ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚準備完ペキマニュアル
  3. 「結婚の費用」まるわかりガイド
  4. 失敗しない見積りの見方&もらい方

結婚式見積りならゼクシィ

「結婚のお金」まるわかりガイド

2 失敗しない見積りの見方&もらい方

ここでいう見積りとは結婚式の費用明細のこと。
最初にもらう見積りからアップする場合が多いけれど、
これが予算オーバーの原因に。
見積りの見方ともらい方を知って、失敗を防止!

教えて!見積りについての基礎知識

納得するまで何度でも出してもらってOK!
見積表は3回もらうのが一般的

見積表は会場に支払うお金の明細書で、料理、飲物、衣裳、控室料など、費用項目がズラリと並んでいる。見積表は3回くらいもらうのが目安。1回目はブライダルフェアなどでもらう、必要最低限の項目のみのざっくり見積り。2回目はふたりの希望を具体的に盛り込んだもの。3回目以降にもらう見積りは、ゲスト人数や予算に合わせて調整をすすめ、実際の支払い金額に限りなく近いもの。会場には納得いくまで遠慮なく見積りを出してもらってOK。

見積りを3回もらう場合の基本例

1回目

  • 会場決定前の比較検討時
  • ブライダルフェアや下見に行った会場で

だいたいイメージがつく程度の最低金額の見積り。「パックプラン=すべての費用が含まれている」と誤解しないように注意。

2回目

  • 会場決定後
  • 決定した会場もしくは検討中の候補会場で

具体的な希望や条件を盛り込んで全額がアップした見積り。

3回目

  • 決定した会場との打ち合わせ時
  • 決定した会場で

人数&アイテムが全部入り、予算に合わせて調整した見積り。
※必要に応じて何度でも

初回から最終見積もりまでに金額は膨れ上がる!
約8割の花嫁が見積りアップ

ゼクシィの調査によると、初回の見積りに比べて最終見積りが金額アップした人は、全体の約8割。差額は平均101.4万円(※)。最初は漠然としていたふたりのイメージが具体化して、アイテム追加やランクアップなどをした結果、金額がアップすることに。ちなみに、ここでいう見積表とは、あくまで会場にもらう費用の明細書のこと。外部のショップで一部のアイテムを手配する場合は、各ショップで発生した見積りも併せて予算管理が必要になるので気をつけて。

初回に比べて最終見積りは金額アップした?
金額アップした76.5%

これさえ知っておけば大丈夫!
見積り額アップの4大原因

金額アップの主な原因は「人数のアップ」「ランクアップ」「アイテム追加」「項目のモレ」の4つ。特にゲストの人数は、料金アップに大きく影響するので早めに固めておきたい。結婚式のイメージが膨らんで、後から「あれもこれも」とやりたいことが増えるのも見積りアップの大きな原因。こんなはずじゃなかった!を防ぐために、あらかじめ予算金額の上限枠も想定しておくと安心。

見積り額アップの4大原因
見積り額アップの4大原因
  • 結婚式会場を探す
  • ブライダルフェアを探す

見積表って、どうやってもらう&チェックするの?

見積りをお願いする前にしておきたい準備
見積表のもらい方

初回の見積りをオーダーする時は、ざっくりゲスト人数・挙式スタイル・季節や日にちの候補くらいは考えておくとスムーズ。2回目の見積りではさまざまなアイテムや要望を追加し、こだわりを具体化。やりたいことはすべて入れて、迷う部分があれば何パターンか出してもらおう。3回目の見積りではとにかく読み込み、どこを削り、どこを増やすか見極めよう。

【見積りをもらう時のテクニック】
  • ふたりの予算をあらかじめ伝えて現実的な見積りを出してもらう。
  • 増えがちなゲスト人数は1割多く伝えて、予算の大幅アップを避ける。
  • 基本アイテムだけでなく、必要なものをすべて入れた見積りを出してもらう。
  • 最低ランク&高めランクの2バージョンで見積もってもらう。
  • 迷っていることがあれば、全部盛り込んだMAX見積りなどバリエーションを出してもらう。

数字が苦手でも、一度理解してしまえば大丈夫!
見積表の見方

見積りを読み込む時は、「ゲスト人数で変わるお金」、「ランクで変わるお金」、「アイテム追加でかかるお金」の3つに分けると分かりやすい。予算配分のバランスも見えてくるので、予算オーバーの原因も突き止められる。下記を参考に、予算内でめいっぱい希望をかなえる見積りを目指して。

気をつけておきたいアイテム
ゲスト数の増減で変わるアイテム
<料理・飲物>
料理/飲物/ウエルカムドリンク/子ども料理/生ケーキ
<会場関係>
席料
<装花関係>
ゲストテーブル装花/チェアカバー/テーブルクロス
<引出物・引菓子関係>
引出物/引菓子/プチギフト/ペーパーバッグ
<ペーパーアイテム>
招待状/席次表/メニュー表/席礼

料理・飲物、引出物、ペーパーアイテムのほか、席料、チェアカバー代など意外なものも。また席料には10%のサービス料がかかるのでこれも一緒に変化。人数は早めに確定したい。

ランクアップが発生しがちなアイテム
<料理・飲物>
料理/飲物/子ども料理
<装花関係>
ブーケトス/メインテーブル装花/ゲストテーブル装花/ケーキ装花/キャンドル装花
<衣裳・着付け関係>
ブーケ&ブートニア/花嫁衣裳プラン/花婿衣裳プラン
<引出物・引菓子関係>
引出物
<演出関係>
親への花束贈呈

初回の見積りがベーシックだと、ランクアップすることが多くなって見積り大幅アップに。こだわりたいアイテムの予算は最初から多めにとっておきたい。

アイテム追加が発生しがちなアイテム
<衣裳・着付け関係>
花嫁衣裳プラン/花婿衣裳プラン/美容着付け
<演出関係>
プロジェクター使用料/プロフィールビデオ/メインキャンドル/スモーク
<記録モノ関係>
集合写真/記念写真/スナップ写真/ビデオ撮影

追加になりやすいアイテムの代表が演出関連(プロによる生演奏、ビデオ上映など)。親族の美容着付の当日発生、写真の焼き増しの後日発生など、思いがけない出費も想定して。

予想外の費用アップを防ぐ見積りの出し方

こんなはずじゃなかった…にならないための方法はふたつ
あなたは「足し算タイプ」?「引き算タイプ」?

見積りを取る時に、まず「足し算タイプ」か「引き算タイプ」どちらの考え方でいくかを決めておくのもおすすめ。「足し算タイプ」は、最低限のアイテムのみの見積りに、希望アイテムを追加していく方法。結婚式を派手にしなくていいと考えるシンプル志向のふたり向き。「引き算タイプ」は、最初からアイテム多め・ランク高め・要望もたくさん盛り込んだ見積りを出してもらい、どこを削るかを考えていく方法。結婚式にいろいろこだわりたいふたり向き。しっくりくる方法で進めて。

「足し算タイプ」の場合
最初に人数とこだわりを決定

まず最初にゲストの名前を書き出し、両家のバランスも考えてゲスト人数を慎重にまず決定。こだわりたいアイテムは、料理、写真撮影、引出物など、2~3個を決めてランク高めに設定し、平均的な見積りを出してもらおう。そのほかは詳細を固める段階で足していって。

「引き算タイプ」の場合
すべて詰め込み、後で調整

まず最初にゲストの人数を多めに設定。ただし会場の収容人数は要確認。料理、装花、衣裳などは失敗がないよう人気のランクで設定し、演出やオプションなど迷っている項目があればとりあえず全て盛り込んで。後から予算に合わせて絞っていこう。

※データ出典:「ゼクシィ結婚トレンド調査2016」