ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. What a Wonderful Wedding! on Web
  3. 心の「つながり」を意識した、和モダンな結婚式

ふたりとゲストの幸せな一日に密着 -先輩の結婚式実例集-

22
心の「つながり」を意識した、和モダンな結婚式
愛知県

家族やゲストへ「ありがとう」を伝えたいと願い、和の結婚式を選んだふたり。みんなとの
「つながり」を感じる場面を多く盛り込み、ぬくもり溢れる一日を実現した。

心がつながる人前式
親やゲストとの絆を感じるセレモニー

「結婚式はお世話になった人たちに感謝を伝える場にしたい」と思っていたふたり。新婦まなみさんの白無垢への憧れもあり、親やゲストの前で誓いを立てる「和の人前式」を選択した。友人や同僚、両家の父にも協力してもらった「結(ゆい)の儀」など、みんなとの「つながり」を感じる誓いの時に。

庭園を囲むように続く回廊を、一歩一歩、親と共に歩いた感慨深いシーン。ゲストも遠くから見守ってくれた
まなみさんが希望した、母からの紅差し。涙ぐむ母の姿が印象的だった
ふたりが持つ白い縄にゲスト代表が赤い糸を結び、その縄を縁結びの石「なで石」に掛けてなでる「結(ゆい)の儀」
ゲストが署名してくれた巻物タイプの芳名帳に、ふたりもサイン。挙式中にお披露目も行った
挙式後は中庭で折り鶴シャワーの祝福を受けた。鶴は両家の家族が協力して折ってくれたもので、合計1000羽ほど用意したそう
ぬくもりのある演出
家族との演出や手作り装飾で和やかに

親やきょうだいと仲が良いふたりは「家族へもきちんと『ありがとう』を伝えたい」と、披露宴でも家族と一緒の演出を用意。また、ゲストとの触れ合いも大切にするために、メイン卓をソファ席にする工夫も。折り鶴のガーランドなど、和テイストで統一したコーディネートも和やかムードを演出した。

披露宴の始まりは、両家の親と6人で鏡開きを。「よいしょ」の掛け声と共ににぎやかに酒だるを開け、ふたりがそれぞれの親にお酒をついで乾杯へ進んだ
升酒を兄と飲み干す新郎の哲平さん。中座の際も、きょうだい3人で退場するほどの仲良しぶりがほほ笑ましかった
まなみさんも大好きな姉をエスコート役に指名。姉は結婚式のテーマの一つでもある「鶴」の柄の訪問着を選んで着てくれた
エスコートカードには、ふたりからのメッセージと、まなみさん作のつまみ細工のブローチを添えて
つまみ細工で手作りした鶴のアクセサリーも印象的。両家の父と新郎は胸元に、両家の母は帯に、そして新婦は髪に飾った
みんなを笑顔に
ゲスト思いの演出やアイテムも満載

ゲスト全員の似顔絵を一枚の絵に描いてもらう演出や、鯛やエビを振る舞う料理など、おもてなしにも力を入れた。そのかいあって、ふたりの周りは終始笑顔が溢れ、「希望通りのコーデや演出も嬉しかったのですが、それ以上にゲストが喜んでくれる様子が何よりも印象に残りました」と振り返った。

似顔絵アーティストに全員の似顔絵を描いてもらい、披露宴の終盤にお披露目を。会場から拍手が起こり、ふたりも満面の笑みで応えた
挙式までの待ち時間や披露宴を利用して、全員の似顔絵を描いてもらった。ゲストの胸元には、エスコートカードに添えた手作りブローチも見える
大きな杯に盛られているのは2尾の夫婦(めおと)鯛とエビ、ハマグリのおめでたい焼き物。ゲストにお披露目して振る舞った
両家の家紋と紅白の鶴をあしらったウエルカムボードでゲストをお出迎え。ステンドグラスアートの講師をしていた新婦の母が作ってくれたもの
席札としても使えるように、ゲストの名前を入れた升を用意。この升で乾杯も行い、紅葉柄のナプキンと共にお土産としてプレゼント
Bride & Groom
田中 哲平さん まなみさん
職場で知り合い、約2年前に交際がスタート。哲平さんは「出身地の大阪でプロポーズしたい」と、淀川の花火大会の日に思いを伝え、ゴールイン!
会場
挙式・披露宴:FUMON-EN(普門園)~八事の杜興正寺~(愛知県名古屋市)
プロデュース:CHOU CHOU BRiDAL(愛知県名古屋市)
挙式日
2016年11月6日
ゲスト数
104名
当日のタイムスケジュール
1130
挙式スタート
結(ゆい)の儀、署名のお披露目など
1200
折り鶴シャワー
1230
披露宴スタート
鏡開き
1300
テーブルラウンド
1400
お色直しをして入場
1410
夫婦(めおと)鯛の朱大杯盛りを振る舞う
1505
似顔絵のお披露目
1530
お開き、送賓