招待されたけど行きたくない…そんな結婚式って?

2018/2/16 11:00

迷った末出席し「行ってよかった」も多数!

迷った末出席し「行ってよかった」も多数!

結婚式はおめでたいもの。お祝いには是が非でも駆け付ける〜なんてイメージもありますが、中にはそうでないこともあるよう。そこで、招待された結婚式に「行きたくない」と思ったことがあるか、20〜30代の女性に本音を直撃してみました!すると、49%もの人が「行きたくないと思ったことがある」という結果に。想像以上に多くてびっくりしましたが、その理由って?

行きたくない理由は“人数合わせ?”が断トツ



●「式の直前に声を掛けられた。人数合わせなのがバレバレ」(29歳)
●「不倫の末の結婚。しかも元嫁も今嫁も両方友達」(30歳)
●「ずっと会っていない友人の結婚式で、知り合いが1人もいなかった」(30歳)
●「結婚式3日前に急に声を掛けられた。明らかに人数補填(ほてん)だったのに『招待状送ったのに返事なかったから』とうそを言われた」(29歳)
●「他に全く知り合いがいないのに、余興で知らない相手と歌を歌うように言われた」(36歳)
●「あまり仲良くない友人の結婚式。お車代の出ない遠方の結婚式」(32歳)

お祝い事だからとはいえ、出席をためらう気持ちも納得の理由がずらり。祝福したい気持ちがあったとしても、誘われ方や相手との関係性によっては、気持ちよく出席できないこともありますよね…。では、そんな“行きたくない”結婚式、最終的には出席したの?

迷った末の出席、「行ってよかった」が多数



こちらも聞いてみると、「出席した」と答えた人は47%。わずかに半数には及ばなかったものの、実際に出席した感想も聞くと、82%の人が「よかった」もしくは「ふつう」と答える結果に。

●「きれいな花嫁姿を見られて嬉しかったし、久しぶりに会う同級生とも話ができた」(25歳)
●「人数合わせと思ったけれど、挙式自体は素敵で、楽しめたのでよかった」(37歳)
●「親やゲストへの感謝の気持ちが詰まった式だったので、逆に行ってよかったと思った」(24歳)

行く前のモヤモヤも、結婚式の幸せムードで一転するのかもしれませんね。もちろん中には

●「アウェー過ぎて新婦と話もできず、写真も撮れなかった」(33歳)
●「思い入れがない分、感動もしなかった」(33歳)
●「気持ちが乗りきれなかった。幸せそうな姿を見られたことはよかったけど、疲れてしまった」(39歳)

など、後悔を感じさせる声もありますが、今後もお付き合いを継続させていきたいと思う相手ならば、後々の関係性も考え、“迷うなら出席”が無難かも!?

欠席の申し出、スマートにするなら打診段階で



ちなみに、最初から欠席を選択した人の大半は、「LINEが来たのでその日は前から他の結婚式が決まっていて…と伝えた」(32歳)、「仕事の関係で行けない可能性が高いと伝えた」(23歳)など、正式な招待状が送られる前の打診段階でお断りの返事をしているよう。

人数合わせだと感じさせてしまうような急な誘いや相手を不快にする招待の仕方など、招待する側が気を付けなければならないこともありそうですね。せっかくの晴れの舞台には、気持ちよく心地よく感じるような注意も必要。気が進まないお誘いでも、出欠どちらかにかかわらず、期日を過ぎての返信やドタキャンはご法度なので、きちんとマナーを守った返信を心掛けましょう!(清川睦子/verb)


【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「初デートで注意したいこと、結婚式、二次会でドン引き」について
調査期間:2017/11/17〜12/1
有効回答数:142人(女性)