ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 結婚準備完ペキマニュアル
  4. 婚約指輪&結婚指輪 ふたりのとっておきリング選び
  5. もっと知りたい!婚約指輪のこと

もっと知りたい!婚約指輪のこと

大切な宝物を選ぶためのポイントとリアル事情

一生に一度の記念だから、こだわって選びたい。
婚約指輪の言い伝えから、お値段の相場、買い方まで、知っておきたい基本を教えます!

  • STEP1 そもそも婚約指輪って?いつからあるの?
  • STEP2 婚約指輪って、いくら?いつまでに用意するの?
  • STEP3 既製品を買えばいいの?オーダーできるの?

STEP1 そもそも婚約指輪って? いつからあるの?

Q1.どうして婚約時に指輪を贈るの?

紀元前1世紀の古代ローマでは、結婚より婚約が重視されていて、誓いの儀式に鉄の輪を贈ったとか。それが金の輪になり、中世初期に宝石付きの指輪が誕生。日本では明治に広まったそう。

Q2.薬指に着けるのはなぜ?

古代エジプトの言い伝えで、左手の薬指は心臓と“愛の静脈”でつながり、愛のパワーが宿っているから。

Q3.婚約指輪にはどんな意味があるの?

最古の婚約指輪は古代エジプト時代のもので、そのころから丸い形は太陽や月をかたどった完全無欠のシンボルと言われてきた。継ぎ目のない輪がエンドレスを意味して、指輪の“神秘のパワー”が身に着ける人を永遠に守ると信じられてきたそう。代表的な石のダイヤモンドは、固い絆とピュアな愛を象徴。

写真から自分にぴったりの婚約指輪を探す

STEP2 婚約指輪って、いくら? いつまでに用意するの?

Q1.婚約指輪の相場は?

婚約指輪の購入価格の平均は
35.9万円。

Q2.やっぱりダイヤモンドが多いの?

婚約指輪のアームの材質や石の種類に決まりはないけど、9割以上の人がダイヤを選んでいる。大きさ(重さ)は0.3カラット前後が人気。形や色、透明度にこだわる人も。

Q3.いつから準備すればいいの?

先輩花嫁の例では、挙式の約11.4カ月前から探し始めて、10.0カ月前までに決めているケースが多い。挙式の6~7カ月前が結納や顔合わせの時期なので、そのときにお披露目できるよう用意。注文から受け取りまで1~3カ月かかるので、余裕を持って。

モチーフ・デザイン・石の種類…自分にぴったりの婚約指輪を探す

STEP3 既製品を買えばいいの? オーダーできるの?

購入方法は3パターン。 個性にこだわるなら オーダーして

  • 既製品(レディーメイド)

    石・デザインともに、すでに完成されたものを購入。実際に試着して、着け心地や自分の手とのバランスを見ながら選べるので安心感がある。既製品といっても、その場で現物を持ち帰ることはまれで、サイズ調整をしたり、取り寄せが必要な場合も。

    自分にピッタリの婚約指輪を探す

  • セミオーダー

    ダイヤなどの石と、アームの材質やデザインをそれぞれ別々に選んで、自由に組み合わせてオーダー。好みや自分の手にぴったり合ったベストな指輪を、予算に合わせて作ることができるので人気が高い。注文してから完成まで約1~2カ月ぐらい。

    セミオーダー・リフォームの婚約指輪を探す

  • フルオーダー

    世界に一つだけのオリジナリティーにこだわるなら、石やアームの材質はもちろん、デザインからオーダー。自分たちの希望をプロがデザイン画に描き起こしてくれる。注文してから2~3カ月かかるけど、デザインを考える過程もステキな思い出に。

    フルオーダー・ハンドメイドの婚約指輪を探す

婚約指輪は、一生の記念になる大切な宝物だから、常識にとらわれず、ふたりが気に入ったものを探して。まず、婚約指輪の基本と選び方のポイントを知っておくと、ショップへ行ったとき、楽しくバッチリ決められますよ。

婚約指輪を探す

次は教えて!ダイヤモンドのあれこれについて

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」