ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. お金、保険、手続き、料理
  3. 新生活準備完ペキマニュアル
  4. 年間50万円貯める家計ダイエットテクニック
  5. 知らないうちにお金が貯まる 先取り貯蓄の仕組みとやり方

知らないうちにお金が貯まる 先取り貯蓄の仕組みとやり方

1年間に50万円という目標を達成するために活用したいのが、貯蓄分を収入から先取りする「先取り貯蓄」のテクニックです。知らないうちにお金が貯まるこの方法で、ぜひお金が貯まる喜びを体感しましょう。

1年間に50万円貯めるために、まずは家計を見直そう

1年間に50万円を12カ月で割ると、1カ月約4万2000円の貯蓄が必要ということになります。ボーナスがある人なら、ボーナス月だけ10万円(年2回)に増額したとして、残りは月々3万円。この金額を無理なく貯めるためにも、まずは一度、家計をチェックしてみましょう。

右の図は費目ごとの出費比率の目安をまとめたものです。まずはこちらを参考にした上で費目ごとの予算を立て、貯蓄に回すお金を捻出してみてください。もしも月々4万円の貯蓄が厳しいという人は、月1万円など、無理のない範囲でスタートすれば大丈夫。まずは貯蓄する癖をつけた上で、収入がアップしてきたら、その分貯蓄の額も徐々に増やしていきましょう。

※右の図は一般的な目安のため、各家庭の支出状況に合わせて参考にしてください。

夫婦ふたり暮らしの家計費の目安

使い込みが防げる「先取り貯蓄」を始めよう

せっかく生活費の予算立てをして貯蓄に回すお金を捻出しても、貯蓄分と生活費を同じ口座で管理していると、ついつい使い込んでしまう可能性があります。これが日常化してしまうと「結局お金が貯まらない」ということに…。そこでおすすめしたいのが「先取り貯蓄」です。

「先取り貯蓄」は、給与天引きなどを利用して、文字通り必要な貯蓄分を先に別口座に自動的に移してしまうテクニック。給与振込口座にはすでに貯蓄分が差し引かれた金額だけが入金されることになりますので、その範囲で生活すればOK。貯蓄分は一度も現金として手に取ることなく別口座に貯まっていきますので、使い込んでしまう心配がないのです。

「先取り貯蓄」の仕組み

「先取り貯蓄」ができる預金

「先取り貯蓄」ができる預金の代表選手が、各銀行が取り扱っている「自動積立定期預金」です。毎月一定の日に指定口座から指定金額が定期預金に振り替えられる仕組みで、給与振込口座などに利用しているメインバンクで誰でも気軽に始めることができるのが魅力。自分で引き落として別口座に移す手間がなく、面倒くさがりの人にも向いています。

勤務先に社内預金や財形貯蓄制度がある人なら、これらを利用して、給与天引きでお金を貯めることもできます。財形貯蓄には目的に応じて「一般財形貯蓄」「財形年金貯蓄」「財形住宅貯蓄」の3つの種類がありますが、1年間に50万円貯めるという目的なら、貯蓄の目的が限定されない「一般財形貯蓄」が便利。1年間は払い戻しができないため、使い込み防止効果もあります。「先取り貯蓄」の方法の一つとして検討してもよいでしょう。

この「先取り貯蓄」で、ある程度お金が貯まったら、より金利が良い金融商品に預け替えて大きく増やすという手も。ネット銀行の定期預金なら、キャンペーンなどで高めの金利を狙えるケースもありますので、よく比較してより有利な商品を探してみてください。

「先取り貯蓄」におすすめの預金

申込先 商品内容
自動積立定期預金 各金融機関 指定した日に、指定した金額が普通口座から定期預金に自動的に振り替えられる
財形貯蓄
(一般財形貯蓄)
勤務先 毎月給与天引きで一定額が定期預金に積み立てられる。積み立て期間は3年以上だが、積み立て開始から1年経過した後は、自由に払い戻しができる
社内預金 勤務先 毎月給与天引きで指定した金額が積み立てられる制度。労働基準法により金利の下限が設けられており、一般の預貯金よりも有利

マネーライター

斉藤カズミ さん

ファイナンシャル・プランナー。マネー雑誌編集部勤務を経て、2007年にフリーのマネーライターとして独立。雑誌やウェブ、書籍を中心に、貯蓄・投資・家計管理・保険などに関する執筆を行う。

文:斉藤カズミ イラスト:畦原雄治

知らないうちにお金が貯まる 先取り貯蓄の仕組みとやり方