カワイイ!と思わせるヤキモチの焼き方とは?

2010/8/23 11:00

同じ“ヤキモチ”でも大違い!

同じ“ヤキモチ”でも大違い!

いくらラブラブのカップルでも、彼氏がほかの女の子と会ってたり、メールをしてたりすれば、ヤキモチを焼くこともありますよね。でも、その都度爆発させていると「怒りっぽい」と思われちゃうし、ためこみ過ぎると感情が高ぶって号泣しちゃったりして…ヤキモチって、結構厄介!みんな、ヤキモチを焼いて後悔しちゃったことってないのかな?

そこで、20〜30代の女性にヤキモチに関するアンケートを実施。「ヤキモチを焼いて自己嫌悪に陥ったことがありますか?」と質問してみました。すると、57%の人が「ある」と回答。自己嫌悪に陥った理由も聞いてみると…

●「いま現在のことでヤキモチを焼いていたはずなのに、感情に任せて過去のことまでアレコレ言ってしまった時は本当に大後悔」(23歳)
●「大人なのにみっともない!と自分に怒りつつ、器の小ささを実感して自己嫌悪です」(24歳)
●「ヤキモチを焼けば焼くほど、彼を信用していないようでイヤになる」(25歳)

など、皆さん、自分のヤキモチとの付き合い方には、かなり苦労している様子。さらに、「ヤキモチが原因で彼とケンカになったことはありますか?」とも質問したところ、34%の人が「ある」と回答。ヤキモチを焼くきっかけのほとんどは些細なことなのに、ケンカにまで発展しちゃうなんて嫌ですよね。でも、何も伝えないで、モヤモヤしたままでいるのも辛いし…。どうすればヤキモチとうまく付き合っていけるの?恋愛研究者・ANNAさんに聞いてみました!

「恋愛とヤキモチは切っても切れない関係。でもヤキモチって、究極的には『彼を自分の思い通りにしたい』という女の子のエゴなのです。付き合っているからといって、『彼の時間も心も独占して当然』と思うのは大間違い。『自分と彼は別々の人生を生きていて、それぞれ “楽しい” と思うことは違う』ということを理解しましょう。例えば、ほかの女の子とメールをするのも、彼の立場になってみれば“楽しいこと” なのかもしれません。それを『彼女だから』という理由で奪うのはおかしいですよね。このように考えることができれば、彼にとって負担になるヤキモチは、自然と焼かなくなりますよ」

エゴかぁ…ちょっとグサッとくるお言葉ですね(苦笑)。では、彼の負担になる“よくないヤキモチの焼き方”ってどんなもの?

「同じことを何度も言うのはダメ。『またその話か』と彼をうんざりさせてしまいます。我慢に我慢を重ねた結果、泣くのもダメ。ヤキモチが重すぎて、彼は逃げ出したくなるはずです。また、『どう思ってるの!?』と何度も問い詰める、怒る、責める、要求する、命令する、などもダメ。彼があなたを怖がってしまいますよ。もちろん、ヤキモチのあまり『会っていい女の子は、私の知っている人だけ』など、いろいろなルールを押し付けるのもNGです」

NGなやきもちの焼き方って、たくさんあるんですね。でも、ANNAさん曰く「ヤキモチも1年に1回程度なら恋愛のスパイスになる」とのこと!え〜っ!!ヤキモチにそんな効果があるの!?ぜひとも極意を教えてください。

「ヤキモチを焼いている気持ちを伝える時は、『好きなあまり妬いちゃう』ということが伝わるように工夫しましょう。例えば彼が女の子とメールしている時に、笑って『携帯なんてこの世からなくなればいいのに』と言ってみたり、『明日、あなたと会える◯◯ちゃんが羨ましいよ』と言ったりするのはOK。自分に対する“好き”という感情が伝わってくるので、彼もまんざらではない気持ちになるはず。クールでマイペースを通している女の子なら、彼に『カワイイ!』と思わせることもできるかも。また、伝えるタイミングも大切。彼のことを本当に怒っている時に伝えようとすると、険悪なムードになるのでNG。ヤキモチは、軽いノリで言える心理状態になってから伝えること!そうでないと彼も怖がって、話の内容をちゃんと聞いてくれませんよ」
 
なるほど。あくまでヤキモチはたま〜に焼くものなのですね。普段は余裕な雰囲気を醸し出している女性がたまに焼くからこそ、「ギャップがあってカワイイ」と思わせることができるんですね。まずは、小さなことでイライラ&ピリピリしないように気をつけることから、はじめてみましょう!(大高 志帆/verb)

【取材協力】
ANNAさん
キャバクラやクラブなど水商売の経験を通して、5000人以上の男性と会話。現在は恋愛研究家として各種メディアで活動。『大好きな人が振り向いてくれる本』『どうしても忘れられない彼ともう一度つきあう方法』などの著書がある。
ANNAさん公式ブログhttp://ameblo.jp/saname/

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「恋愛について」
調査期間/2010/7/15〜7/20
有効回答数/123人(女性)