88%がチョコ派!イマドキのバレンタイン事情

2019/2/13 11:00

バレンタインに本命の女性からもらってうれしいものは?

バレンタインに本命の女性からもらってうれしいものは?

2月14日はバレンタインデイ。あなたはチョコ派ですか?それともプレゼント派?彼や夫にチョコをあげる場合、やはり義理チョコとは値段の差があるのかしら?そもそもバレンタインにかける予算はどれくらい?世の中のバレンタイン事情はどうなの?気になることをまるっとアンケートで聞いてみました。


バレンタインに彼や夫にチョコをあげる女性は88%!



まず、20〜30代の女性に「次のバレンタインに本命の彼や夫にあげるのは、チョコレートですか?それともプレゼントですか?」と質問。すると、「チョコレートのみ(手作り含む)」(57%)、「チョコレートとプレゼント」(31%)、「手作り料理」(6%)、「あげない」(3%)、「プレゼントのみ」(3%)という結果に。やっぱりバレンタインはチョコが強い。プレゼントも一緒にあげる人も含めると、88%の女性が彼か夫にチョコを渡すということに。

そのチョコをあげると答えた88%の人に、本命チョコレートの予算も聞いてみると、

1位:「1000〜3000円未満」(59%)
2位:「3000〜5000円未満」(20%)
3位:「1000円未満」(17%)
4位:「5000〜7000円未満」(4%) 

半分以上が手頃な「1000〜3000円未満」ということは、本命の彼や夫といえども、そんなにチョコにお金はかけないということですかね。むしろ、近い存在だからこそ、お金をかけないのか……。そこのところは不明ですが、本命にあげるチョコにはそこまでお金をかけないことが分かりました。どこで、チョコを選ぶかも聞いてみると、



1位:「手作りチョコレート」(39%)
2位:「百貨店を回って目についたもの」(35%)
3位:「お気に入りのブランド」(12%)
4位:「彼や夫が好きなブランド」(5%)
4位:「低カロリーとか、お酒入りとか、彼や夫の好みで」(5%)

「手作りチョコレート」がトップ。皆さん、意外と手作りのチョコを贈るんですね。手作りチョコの方が、愛がこもっているので、相手が喜ぶから?それとも低予算で作れるから?ちなみに、「義理チョコと値段の差はありますか?」と質問してみると、89%の女性が「ある」と回答。やはり、本命と義理との値段の差はあるようですね(笑)。

チョコと一緒にあげる人も多かったプレゼント。本命へあげるプレゼントの予算はチョコと比べてどうなのでしょうか。プレゼントの予算を聞くと、

1位:「1000〜3000円未満」(33%)
2位:「3000〜5000円未満」(25%)
3位:「1000円未満」(21%)
4位:「9000〜2万円未満」(4%)
5位:「5000〜7000円未満」(6%)

1〜3位の予算は、チョコと全く同じでしたが、4位には「9000〜2万円未満」がランクイン。「7000円以上」が全くいなかったチョコに対して、プレゼントはリッチですね。何を贈るかも聞いてみると、洋服やネクタイなどのファッションアイテム、アクセサリーや手袋、マフラーなどのファッション小物、財布やコインケースなどの小物など、身に着けるものが多いよう。プレゼントの予算が「3万円以上」という人が1%いたので、あげるアイテムを見ると納得ですね。それにしても太っ腹!


バレンタインにもらうのはチョコよりプレゼントの方がいい!?



ところで、男性側はどう思っているのでしょうか。男性がドキドキする日、バレンタインに本命の女性からもらってうれしいものは何でしょう。20〜30代の男性に聞いてみると、「プレゼント(チョコレートを除く)」(48%)、「チョコレート」(46%)、「その他」(7%)でした。僅差(きんさ)でしたがなんと、チョコレート以外のプレゼントの方がうれしいという男性の方が多い。甘いものが苦手だから?チョコは食べたらなくなるから?理由は謎ですが、男性は本命の女性からプレゼントをもらう方がうれしいみたい。

バレンタインにもらうのはプレゼントがうれしいという男性に、どんなプレゼントがいいか聞くと、

●「実用品で使えるもの」(34歳)
●「自分の趣味関連のものなどハズレがないものがよい」(34歳)
●「指輪や財布やバッグなど形に残るものがよい」(38歳)
●「名前入りのボールペン」(33歳)
●「マフラーなど生活で使うもの」(29歳)
●「カード入れや名刺入れなど携帯できるもの」(27歳)

中には、「心がこもっていれば何でも」(29歳)、「自分のために選んでくれたのであれば何でもよい」(29歳)といったステキな回答もありましたが、多くは日常で使えるものや普段身に着けるものといった内容が多数。「おそろいの小物など」(33歳)、「ペアのグッズ」(28歳)なんてものも。プレゼントを考え中の女性は参考になりますね。

やっぱりバレンタインはチョコ派という46%の男性に、どんなチョコがいいか質問。

●「それなりの大きさと高価さがあり、適当でないこと」(32%)
●「一般的な手作りチョコ」(29歳)
●「ゴディバなど普段食べない高級チョコ」(37歳)
●「手作りガトーショコラ」(27歳)
●「形がおしゃれなチョコレート。カカオがたくさん入っているもの」(37歳)
●「お酒の入ったビターなチョコ」(29歳)

手作りチョコが良いという回答も多く、普段食べられない高級チョコなんて声もありましたが、一番多かったのは「心をこめてプレゼントしてくれるなら、どんなチョコレートでもうれしい」(32歳)、「選んでくれただけでいい」(29歳)、「なんでもうれしい」(29歳)という回答でした。何でもうれしいという内容が、プレゼントよりチョコの方が断然多く、男性側も王道のバレンタインを楽しんでいるのかもしれませんね。


贈るものや予算などのバレンタイン事情は、あげる側の女性にとっては気になるところ。特に男性の意見については、参考になったのでは?思い出に残る素敵なバレンタインを迎えるためにも、二人の関係を前進させるためにも、はたまたホワイトデーのお返しのためにも…。男性が喜ぶ贈り物をしたいですね。(坂田 圭永)




【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「におわせ男子/バレンタインの予算」について
調査期間:2018/11/22〜12/6
有効回答数:172人(女性)


・生活に関するアンケート 2018/12/4〜12/5実施
有効回答数:312人(男性)
(インターネットによる20〜30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)