1. 親ごころゼクシィトップ
  2. 今どき結婚式の基礎知識 「結婚式・披露宴の準備」 席次の決め方

親の常識は子どもの非常識?今どき結婚式の基礎知識[結婚式・披露宴の準備]

一般的な席次、考慮が必要な席次、席次表の書き方『席次の決め方』

上席や末席など基本的な席次の考え方は、親御さんの時代から変わってはいません。
ゲストが気持ち良く過ごせるための席次を、もう一度おさらいしておきましょう。

基本ルールを守りながらも、柔軟に対応したい席次

上座・下座のルールを押さえておけば大丈夫

一般的な席次の考え方
席次の基本ルール

ゲストの席次は、ふたりとの関わりや立場などによって決める必要があります。新郎新婦の席に最も近い席が上席(上座)、出入り口に近いほど末席(下座)となります。ちなみに上座には主賓や職場の上司、下座には家族が座るのが普通です。この基本ルールはどんなレイアウトの会場でも共通で、親族については父母が末席、関係が遠い親せきや年配者ほど上座というように覚えておくとよいでしょう。ただし、最近は上座下座にこだわらないケースも増えてきました。「家族への感謝の気持ちを表したい」というふたりの意向に沿って、あえて会場中央に家族席を設けるケースなどがその例です。また近ごろは主役のふたりが高砂席から見下ろす形を避ける傾向があり、メインテーブルをゲストと同じ目線の高さに置かれることも多いようです。

テーブルによる席次の違いは?

長テーブルでも丸テーブルでも「新郎新婦の座る高砂席に一番近い最前列が上席」という基本ルールは一緒です。なお長テーブルの場合は後方より前方の方が上座、さらに外側より中央の方が上座になります。席次を検討する際には何度でも組み直しできるよう、取り外しが簡単な付せん紙などを使い、ゲストの関係別に色分けしながら進めるとスムーズです。

丸テーブルの場合
【図】丸テーブルの場合
長テーブルの場合
【図】長テーブルの場合

混合テーブルを設けて対応

両家の人数が合わない場合の席次

さすがに両家の親族を同じテーブルにするわけにはいきませんが、友人同士なら大丈夫。状況に応じて混合席を設ける手もあります。その場合、知らない人同士が一緒のテーブルを囲んでも、楽しい時間を過ごせるような配慮が必要です。できれば同じくらいの年齢の人たちでまとめたり、趣味や話が合いそうな人を近くに配置するとよいでしょう。

どこまで詳細に書くか、判断はふたりに委ねて

席次表の肩書きはケース・バイ・ケースで対応を

席次表に入れる肩書きも、昔のように堅苦しいものではなくなってきました。かつては会社名や職位まで詳細に書き添えるのが普通でしたが、中には転職を繰り返したり、派遣勤務で上司や同僚の定義があいまいだったりと、肩書きを考えるのがひと苦労というケースも考えられます。そのような場合は「新婦上司」など、本人とゲストの間柄が分かる程度にとどめておいても構いません。ただし招待客の中心が仕事関係者の場合は、職場名や役職もきちんと略さずに書きたいもの。主賓についても社会的な肩書きを添えるのがマナーです。

親族に関する名前や肩書きは親が確認

席次表は印刷前に必ずダブルチェックを

席次表を印刷する前には、必ず名前と肩書きの確認が必要です。親族に関しては親が引き受けるとよいでしょう。細かいようですが「伯父(親の兄)」や「叔父(親の弟)」の書き分けなども要チェックです。名前の漢字などは、知っているつもりで意外と間違って思い込んでいることもありますので、念には念を入れ、相手からもらった年賀状などで調べておきましょう。また、ふたりから見て親ときょうだいは「お招きする側の立場」であるため、「様」という敬称を付けないのが決まり。ただしきょうだいが結婚して苗字が変わっている場合には、ほかのゲストと同じように敬称を付けるのが普通です。

席次表の肩書きの入れ方例
【図】席次表

【まとめ】席次の決め方のポイント

席次には上座や下座を始めとしたひととおりのルールがあるものですが、とらわれすぎるあまりに、ゲストにとって居心地の悪いものになっては本末転倒です。基本を押さえつつ、状況に応じて柔軟に対応するとよいでしょう。肩書きも同様です。招待するゲスト層を見極め、どこまで表記すべきかを判断しましょう。

このカテゴリの関連記事


ゼクシィシリーズ