今年こそ!クリスマスまでに彼氏をつくる行動計画

2018/11/27 11:00

今年のクリスマスこそ!

今年のクリスマスこそ!

「今年のクリスマスこそは、愛する彼とラブラブに過ごす」と決意したのに、まだお相手が見つからない……と焦っている人はいませんか? まだ諦めてはいけません! クリスマスまでの残り1カ月で、恋人を見つけるための作戦を練りましょう。 

20〜30代の女性に、「クリスマスに間に合うように意図して出会いを求めたり、気になる人に近づくなどして彼をつくろうとしたことはある?」と聞いたところ、「ある」と答えた人は37%。どのような方法を取ったのか、聞いてみました!

まずは経験者の声から学ぶべし!





●「SNSなどで気が合いそうな人と会話をして付き合いまでに至った」(29歳)
●「最初からクリスマスまでに彼氏が欲しい宣言をして合コンに参加」(34歳)
●「友達に飲み会を開催してほしいとお願いして、男性と出会う場面をつくってもらった」(29歳)
●「気になっていた人に積極的に話をするようにしたら、ラインの交換ができて、交際へと発展した」(27歳)
●「周りの友達も彼氏がいなかったので、みんなで婚活パーティや合コンに行きました。土日はほとんど参加してました」(25歳)
●「気になる人(狙いを定めて1人)を誘いまくって、デートを重ねた」(32歳)
●「知り合いで以前やりとりをしていた人に、お土産を渡すという名目でアポを取った」(32歳)
●「街コンに行ってみたり、婚活アプリを使用してみた」(25歳)

周囲に「恋人が欲しい」と宣言して紹介してもらった、街コンなどの出会い系イベントに積極的に参加したなど、自ら能動的に動いて出会いの数を増やしたという意見が多く見られました。以前から気になっていた人に連絡を取ってみた、という声も目立ちました。ぜひ、これら経験者の意見を参考にしてみてください!

知り合いの中から探すのが手っ取り早い、「マッチングアプリ」も一つの方法





さらに「恋愛の達人」にもアドバイスを頂きましょう! 恋愛経験豊富で男性心理にも詳しい「女豹ライター」の島田佳奈さんに「何かいい作戦はありませんか?」と聞いたところ、「1カ月という短期決戦で有効な2つの策」を教えてくれました。

1)男性の知り合いで「彼女がいない人」に注目する
「男友達や友達以上恋人未満の男性はもちろん、仕事関係の人や趣味仲間など、これまで男性として意識していなかった人も含め『この人と付き合えたらいいかも』と感じる男性があなたの周りにいないか、棚卸ししてみましょう。すでに知っている相手の方が『相手を知るプロセス』が必要ない分、新しく出会う人よりも進展までの時間が短縮できます。ほんのり『いいな』と思っている男性を心に残したまま次の出会いを求めるより、まずはその気持ちを温めてみましょう」

2)マッチングアプリを活用する
「周囲に接近してみたい男性が皆無という人は、マッチングアプリを試してみて。マッチングアプリのいいところは、一度に多数の男性とマッチングできることと、初デートの前にメッセージで目的の擦り合わせができること。ある程度希望条件に合致して、相手も『すぐに会ってみたい』という流れになれば、展開は早いです。なお、登録している男性の目的は、婚活から遊びまで玉石混交なので、あなたの目的(彼氏が欲しいのか、婚活を含めた出会いを求めているのか)と合致するかどうかチェックすることも忘れずに」


定番の出会い方である「合コン」や「お見合いパーティ」は、「短期決戦には向かない」とのこと。

「恋人同士としてクリスマスを迎えたいならば、それまでに2、3回はデートをしておきたいところ。今からすぐ動いても、合コンをセッティングしたり、お見合いパーティを探して申し込んだり……と考えると時間が足りず、クリスマスには間に合わない可能性が大です。もちろん、クリスマスではなく、もう少しゴールを先に延ばせるのであれば、合コンやお見合いパーティも大いにアリです」


焦りすぎは禁物! 相手に歩調を合わせつつ気持ちを盛り上げよう





島田さんによると、「彼をつくりたい! と焦りすぎて失敗するケースもあるので注意」とのこと。

「よくある失敗パターンは“独りよがり”。『何が何でもクリスマスまでに恋人をつくらなければ!』と意気込むあまり、相手の気持ちが追いつかないまま『付き合うのか付き合わないのかハッキリして!』と白黒付けようと迫るケースもあるようです。こんなアプローチをされては、たとえあなたを好きになりかけている男性であっても引いてしまいます。クリスマスにデートできるような“彼氏”に限定せず、その手前の“ボーイフレンド”でも楽しいクリスマスデートはできるはず。相手に歩調を合わせつつ、ふたりの気持ちを盛り上げていきましょう」

なお、島田さんオススメのデートは「非日常」。「まだぎこちない関係だからこそ、スノーボードなどウインタースポーツや日帰り温泉など、日常を離れたデートをすれば、今よりさらに一歩近づけるようになる」とのこと。

「お泊まり、ホームパーティなども、“初めて”だからこそ盛り上がります。自宅や彼の部屋ならば、サンタコスプレなどの演出も楽しめるでしょう。逆に、ジュエリーショップでプレゼントを選び、雰囲気のいいレストランでクリスマス限定メニューを食べ、イルミネーションの夜景を見る……というようなベタなクリスマスデートはあまりオススメしません。もちろん、ふたりが楽しいと思えるならばいいのですが、思い出をトレースするような定番デートは、お互いに過去の恋人を思い出してしまう可能性もあります」


なるほど! しっかりと関係性を築くまでは、「距離を縮められるデートかどうか」を念頭に置いた方がよさそうですね!

経験者、そして専門家のアドバイスを参考にすれば、1カ月という短い期間でもできることがいろいろありそう。とはいえ、焦りすぎてタイプではない男性をつかまえてしまわないように! クリスマスまでに好きになれそうな人が見つからなかったら、次は2月のバレンタインを目指して、引き続き頑張りましょ♪(山崎 はるな)


【取材協力】
島田佳奈さん
作家、女豹ライター、AllAbout恋愛ガイド。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴ののち、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』、『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』、『運がよくなるお引越し』、『女豹本!』、『コントラスト』他著作多数。近著に『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社)がある。
島田佳奈公式サイト「No love, no life.」

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「クリスマスまでに彼氏をつくる、恋人に感じる違和感」について
調査期間:2018/9/18〜10/1
有効回答数:194人(女性)