ゼクシィ

  • 新規会員登録
みんな、どうしている? 外国人の彼との国

みんな、どうしている? 外国人の彼との国際結婚 [手続き・暮らし編]

  • 結婚式スタイル

外国人の彼と結婚が決まったものの、「国際結婚をするための手続きはどうしよう?」「彼と価値観や習慣の違いで困ることはない?」と難題が山積み。そんな悩める人たちのために、自身も国際結婚をしたスペシャリストや先輩花嫁が実体験を基に、さまざまなノウハウをお教え!

国際結婚するためにはどんな手続きが必要?

「国際結婚には大きく分けて、結婚するための手続きと、結婚相手の国に住むための手続きがあります。この2つは別物と思ってください」と話すのはシャウウェッカーさん。

手続きの方法や書類は国によって異なる上、先に日本と彼の母国のどちらで結婚する(婚姻届を提出する)か、という選択肢も。
先に日本の役所に婚姻届を出す場合の流れは……
1 婚姻届用紙と戸籍謄本(日本人のみ)を入手する
2 役所に彼の出身国を告げて必要書類(結婚の要件を満たしていることを証明する「婚姻要件具備証明書」など)を確認
3 彼の国の在日大使館・領事館に、2で確認した必要書類の発行手順を確認した上で、書類を申請
4 1と3で集めた書類を市区町村の役所に提出する
5 役所で婚姻届受理証明書をもらう
6 婚姻届受理証明書やその他の必要書類を彼の国の在日大使館・領事館に提出する

上記は日本で手続きする場合の一般的な方法だが、相手国によっては、彼の国の在日大使館・領事館で先に婚姻の手続きをしてから、日本の役所に届け出る「外交婚」という方法が取れることも。
すでに住んでいる彼の国で結婚したい人は、彼の国の法律による方法で手続きした後、現地にある日本大使館・領事館に届け出るのが一般的。この他、ふたりとも母国以外の国に住んでいたり、旅行先の国で挙式したい場合は、第三国の方法で手続きを取るなどやり方はいろいろ。

婚姻の手続きをしたら、自動的に結婚相手の国に住めるわけではない

結婚して日本に住む場合、彼には「日本人の配偶者等」という在留資格(結婚ビザ、配偶者ビザ)を取得してもらうのが一般的。彼がすでに日本にいて、短期ビザなど他の在留資格を持っている場合は在留資格変更許可申請を。この結婚ビザの在留期間は1年または3年で、それ以上日本で暮らす場合は更新の手続きをするか、永住許可の申請することに。日本人のあなたが彼の国で暮らす場合も同様の手続きが必要になります。
「婚姻の手続きから在留資格、移民ビザなどの取得までにかかる期間はアメリカに住む場合で3カ月~半年と長丁場。手続きは国籍の組み合わせや住む場所、婚姻届を出す場所などによって異なるので、役所、大使館・領事館、専門の行政書士、ネット、書籍などでよく調べて。国際結婚した人たちが集まるサイトで自分たちに似た条件の人を探すのもおすすめです」(塚越さん)。

結婚後の名字は今までのままにする? 彼の姓に替える?

国際結婚の場合、名字に関しては「今までの姓のままにして夫婦別姓にする」「彼の姓に変える」「自分と彼の両方の姓を入れた複合姓(ダブルネーム)にする」という選択肢があります。
シャウウェッカーさんが2010年にとったAll Aboutのアンケートによると
●(海外在住)今までの姓を残した……36%
●(海外在住)彼の姓に変えた……15%
●(日本在住)今までの姓を残した……27%
●(日本在住)彼の姓に変えた……22%

「海外在住者の場合、現地では夫の姓を名乗っても、日本では戸籍の名字のままの人が多いですね。日本在住でも、変えなかった人の方が少し多いという結果に。姓の変更をしなかった人の主な理由は、『変更すると、パスポートや運転免許証、銀行口座などの氏名も変更しなくてはならないから』『一人っ子なので、家の名字を残したい』『彼の名字にするとカタカナ表記になり、長くなるのが嫌』『名字が外国姓だと、子どもがいじめられる可能性があるから』『万が一離婚した時、元の姓に戻す手続きが大変だから』など。彼の姓に変えた人の主な理由は『1つの家族になるのだから、同じ姓を名乗りたい』『名字が変わらないと、独身のままのように見られるから』など。名字を変えるかどうかは、すべてふたりの考え方次第です」(シャウウェッカーさん)。

姓の変更をするためには手続きが必要

彼の姓に変えるためには婚姻届とは別に手続きが必要で、それをしないと戸籍は元の姓のまま。多くの人は婚姻届と同時に氏名の変更届を提出していますが、婚姻の日から半年以内ならいつでも提出可能です(日本在住の場合は市区町村の役所、海外在住の場合は日本領事館など在外公館に提出)。半年を過ぎたら家庭裁判所に申し立てをしなくてはなりません。複合姓にする場合は時期に関係なく、家庭裁判所に申し立てて許可を得る必要があります。

外国人と結婚すると、私の国籍は日本でなくなっちゃうの?

結婚してもお互い国籍はそのまま。アメリカ人の彼と結婚したからといって、自分もアメリカ人になるわけではありません。ただし、アフガニスタン、イラン、エチオピア、サウジアラビアなど一部の国では、その国の男性と結婚すると、自動的に夫の国籍を取得。その結果、日本人の女性は二重国籍となりますが、日本では二重国籍を認めていないため、2年以内にどちらの国の国籍を取るか決めて届け出をします。また、エジプトやタイ、フランスなど、結婚後、届出によって彼の国籍を取得できる国も。外国人の彼が日本の国籍を希望する場合は、帰化申請をします。

結婚する前に交わす「プレナップ(婚前契約)」って何?

フランス人の彼と結婚したCさんは、結婚前のロマンチックな時期に、離婚後の財産分与などを決めることになって驚いたとか。プレナップとはこのようにお金に関することや家事分担、離婚の条件など、あらゆる事を取り決めることで、欧米人の結婚でしばしば行われています。書類は弁護士などが作成し、法的効力のあるものとするのが一般的。プレナップではないが、オーストラリア人と結婚したKANAEさんのように、遺言書の手続きをした人もいる。
「彼からプレナップや遺言書の話をされたら、お互いの価値観を擦り合わせるよい機会だと思いましょう。何か起きたとき、彼がどのように解決しようとするか、知る機会にもなります」と塚越さん。

「プレナップ」では具体的にどんなことを決めるの?

「離婚するときに備え、不動産のような大きなものから、家具、キッチンツールまで、どちらの所有物か記載しておくカップルも。そんなこと考えたくないと思うのはやまやまですが、先にきっちり決めておいた方が後でもめないという合理的な考え方に基づいていますね」(シャウウェッカーさん)。
「お互いの所有物に関しては結婚後取得する物についてもOK。結婚式に掛かる費用や家賃、家計費、請求書のお金を誰が払うか、どう分担するのか、記載する人も多いですよ。離婚した場合の子どもの養育権に関しては、子どもの年齢や性別によって細かく決めることも可能。それ以外にも合意があれば自由に定めることができます。『離婚になっても、夫は妻が合法的にアメリカに滞在できる資格のサポートを積極的に行う』という条項を入れておけば、永住権がない間に離婚したとき、助かります」(塚越さん)。

結婚する前に彼と話し合っておいた方がよいことは?

「お互いの結婚観は重要。日本に住むとしても一時的なのか、彼の母国に帰るならどのくらい先なのか、この先のビジョンを話し合って。彼があなたに家庭に収まってほしいと思っているのか、ずっと働いていてほしいと思っているかも聞いておきましょう。自分の考えと違っても、自分の主張を押し通そうとせずに話し合って。お互いを尊重し合う姿勢、自分と違うところも受け入れる器の大きさが国際結婚には求められます。宗教のことも大事。宗教によっては結婚すると彼の宗教に改宗しなくてはならないことも。自分が納得した上で改宗するのは良いですが、それを知らないで結婚して、後悔する人もいます」(シャウウェッカーさん)。
「金銭的なことも重要です。日本人はよく貯蓄をしますが、外国人はなんでもカードで買ったり、ローンを組もうとして貯蓄をしません。クレジットカードを簡単に発行してくれない海外では、カードやローンの利用実績を作ることで、自分の信用を積み上げようとします。彼がどんな経済観念や金銭感覚を持っているか確認しておきましょう。なんでもそうですが、自分と価値観が違ってもネガティブにならないで。自分のことを分かってくれないのは、彼に愛がないからではありません。大事なのはお互いがまあまあハッピーな解決策を一緒にとことん話し合える相手か見極めること。思い通りにいかないこともあるけれど、大体満足できればOKと考えて」(塚越さん)。

マリッジカウンセリングってどんな感じ?

カウンセリングやコーチングが日常的に行われている欧米では、結婚する前にマリッジカウンセリングを受けるカップルも多い。
「私と夫とでは『どんな結婚式をしたいか』でもめたのですが、カウンセラーの助けを借りて考えたら、それぞれが譲れないことがはっきりしてきて、折衷案を導き出せました。私が相談を受けたカップルは結婚式に招待する範囲や人数のことでけんかになりましたが、1時間のコーチングで方針が決まり、1カ月後には幸せな結婚式を挙げていました」(塚越さん)。
KANAEさんはオーストラリア人の彼と、彼の親族が信仰している宗派の決まりに従って、教会で婚前カウンセリングを受けたそう。「結婚式を執り行ってくれる神父さんの前で、結婚に対する考え方からお金、家族、子どものことまで、ふたりの価値観を擦り合わせるカウンセリングでしたが、お互いの性格が分析され、結婚について客観的にみることができました」。
価値観の不一致などで悩んだり、彼とコミュニケーションがうまくとれなくなったりしたら、カウンセリングを受けてみるのもおすすめ。

彼の家族とはどう付き合ったらいい?

「彼の家族や親族が集まる時は、料理の手伝いをした方がいいかなど、振る舞い方を彼に聞いてみましょう。言葉が分からなくて会話の中に入れなかったら、ニコニコ楽しそうに見ているだけでOK。自分一人でぽつんといるのが、いたたまれなくなることもありますが、そんなときは開き直ることも大事。彼の家族の中に溶け込むには時間がかかります。まずは彼の奥さんとしての存在感を示して」(シャウウェッカーさん)。

「外国人は個人主義の人が多いといわれますが、中にはラテン系の国や韓国のように、親を重視する家族主義の国もあり、『子どもたちに老後の面倒を見てほしい、一緒に住んでほしい』と望む親も。まずは彼が親のことをどう思っているか、話し合ってみて。家意識が強い場合は、結婚する前に渡航して彼の家族と数日一緒に過ごしてみるのもいいでしょう。家族の中での彼のポジションがよく分かります。彼の家族と合わないなど問題が起きた時、自分の味方になってくれるのは彼だけ。彼がうまく立ち回ってくれなかったら、じっくり話し合い、異国の地で四面楚歌(そか)になる孤独感を彼に理解してもらいましょう」(塚越さん)。

ハグやキスなど外国ならではのあいさつってしないといけない?

彼の家族や友人に会った時、ハグや頬を重ねてチュッとするキスをしなくてはならないのかと悩む人も。
「日本人にハグやキスをする習慣がないことを知っている人が多く、強要してくることはめったにありません。握手だけでもOKですから、心配しないで。頬を合わせてのキスが大丈夫でも、右、左と2回しようとする人もいれば、3回の人も。この回数が人によって違うことに戸惑うこともあります。これは慣れるしかないですね。最初はその国の人のようにできなくても、気にしないで。海外ならではの習慣は、生活していくうちにだんだん身に付いていきます」(シャウウェッカーさん)。

彼と食べ物の好みが違う場合、食事の用意はどうしたらいい?

「自分がおいしいと思う物を、彼もおいしいと感じるわけではありません。また、健康を考えた『食育』が進んでいる日本の方が食に敏感ですが、どんなに体にいい物であっても、それを彼に押し付けては駄目。お互いの好みを理解し、おかずは同じでも、彼はパン、私はご飯……と、それぞれ自分の好きな物を食べてもよいと思いますよ。無理に彼に合わせる必要もありません」(シャウウェッカーさん)。
「私たちの場合、彼はかつお節など強いおだしの味付けが苦手。私は彼が作る料理に、強過ぎるトマトソース味が多くて、食が進まなくなりました。そこで彼と話し合い、味を加減することに。結婚生活では歩み寄りと譲り合いの気持ちも大事です」(KANAEさん)。
「実は、彼との習慣の違いで一番多いのが食べ物の好みや食に対する考え方の相違です。彼が日本食が苦手なため、彼用と自分用と分けて料理を作っている人も。食習慣の違いは交際期間に見極められます。好みがまったく違う場合は、2種類の食事を作る覚悟をするか、お互い自分の食事は自分で作るなど、解決策を事前に話し合って。このような細かな違いの積み重ねがいつか大きな擦れ違いの原因になることもありますから」(塚越さん)。

みんな彼の国の言葉をどうやって勉強した?

シャウウェッカーさんが「ふたりの共通言語をどうやって勉強したか」、2010年にとったアンケートによると
●結婚前からすでにある程度話せた……57%
●会話が日本語なので、していない……19%
●独学で習得した……15%
●語学学校や勉強に通った……9%

「最初からある程度話せたため、国際結婚に至ったのか……。特に英語の場合、早い時期から勉強していた人が多いです。出会ってから、あるいは結婚後に独学や語学学校で習ったという人は4分の1」(シャウウェッカーさん)。

「語学には向き・不向きがあるので、どんなに頑張ってもなかなか上達しない人もいます。彼に辛抱強く母国語で話してもらうのが近道ですが、結婚をきっかけとしてアメリカなどに行く人には、ESL(English as Second Language)という英語を学ぶクラスがおすすめ。私の場合、海外ドラマを日本語で見てから英語で聞き取れるまで何度も聞いたり、ハリーポッターなど好きなシリーズのオーディブック(CD)を図書館で借りてきて聞きました。語学上達には話すことも大事なので、アクセントに自信がなくても、どんどん話して、身に付けましょう」(塚越さん)。

from編集部 『大変だけど、人と違う体験ができる楽しみがありそう』

この記事を作るにあたって、予備知識が全くなかった私は、国際結婚をする人と同様、ネットを調べ、本を読み、先に結婚した人の話を聞いて、一から勉強しました。監修をお願いしたこの道のスペシャリストのお2人の話も聞いて、やっと全体像が見えてきましたが、その感想は大変そう。でも、これを乗り越えたら、すごく大きな達成感を味わうことができるだろうなと思いました。日本人同士の結婚にはない「やりがい」があるはず。それを楽しむ感覚で、乗り切って!

●この記事の監修者 国際結婚成功コンサルタント 塚越悦子さん

高校時代の留学をきっかけに、さまざまな国の人と交流。アメリカ人のご主人と結婚してサンディエゴに。現地で国際結婚の難しさに悩む人が多いことを痛感してライフコーチの資格を取得し、My Peaceful Familyという会社を設立。現在、日本に帰国し、国際結婚で本当の幸せを手に入れたいと願う人のためのコーチングやカウンセリングをしている。国際結婚をする人の心構えなどが詳しく書かれている著書『国際結婚一年生』は主婦の友社のアプリ(電子書籍)http://bukure.shufunotomo.co.jp/digital/?p=5527で購読可能。
HP http://www.mypeacefulfamily.com/

●この記事の監修者 国際結婚ガイド シャウウェッカー光代さん

トラベルライターとして30カ国以上巡った後、カナダに留学。そこで知り合ったスイス人の彼と結婚し、5年間カナダで結婚生活を送った後、ご主人と帰国。現在、夫の会社の役員を務めつつ、ウェブサイトを通して旅行情報や国際結婚に関する記事を執筆している。国際結婚のガイドをしているAll Aboutの記事には、国際結婚の手続きに関する記事や国際結婚版「夫婦円満の秘訣」など、お役立ち情報が満載。http://allabout.co.jp/gm/gp/499/

取材・文/渡邊博美
※掲載の情報は2014年12月時点のものです。また、事例コメントは2014年8月に実施した「ゼクシィ花嫁1000人委員会」メンバーのアンケート回答および取材協力によるものです。
  • 挙式・披露宴
  • 結婚準備全体
  • 常識・マナー
挙式・披露宴会場を探す