青森県男性は我慢強く厳しい、女性は相手に尽くす

2018/10/10 11:00

青森県といえば、りんご。

青森県といえば、りんご。

生まれ育った県ごとに、いろいろな特徴がありますよね。方言はもちろん、名物や行事など、ご当地ネタは盛り上がるために必須です。お互いの違いを楽しめるのは、ご当地ネタならではといったところかもしれません。

セキララゼクシィでは、そんな出身県から見えてくる、男性と女性の特徴に斬り込んでみました。ご協力いただいたのは、『47都道府県ランキング発表! ケンミンまるごと大調査』などの著書がある、木原誠太郎さんです。日本の約3万2000人に行った独自の調査結果(ディグラム診断)を基に、恋愛におけるケンミン性を解説いただきました。

今回は青森県を取り上げます。青森といえば、ねぶた祭、リンゴ、津軽海峡などが思い浮かぶのではないでしょうか。日本一の酒好き県といわれる、青森県民の性格に加え、恋愛傾向や好みのタイプをご紹介します。

無口でおっとりしていても実は自信家? きっちりしていないと許せない青森県男性



青森県といえば、古坂大魔王さん、松山ケンイチさん、元プロボクサーの畑山隆則さんの出身県です。曲がった人や甘えた人は大嫌いという、青森県男性の特徴はこちら!



<性格>
「青森県男性は、高い理想を持って目の前のことに意欲的に取り組む、昔ながらの日本人といえるでしょう。無口でおっとりして見えても、内心は超自信家。頑固で決断力があり、自分にも人にも厳しい。『部下や後輩は厳しく教育すべきだ』は1位。お酒が入ると説教を始めることもあります。なんでもきっちりしていないと気が済まないので、お金の管理はしっかりしています」

<恋愛傾向>
「青森県男性は、女性の気持ちを受け止める優しさを持っています。『異性の年上に好かれる』は全国1位。理想を追求する少年っぽさが、年上女性に響くのかもしれませんね」

<結婚傾向>
「自分がやりたいことを通し、優位に立ちたい気持ちが強いので、亭主関白の傾向があります。『お酒はよく飲む方だ』は1位(男女)。厳しいけど頼りになる、晩酌好きなお父さんタイプといえるでしょう」

<好みの女性>
「青森県男性には、ルールや約束を守らない女性はNG。『金額にかかわらず貸したお金は気になる』が1位。金銭感覚が保守的なので、パーティ好きの派手な女性は好まないようです」

好きになった相手には菩薩(ぼさつ)のように尽くす! ピュアな心を持つ青森県女性



青森県出身の女性といえば、タレントの新山千春さん、小説家の室井佑月さん、女子レスリング選手の伊調 馨さんが有名です。「私が面倒見てあげなくちゃ」という母性溢れる青森県女性の特徴はこちら!

<性格>
「青森県女性は『我慢強い方だ』が1位。情に厚く、常に周囲に気を使います。世話好きでお人よしなので、仲良くなった人にとことん尽くす菩薩(ぼさつ)のような側面があります。その一方で論理性が高く計画的で上昇志向が強いので、一発逆転を狙うクールなキャリアウーマン的性格も併せ持っています」

<恋愛傾向>
「青森県女性は、相手のためにはなんでもする『尽くし菩薩(ぼさつ)』。『恋愛・結婚では相手を束縛する方だ』が1位。束縛し、束縛されたい傾向があるようです」

<結婚傾向>
「自分が主導権を持つより、夫に付いていきたいタイプです。しっかりと家庭を支えることに喜びを感じます」

<青森県女性の好み、相性のよいタイプ>
「青森県女性は、決断力があるしっかりとした男性に頼りたい傾向がありますが、夢を追う男性を応援したいとも考えています。母性が強いだけに、だめんずにはまらないように注意が必要です」

木原さんによれば、青森県民はあらゆる感情を我慢で抑え込む傾向が強いようですが、それを解放してくれるのがお酒。我慢強いわりにストレスはため込まないので、明るい無礼講でお酒を楽しみます。青森県男性を狙うなら、こうしたお酒の席を積極的に活用するとよさそうですね。(ぱう)


【取材協力】
木原 誠太郎(きはら せいたろう)さん
リサーチプロデューサー。2013年、ディグラム・ラボ株式会社を設立。心理学×統計学で人間の本音を分析し、カウンセリングするプログラム「ディグラム」の研究を進めながら、同時に事業展開。『47都道府県ランキング発表! ケンミンまるごと大調査』、『1400万人の新ディグラム性格診断』などを執筆。

ディグラム診断について
統計学と心理学に基づく性格診断プログラム。エゴグラムをベースとした20の質問による心理テストを数十万人のモニターに対して定期的にリサーチを実施。統計処理を施したデータベースを構築している。