ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

NEW

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. ゼクシィCMサイト
  • TOP
  • ふたりの法則解説
  • ゼクシィ9代目CMガール&その相方
  • CMソング

2016-2017 ゼクシィCMサイト ふたりの法則

  • 「今月のゼクシィ」CM 2016年9月発売号(11月号)
  • ゼクシィCM「ふたりの法則」誓い篇
  • ゼクシィCM「ふたりの法則」なあなあネコ篇
  • ゼクシィCM「ふたりの法則」踊りだしたら篇
  • ゼクシィ「ふたりの法則」メイキング

ふたりの法則解説 Commentary

CM「ふたりの法則」に込めたゼクシィの想い

結婚とは、ふたりから生まれる共同体。語るまでもなく、「ふたり」の数だけかたちがあります。

そしてそれは、突然現れるものでもなく、ふたりで重ねる日常の先に出来上がっていくもの。

一緒に、ごはんを食べ、笑いあい、魔法の言葉で励まし合って、時にはふざけて、踊ってみたり、泣いてみたり。

ふたりにしかわからない日常から生まれた法則の上に幸せな時間が積み重なって、共同体が少しずつ育っていくのではないでしょうか。

今回のCM「ふたりの法則」では、そんな何気ない日常の中で生まれる、世界中ふたつとない幸せのかたちを表現しています。

結婚や結婚式は、

ふたりだけの、ふたりらしい日常=「ふたりの法則」の延長線上にあるもの。

そんな風に身近に感じてもらえるとうれしいです。

CMに込めた想い 今年のCMのテーマは「ふたり」です。ふたりにしかわからない、ふたりだけの法則。だから今回、史上初めてCMガールの相方も誕生しました。昨年のリアル・プロポーズのドキュメンタリーとは真逆の作り込んだ企画のように感じるかも知れませんが、実はすべて、ゼクシィ編集部のみなさんが集めてくれた実話をそのまま映像化しています。 9代目CMガールは、吉岡里帆さん。とてもチャーミングな人。歴代CMガール同様、これから日本を牽引して行く女優さんのひとりになることは間違いありません。 クリエイティブディレクター 箭内道彦

ゼクシィ9代目CMガール&その相方 CM girl & CM boy

吉岡里帆さんからのコメント

ウエディングの子供モデルをした8歳の時、小さくゼクシィのページに掲載して頂いたのが生まれて初めてのお仕事でした。あの日から15年こんな大役に選んで頂けた事、心より嬉しく光栄に思います。愉快な”ゼクシィ9代目CMガール”として一年間、相方と共に愛情いっぱいお役を務めさせて頂きます。どうぞよろしくお願い致します!

ゼクシィ9代目 CMガール 吉岡里帆

1993年1月15日生れ、京都府出身、158cm 映画「つむぐもの」出演(2016年3月19日公開) TVドラマ「ゆとりですがなにか」レギュラー出演(2016年4月期) TVドラマ「あさが来た」第18週~レギュラー出演(2016年2月~) ラジオドラマ「ふたりの娘」主演(2016年1月9日)

戸塚純貴さんからのコメント

結婚を語るに欠かせない特別な存在、ゼクシィ。そのCMに出演が決まった時、僕に出来ることと言えば今までの素敵なイメージに加え、結婚して2人でいることは普段の生活の延長線上である、という親しみやすさを伝えることだと強く思いました。ゼクシィ9代目CMガールの吉岡里帆さん、箭内道彦さん、スタッフの皆様に助けられながら楽しく撮影させていただき素敵なものが出来ました。皆様が抱いているそれぞれの幸せの形をゼクシィによってより近い存在に、僕たちが少しでもその手助けになることができれば幸いであります。

その相方 戸塚純貴

1992年7月22日生れ、岩手県出身、172cm 映画「HK/変態仮面 アブノーマル・クライシス」 監督・脚本:福田雄一(2016年5月14日公開) 映画「ライチ☆光クラブ」監督:内藤瑛亮(2016年2月13日公開) CX「痛快TVスカッとジャパン」毎週月曜日 レギュラー出演中

CMソング CM song

「しあわせを分けなさい」 作詞:秋元康 作曲:箭内道彦 楽曲への想い 今年のゼクシィの楽曲をAKB48にお願いできないか、と秋元康さんに喫茶店で相談していたら、「その曲を、今年のAKB48選抜総選挙の課題曲にしよう」と、秋元さんが突然僕に言いました。「AKB48選抜総選挙で選ばれたメンバーが今年のゼクシィのCM曲を歌える」何かをひらめいた秋元さんは誰も止めることができません。僕が書いた曲に、秋元さんから素敵な詞が届きました。 「しあわせを分けなさい」 命令形のタイトルは、深い愛と願いの表出。祝福する者が、真っ直ぐに想いを渡せるようにと、シンプルなメロディーラインになりました。AKB48メンバーに始まり、一人でも多くの人が、大切な日に、この歌を歌ってくださることを想像しています。 クリエイティブディレクター 箭内 道彦