展。「みんなで楽しく過ごす時間を大切にしたい」とフリープランナーに相談し、ペンションでの結婚式を実現した
会場
挙式・披露宴:Happy Life Cafe(岩手県八幡平市安比高原)
プロデュース:Une seule- wedding produce-アンスールウエディングプロデュース(岩手県北上市)
挙式日
2016年9月17日
ゲスト数
42名
当日のタイムスケジュール
1215
挙式スタート
誓いの言葉、両家父による承認など
1235
集合写真、フォト&フリータイム
1315
披露宴スタート
1345
新郎新婦がゲストの席へ移動して歓談
ゲストの紹介
焼きたてバゲットのお代わりをサーブ
1500
生い立ちDVD上映
両家へのプレゼント
1520
お開き、送賓