“人生設計完ぺき”な大人の女性なら、年下男性を狙うべき!?

芸能界では大ブーム!?30代女性の“年下婚”

3歳年下の人気劇作家の長塚圭史さんと結婚した常盤貴子さんに始まり、年下の会社員と結婚した梨花さん、そして11歳年下の写真家とゴールインした坂井真紀さん…と、2009年は年下婚を発表する芸能人が続出。芸能界では年下婚ブームのようだけど、世の中的にはどうなの?
ということで、既婚女性に緊急アンケート!すると、年下男性と結婚もしくは婚約している人がナ、ナント49%とほぼ半数。どうやら芸能界だけの話じゃないみたい!でも、年下婚って何がいいの?専門家の方に聞いてみました。

「『こういうふうに生きたい』という人生の設計図が完成している大人の女性にとっては、年下の男性は魅力的。年下の男性は人生経験が少ないため、なにかと女性に合わせてくれるケースが多いのです。それは、人生設計にも言えますね。そのため、女性側が主導権を握りやすいので、生活面でのこだわりが強い女性にも、年下婚はとてもオススメです。

また、夜の生活でもメリットが(笑)。一般的に女性は30歳をすぎると、性の感度がよくなり性欲が高まるといわれています。30歳を過ぎても年下の男性であれば体力もあるし、性欲もまだまだ衰えていない。回数の相性が合うのは大事なことなのです!」(恋愛コンサルタント・橘つぐみさん)

やさしくて素直、夜の生活も充実するのが年下婚のメリットと判明。では、実際に年下婚をしている花嫁に、年下男性を選んでよかったところを聞いてみると…。ラブラブな回答がズラリ!

●「年下の彼といると、私も若作りしなきゃ!と美容やファッションに気を使い、結果、お肌の調子などは良くなった気がします」(36歳)
●「甘えられると母性本能をくすぐられ、頑張っている姿を見ると微笑ましい。自分も若くいられるし、努力の気持ちも忘れない。休日なども積極的に出掛けるなど、アクティブな生活を送ってます」(35歳)
●「上から物を言われるのが嫌いなので、年下の夫ならそんな心配はない」(29歳)
●「どんなことに対しても私のやりたいことを優先できる。『これでいいよね?』とたいていのことは、私の思うように決めています。家事や掃除、買い物の面など、自分が優位に立てるのは便利で楽ちん」(30歳)

また、橘つぐみさんのご指摘どおり、「夜の生活に魅力を感じている!」と答える花嫁も多数発見!

●「とにかく元気があるので、仕事漬けで久しぶりの休みだったとしても、しっかり愛のあるエッチをしてくれる」(31歳)
●「友達がセックスレスで悩むなか、うちはダンナの性欲が全く衰えていないので、週に数回ラブラブな時間を過ごしています!」(34歳)

などなど、まさにセキララに答えてくれました!今まで「結婚するなら、年上じゃなきゃ!」って思ってたけど、案外食わず嫌いなだけだったのかも(笑)
(平田 桃子/verb)

【取材協力】
橘つぐみさん
つぐみ恋愛相談所代表。著書に『野性の勘で恋せよ乙女!』(講談社)、『最終彼氏の見つけ方』(大和出版)などがある。

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「年下婚と夫婦仲について」
調査期間/2009/12/02〜12/07
有効回答数/268人(女性)