犬系男子の特徴や好きなタイプとは?恋愛傾向や落とし方を解説!

従順で、飼い主に一途な愛情を示してくれる犬のように、好きな人に対して誠実で愛情深い「犬系男子」。
人懐っこく甘えてくれる犬系男子は、恋人になると楽しく、安心できるタイプでしょう。
そんな犬系男子と付き合うには、どんなアプローチをするのが効果的なのか、気になるところ。
そこで、今回は婚活スタイリストの山本のぞみさん監修の下、犬系男子の具体的な特徴や、好きな女性のタイプ、恋愛観などを徹底解説します!

犬系男子とは?猫系男子との違い



犬系男子とは?猫系男子との違い

犬系男子とは、男性のタイプを大まかに犬と猫に分けて考えると、人懐っこく甘えん坊なタイプの男性をいいます。犬系男子は、人に喜ばれる行動を取るのが好き。特に自分の信頼している人や好きな人に対しては、誠実で一途な愛情を注ぎます。
また、寂しがり屋で放っておかれるのが苦手な面も。素直で分かりやすい性格ともいえるでしょう。

一方、猫系男子はマイペースで気まぐれなところがあります。他人にペースを崩されるのを嫌うため、恋人の束縛はNG。何を考えているのか分からないと思われがちです。しかし、好きな人にだけ甘える様子を見せるので、そのギャップがかわいらしく感じる女性も多いでしょう。

犬系男子の特徴



犬系男子の特徴

見た目や行動がかわいいと人気上昇中の「犬系男子」。
その特徴について、詳しくご紹介します!

親しみやすい表情


基本的に気分のムラが少なく、好きな人の前では上機嫌に笑っていることが多い、犬系男子。
友人としても恋人としても、犬系男子と過ごす時間は楽しく朗らかなものになるでしょう。
笑うと目尻が下がったり、普段から口角が上がっていたりなど、親しみやすい印象の顔をしています。

つぶらな瞳がかわいい


犬系男子は、クリッとした真ん丸な目をしていたり、瞳がキラキラしていたり、愛嬌(あいきょう)のある目をしています。
好きな人に対しては、つぶらな瞳でじっと見つめてくることもあり、女性はキュンとしてしまうでしょう。

ポジティブな性格


性格は、明るくて前向き。社交性もあり、周囲の人と協力して物事を進めることが得意です。
そのため、仕事では評価されることが多いでしょう。

責任感が強く、真面目


責任感が強く、物事を中途半端な状態で放り出したりすることはしません。ルールや規則をきちんと守る真面目なところがあります。
プライベートにおいても同様に、家族や友人、恋人などとの関係を大切にします。

社交的で友達が多い


社交的で仲間といつも楽しく群れているのが好きな、犬系男子。
初めての人でもフレンドリーに接することができ、分け隔てなくコミュニケーションが取れるため、男女を問わず好かれます。

うそをつくのが下手


犬系男子は正義感があり、曲がったことが嫌いです。罪悪感を抱くためか、うそをつくのも苦手ですぐに表情に出てしまいます。喜怒哀楽が分かりやすく、扱いやすい性格といえるでしょう。

褒めると分かりやすく喜ぶ


誰かの役に立つことを嬉しいと思うタイプなので、褒められるととても喜びます。
褒められることが活力になるため、たくさん褒めてくれる人に対して、より心を開くでしょう。

お願い事をすると喜んで応えてくれる


犬系男子は、誰かに「頼られている」「役に立っている」と感じると、がぜんやる気が増します。
ささいなお願い事は、快く引き受けてくれます。
何かをしてもらったときには「ありがとう!助かった」「○○君のおかげ!」としっかりお礼を伝えることが大事です。

いざというときに頼りになる


保護本能が強い犬が飼い主を危険から守るように、犬系男子も大切な人が困っていたり、トラブルに巻き込まれそうになったりしたときは、身をていして守ろうとします。
普段ふたりでいるときは甘えん坊でも、何かあったときには、率先して行動する頼りになる存在です。

犬系男子の恋愛観



犬系男子の恋愛観

明るく素直な性格で一途な愛情を持つ犬系男子は、恋人として魅力的なタイプといえます。
そんな犬系男子はどのような恋愛観があるのでしょうか。気になる恋愛時の心理を解説します!

愛情表現がストレート


喜怒哀楽の表情が豊かな犬系男子。
好きな人に対しては、「好き」「一緒にいたい」と言葉で直接伝えてくれたり、連絡を小まめにくれたりと、ストレートに分かりやすく好意を示します。
興味がある人に対してしっかりと目を見て話すので、女性はドキッとさせられるでしょう。

ふたりのときは甘えたい


恋人に構ってもらいたい欲求が強く、放っておかれると寂しさから不満を抱いてしまいがち。
特に好きな人とは「常に一緒にいたい」と感じています。恋人に対してはスキンシップも多く、甘え上手です。犬系男子は母性本能をくすぐるのがうまいといえるでしょう。

相手が喜んでくれることが自分の喜び


好きな人の喜ぶ顔が好きな、犬系男子。
ロマンチックな演出も好きなので、恋人に対し突然、好きなものを買ってくるなどのサプライズを行うことも。
そんなときは、少し大げさなくらい感謝や喜びの気持ちを表現すると、犬系男子の心が満たされるでしょう。
どんなことをすれば相手が喜ぶのか、よく観察しているので、「髪を切った?」「新しい服を買った?」など細かい点にもよく気付いてくれます。

褒められると伸びるタイプ


褒められることが好きで、ささいなことでも「さすがだね」「頼りになる!」など肯定的な言葉を伝えられると、モチベーションが上がります。
恋愛においても、恋人から褒められたり感謝されたりすると、愛情がより深まるタイプです。

外では立ててほしい


頼られるとやる気になる犬系男子。
恋人には「自慢の彼氏」と思ってほしいと感じており、ふたりきりのときは甘えん坊でも、外ではしっかり者な一面を見せていたいと思っています。
みんなの前ではしっかりしているのに、ふたりきりのときはかわいらしくなるため、ギャップにもえる人は多いようです。

犬系男子が好きな女性のタイプ



犬系男子が好きな女性のタイプ

犬系男子はどのような女性に惹かれるのでしょうか。
ここでは、犬系男子の恋愛傾向を基に、好きな女性のタイプをまとめました!

包容力があり、甘えさせてくれる


犬系男子は、自分を立てて頼ってくれる一方で、ふたりのときは甘えさせてくれる人に惹かれます。ただ彼の言うことを聞く「尽くす人」が好きなのではなく、ちょうどよい距離で彼を優しく見守り、必要なときには愛情を注いでくれる「包容力のある人」が好みといえるでしょう。

アクティブで社交的


休みの日は恋人と行動をしたい、犬系男子。彼のやってみたいことを恋人も一緒に楽しんでくれることを望んでいます。フットワークが軽く、いろいろなことに挑戦できる、アクティブな女性は相性がいいです。
また、犬系男子は友人との付き合いも多いため、苦もなく彼の友人とも交流できる社交的な女性がいいといえます。

喜び上手で褒め上手


犬系男子は、褒められると伸びるタイプ。ささいなことでも、何かをしてもらったときに、「ありがとう!」「嬉しい、さすがだね!」と笑顔で素直に喜びや感謝の気持ちを伝えてくれる人に惹かれます。
彼に直してほしいところがあっても、褒め上手な女性であれば、相手を嫌な気持ちにさせずに良い方向へ持っていくことができます。
犬系男子は、相手が本当に喜ぶことをしたいと思っているので、どうしてくれたら嬉しいのかを、しっかり言葉で伝えられる人がいいでしょう。

芯があり、自立している


犬が一貫した態度を取る飼い主により信頼を寄せるように、犬系男子は自分の意見がしっかりとあり、自立した精神を持った女性に惹かれます。
恋人には甘えたい、常に一緒にいたいと思う犬系男子ですが、どんなに夢中になっても、相手から依存されるのは好きではありません。
また、興味の幅が広く、いろいろなことをやりたくなるタイプなので、デートを任せすぎると、ぐだぐだになる場合も。
決断力があり、彼のリードをしっかりと握れる女性が尊敬されるでしょう。

犬系男子へのアプローチ方法



犬系男子へのアプローチ方法

「好きな人が犬系男子」「犬系男子を恋人にしたい!」という人必見。
効果的なアプローチ法をご紹介します!

とにかく褒める


褒められると誰もが悪い気はしませんが、犬系男子の場合は特に効果的。
「こないだのプレゼン、分かりやすくてさすがだったね!」「今日の格好、すごくかっこいいね!」など、ささいなことでもストレートな表現で褒めてみましょう。照れながらもあなたに対し心を開き、好意を抱くきっかけになる可能性があります。

相談事には基本1対1で乗る


ふたりきりのときは甘えさせてくれる、包容力のある人に安心する犬系男子。
相談事に乗る機会があれば、1対1で真剣に話を聞いてあげましょう。
「この人の前ではかっこ悪いところや甘える姿を見せても大丈夫」と思ってもらえることが、大切です。

相手を頼っている姿を見せる


頼られると使命感を抱く、犬系男子。
「一瞬、かばんを持っていて」「高い所の物を取って」など、小さなお願い事をして、彼が叶えてくれたら全力で喜ぶようにしましょう。頼っている姿を見せることで、犬系男子に特別感を与えられます。
相談事をするのも効果的。その際、「〇〇くんにしかお願いできないんだけど…」「○○くんにしか言えないんだけど……」とひと言添えることもポイントです。

相性の良さをアピール


犬系男子は、恋人と常に一緒に行動して楽しみを共有したいタイプです。共通の趣味や関心事があれば、積極的に話題を振り、相性の良さをアピールしましょう。
一緒に出掛けるなど、何かを楽しんでいるときは「○○君がいると、なんかすごく楽しいな」など好意をストレートに伝えると、素直な性格の犬系男子は一気にあなたを意識するようになります。

犬系男子と上手に付き合うコツ



犬系男子と上手に付き合うコツ

晴れて犬系男子と恋人になれた場合、どんなことに注意しながら交際をすればいいのでしょうか。
犬系男子と上手に付き合うためのポイントをまとめました!

あるがままの彼を受け入れる


犬系男子は、裏表のない素直な性格をしているため、喜怒哀楽も豊かです。
気分の波は少ないですが、落ち込むときは分かりやすく落ち込みます。
彼のポジティブな姿だけでなく、ネガティブな姿も含めて受け入れてあげましょう。「あるがままを受け入れてくれる人」として、あなたは彼にとってより大切な存在になります。

頼る、褒めるを繰り返す


犬系男子は、頼られ、感謝されることで使命感が満たされ、心地よい気分でいられます。
デートでは、彼にある程度選択権を与えるなど、頼る姿勢を見せるようにしましょう。
そして、ささいなことでも「ありがとう!」「嬉しい!」などストレートに感謝や喜びなどの反応を見せることが大切です。そうすることで、犬系男子は恋人をより楽しませたい、喜ばせたいと感じ、ポジティブな関係を築くことができます。

相手を否定しない


犬系男子と何かいい争いになったとき、「あなたのそういうところが嫌い」「なんでこんなこともちゃんとやってくれないの?」など、否定する言葉は禁物。
好きな人から自分を否定されると一気に落ち込んでしまい、それをきっかけに気持ちが離れてしまう可能性があります。
何か話し合いをする必要があるときは、冷静な態度で、「次は、こうしてもらえると嬉しい」など肯定的な言葉に置き換えて伝えるよう心掛けましょう。

十分に愛情を表現する


犬系男子は寂しいことが苦手。恋人には真っすぐな愛情を注ぎますが、自分自身も「恋人から愛されている」と常に感じたいタイプです。
そのため、ちゃんと構ってもらえないと、すぐに不安を感じてしまいます。
連絡はマメに取ったり、一緒にいるときはスキンシップを多めにしたり、愛情をストレートな言葉で伝えたりなど、十分に愛情を注ぎましょう。

外では立てる


ふたりのときは甘えん坊な犬系男子ですが、外では「しっかり者だと思われたい」と感じているところがあります。
プライドが高い一面があるので、友人の前では甘えキャラを内緒にして、あえて頼ったり、褒めたりするなど、外では立てることがポイント。そうすれば彼にとっては、あなたは信用のおける大事な存在となるでしょう。

犬系男子と幸せな関係を築こう!



犬系男子と幸せな関係を築こう!

素直な性格で好きな人に誠実な、犬系男子。
恋人になったら、惜しみない愛情を注いでくれるため、幸せな関係を築くことができるでしょう。
好きな男性が犬系男子の特徴に当てはまる場合は、ぜひ参考にしてみてください!

取材・文/おかゆ

【監修】
山本のぞみさん
婚活スタイリスト 
120日で自分が大好きになって運命の彼から一生愛される私になる、『婚活スクールLove style』を主宰

ブログ:https://ameblo.jp/nomalo-n/
Instagram:https://www.instagram.com/nozomi_yamamoto888
Twitter: https://twitter.com/nozomi_konkatu