長引く同居、結婚につなぐにはどうしたらいい?

2019/2/19 11:00

結婚する前に同居したほうがいい?

結婚する前に同居したほうがいい?

お付き合いしている彼と同居していると、いつ結婚するのか、そのタイミングを計るのって意外と難しそう。
そこで今回は、同居経験のある20〜30代の男女の本音と、結婚へと彼の気持ちを引っ張るコツやノウハウをご紹介します。

結婚前の同居が長引くと婚期を逃す?



20〜30代の女性にアンケートをとってみたところ、73%が「同居期間が長引くと婚期を逃す」と思っているようです。その理由を聞いてみると、こんな本音が寄せられました。

●「わざわざ結婚しなくても同居中の関係の方が縛りもなし、お試し期間みたいな感じで楽だと思ってしまいそう」(25歳)
●「結婚してもしなくても生活スタイルが変わらないので、婚姻届の提出のきっかけがつかみにくい」(33歳)
●「結婚前提の同居でない場合、別れる選択がしづらく、ダラダラ付き合い続けてしまった経験があるため」(32歳)
●「一緒にいるのが当たり前になってプロポーズのタイミングを逃しそう。別々に住んでた方が、この人ともっと一緒にいたい!と思ったときに結婚を考えやすい」(32歳)
●「ワクワク感などがなくなってしまい、お互いの嫌な部分も見えてしまうため」(28歳)


そこで、結婚カウンセラーの佐竹悦子さんに結婚前の同居はした方がいいのか聞いてみました。

「結婚する前に同居をした方が、相手のいろんなことがわかるというメリットもありますが、結婚相談所では基本的には結婚が確定しないお相手との同居は反対しています。やはり不確かなところがありますし、長引いてしまって最初の勢いがなくなったり、何かあったら結婚に進めなくなることもあります。どうしても結婚前から一緒に暮らしたいというカップルには、できれば半年、長くても1年という期間を決めてもらい、親にちゃんとあいさつして結婚式会場を予約してしまうことをお勧めしています」



確かに結婚を前提とした同居でないと、長引いてしまったときに結婚に踏み切るタイミングや相手に決心をさせることなど大変そうですよね。

同居相手に結婚を決意させるのはどうしたらいい?



同居が長引くとなかなか結婚できないと悩む女性も少なくないのではないでしょうか。そこでアンケートでは「彼に結婚を決意させるためにしたこと」についても聞いてみました。

●「結婚式場見学に行くことではないでしょうか。試食できるらしいしデートで行ってみない?と提案」(27歳)
●「結婚についてどう考えているか直接確認する。大切なことをお互いに真剣に話し合えないような仲なら結婚できても続かないと思う」(25歳)
●「決意させられなかったので、彼が決意するのを待ちきれず両家の親に自分から顔合わせを行うと連絡を入れた」(28歳)
●「同居終了のきっかけは夫の転勤でしたが、遠距離の際に結婚するかしないのか決断を迫りました。見事、プロポーズしてもらえることになりました」(30歳)
●「毎日お弁当を作ってあげた。お弁当を会社に持っていくと周りから結婚のことをよく聞かれて意識するようになったみたいです」(23歳)

長引く同居から結婚を決意した男性の声もご紹介します!

●「生活リズムが合うのでストレスがなかった」(29歳)
●「一緒に暮らしていて楽しく、結婚しても楽しくやっていけそうだったから」(28歳)
●「ずっと一緒にいて楽だと思ったから」(28歳)
●「この子しかいないとより強く思えたから」(27歳)

最後に、佐竹さんに同居が長引くとなかなか結婚できないと悩む女性に向けて、彼に結婚を決意させるコツを教えてもらいました。

「男性のなかには、家事をしてくれたり、甲斐甲斐しく面倒を見てくれる女性と一緒に暮らすことで結婚が面倒くさくなり、できれば結婚せずにこのままのほうが楽でいいとずるずると続けてしまう人も少なくありません。子どもができたり、家族が病気になったなどと予期しないタイミングが来ることもありますが、やはり自分で『ずっと一緒にいたいので、腹を割ってきちんと結婚について話そう』などと、伝えることが大事です。はっきり伝えることで相手の本心が見えてきます」

佐竹さんいわく、親に協力してもらって「娘といつ結婚するの?」と聞いてもらったりするのも効果てきめんなのだとか。アンケートでも親に紹介したり、相手の両親と仲良くなってしまうという方もたくさんいました。ダラダラするより、早く白黒つけて次に進めるほうが建設的でいいかもですね(笑)。(宮 みゆき)


【取材協力】
30代40代特化の結婚相談所インフィニ 代表取締役 佐竹悦子さん
株式会社インフィニ  結婚相談所インフィニ青山結婚予備校 代表取締役。結婚相談所と、
婚活をサポートする“結婚予備校”を経営。自身も結婚カウンセラーとして4000人以上の結
婚相談を受け、多数のカップルを成婚・再婚に導いてきた。新聞、テレビに多数出演し、海外のテレビ局から日本の結婚事情について取材を受けている。

【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート「長引く同棲」について
調査期間:2018/12/6〜12/20
有効回答数:127人(女性)


・ご自身に関するアンケート 2018/12/4〜12/5実施
有効回答数:312人(男性)
(インターネットによる20〜30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)