【夢占い】怖い夢18パターン! 怖い夢からのメッセージとは?

「死んでしまう夢を見た」とか、「夢で追い掛けられて怖かった」とか、「溺れる夢を見て苦しかった」などなど、怖い夢を見て「夢で良かった」と思った経験は誰にでもあるはず。

これは何か悪いことの前触れ? それとも、夢を見た人に何かを伝えようとしているの? この「怖い夢」は一体何を意味しているのでしょうか。

今回は、占術研究家のマリィ・プリマヴェラさんに、怖い夢が暗示することについて、どんな意味があるのか聞いてみました。

「怖い夢」を見る意味とは?



「怖い夢」を見る意味とは?

怖い夢を見る原因は、実際に体感していることと、心理的なことの2つが考えられます。体感しているとは、布団が体に巻き付いているとか、猫が胸の上に乗っているとか、隣で寝ている彼が覆いかぶさっているといった、現実的に苦しいと感じているときに怖い夢を見やすいといわれています。

心理的なことは、仕事や人間関係、恋愛などで心理的ストレスがかかっているときです。大きな仕事を抱えていたり、人間関係がうまくいってなかったりと、プレッシャーや悩み、不安など、何らかのストレスが怖い夢となって出てくるのでしょう。

また、心理的な原因として、自分が調子に乗りすぎているときも怖い夢を見るといわれています。親に甘えすぎていたり、恋人に軽率な態度を取っていたりと、楽な状況にあぐらをかいている状態のときに、「調子に乗るんじゃないよ」と怖い夢が戒める形で出てくるケースもあります。

パターン別! 「怖い夢」からのメッセージ



パターン別! 「怖い夢」からのメッセージ

1.幽霊やゾンビが出てくる夢


幽霊とゾンビというのは、空想と現実のはざまにいるもの。ですので、思いがけない出会いがある。それによって、新しい世界に足を踏み入れることになるということを暗示しています。

幽霊やゾンビを見て怖いと感じるのは、新しい世界に行く用意はできているけれど、その変化を受け入れる心が準備できていないから。この夢を見るのは、運気は上がっているけどメンタルがそれに付いていけていない状態。すなわち、自分が変化をするときに見ることが多いようです。

2.事故に遭う夢


自分自身に対する罰。何か後ろめたいことをしていて、それを自分でも分かっているので、自分で責めているときに見やすい夢です。「自分の至らないところや後ろめたいことを自覚しなさい」というメッセージです。

ただし、事故に遭って血が流れていたら、血は生命エネルギーそのものを表すので良い夢です。夢の中に血が出てくると、幸運になるといわれています。

交通事故だったら、不安や焦りを感じています。「焦らずに心を落ち着けなさい」、「冷静に対処しなさい」というメッセージだと思ってください。

3.殺す、殺される夢


煩わしいものと決別する、事態の好転という、ラッキーな吉夢(きちむ)です。

殺す夢は自分が殺すわけだから、自分が努力をして付きを呼び込むということ。殺される夢は、他人から何かをされるということなので、他人から幸運が舞い込んでくるということなのだとか。

この夢を見たときは、かなり強いストレスにさらされていますが、気力はあるので、悩みやトラブルは解決する可能性が高いでしょう。

4.(自分が)死ぬ夢


古い自分を葬り去って、新しい自分に生まれ変わるということの象徴です。事故でも病気でも、死ぬ夢は良い夢です。

もし問題を抱えているなら解決策は見つかるだろうし、仕事が立て込んでいたら苦しい状況から救われるという暗示です。

5.自殺する夢


自殺とは自分を殺すことなので、新しい自分に生まれ変わることを意味します。ただし、夢を見たときは感情を押さえ付けていて、すごく苦しい状態です。

その押さえているものを取り外せば、一気に新しい世界が開けていくでしょう。積極的に新しい世界に足を踏み入れようと前向きな気持ちが見えます。

夢の中で自殺しても死に切れなかった場合は、今の状態を捨てることに未練があることを表しています。今の状態を思い切って捨てれば新しい世界が開けるのに、必死にそこにしがみついている状態です。

他人が自殺する場合は、その人を社会的に抹殺したいという意味があります。それほど人間関係に苦しんでいる、つらい気持ちが潜んでいる状況と考えられます。



6.追い掛けられる夢


精神的に追い詰められているから追い掛けられる、夢そのままの意味です。行き詰まりや焦りを感じています。

追い掛けられながらも逃げ切ることができたら、目の前に新しい世界が広がっているので、思い切って踏み出してみてください。捕まった場合は、「自分の目の前にある障害やトラブルに正面から立ち向かいなさい」というメッセージです。

7.閉じ込められる夢


心の中にある衝動が大きくなってきて、それを押さえ付けなきゃいけないと思っているときに、この夢を見ることが多いです。自分の気持ちを押さえ込んでいる状態なので、これもストレスの一種といえますね。

例えば夢の中で職場に閉じ込められたら仕事にストレスを感じていて、仕事を投げ出したい気持ちなのでしょう。その気持ちをグッと抑えて、なんとか頑張っている状態です。

8.落ちる夢


精神的に不安定な若い年代に見ることが多い夢です。不安があったり、自分に対する自信がなかったりするときに見やすいので、年を重ねると見ることは少なくなる傾向があります。

空を飛んでいるときに落ちる夢は、理想を高く掲げすぎていて挫折してしまうことの予兆です。階段を踏み外す夢は、階段は一歩一歩目標を目指して上っていくものなので、目標を見誤っているとか、やり方が間違っているという意味になります。

9.襲われる夢


秘密がばれるんじゃないかとか、恋人とうまくいかないんじゃないかといった不安な気持ちが、夢となって出てきています。

特に、知っている人に襲われる夢は、その人物に対してプレッシャーを感じているケースが多いです。恋人から襲われる夢を見た場合は、セックスに関して不安や恐れを感じている可能性もあります。

10.溺れる夢


すがるものがない、不安な状況にいることを伝えています。愛情に飢えていて、精神的に寂しい、不安な状態です。

助かることができれば、苦しい不安な状況から抜け出せて、安定が訪れる予兆でしょう。溺れて死んだ場合は、不安定な状況から生まれ変わるということ。溺れて死んでしまうケースも、良い夢になります。

溺れていつまでも苦しんでいる場合は、かなり切羽詰まった状態です。「苦しくてつらくても、問題を解決するためにきちんと立ち向かいなさい」というメッセージです。



11.刺される夢


今まで引きずってきた問題が解決して、新しい世界が開けていくという良い夢です。刺されるのが刃物の場合は、周りの状況が変わることで直面している問題が解決していく、今後の展望が開ける可能性があると暗示しています。

女性にとって夢に刃物が出てくることは、性的な欲望のシンボルと捉えることができます。刃物で刺される夢というのは、セクシュアルな願望が高まっている、男性を求めているということですね。

12.ストーカーをされる夢


他人からどう思われているかとか、恋人とのこのまま付き合っていいのかなど、人間関係に関わる不安や恐れを表しています。異性のストーカーだった場合は恋愛関係に関わること、同性だった場合は将来への不安を意味しているケースが多いです。

知っている程度の知人がストーカーの場合は、元気なイメージや知的な雰囲気など、その人の特徴的な部分を表す場合があります。例えば、ストーカーとして出てきた知人がとても元気な人だったら、そのエネルギーに対する不安や脅威を感じているということになります。

知人よりも親しい友人がストーカーの場合は、その人が自分の代役として出てくる可能性もあります。つまり、友人が自分の代わりなので、将来の自分への不安があるということですね。

13.戦争する夢


戦争は理性と感情のせめぎ合いなので、戦っている夢を見たときは、頭で考えていることと心で思うこと、こうなりたいと願う理想と現実といった、自分の中で何か戦いが起こっているのかもしれません。

戦争に巻き込まれる夢は、いや応なしに自分の周りが変化していくことを表しています。自分で考えている以上に、心の中の葛藤が大きいと思います。

夢の中で戦争に行かなきゃいけない場合は、困難を乗り越えるだけのパワーを持っているということ。それだけ力があるので、葛藤を抱えていても困難は解決できると暗示しています。

14.津波の夢


津波の夢は、生活が激変したり、精神的な変化があったりと、物事が一変することを表しています。現状が良くない人は良い変化があり、反対に良い状況の人は悪い方向に変わることが多いでしょう。

15.地震の夢


地震の夢を見るときは自分のエネルギーがたまりにたまっている状態です。このエネルギーによって、爆発したり、破裂したりして、状況が一変します。これも、今が悪い状況なら良い状態に、今が幸せなら不幸な状況になる傾向が多いです。

16.火事の夢


勢いよく炎が燃えている火事は良い夢です。火は情熱や欲望といった激しい感情を表すものなので、感情をうまく発散できている状態といえるでしょう。

そして、火事の後はさら地にして新しい家が立つので、新しいものが生まれる復活や再生の意味があります。

煙がもくもくと出ていたり、煙がくすぶっているような夢は、同じ火事でもあまり良くない夢です。トラブルやストレスが待ち受けているという暗示かもしれません。

17.病気になる夢


嫌な現実や悩みから逃げたい、逃避願望の表れです。病気で亡くなった場合は、死ぬことは良い夢なので、嫌な現実から開放されるでしょう。

死ぬこともできず、病気でずっと苦しんでいる夢は、今の状況がつらいことを表しています。

18.殴られる夢


殴られることは、人間同士の感情と体が触れ合う、人と人との接触です。ですので、殴られる夢は人間関係が相手の力によって良くなっていくという意味を持つことが多いです。

上司に引き立てられて仕事が成功するとか、友達の助けで物事がうまく回りだすといった、他人によって幸運がもたらされるということ。この夢を見たときは、自信を持って積極的に行動するといいかもしれませんね。

「怖い夢」の暗示を受け取ろう!



「怖い夢」の暗示を受け取ろう!

怖い夢を見たときはどうすればいいのでしょうか。最後に、マリィさんにアドバイスを頂きました。

「自分の現状を客観的に捉えることです。不安や悩みを抱えているのかとか、その不安は何だろうとか、今の自分を分析してみてください。そうすれば、今やるべきことや、これからどうするべきかが見えてくるはず。怖い夢はストレス過多のときに見ることが多いので、自分がストレスを抱えていることを認識して、そのストレスにどう対処するかが大切だと思います」

怖い夢が示すメッセージを受け取って、今よりも良い未来へと進んでいけたらいいですね。

取材・文/坂田圭永

【監修】
マリィ・プリマヴェラさん
占術研究家、執筆家。西洋占星術から占いの世界に入り、雑誌や掲載サイトなどでの執筆活動のほか、鑑定やレクチャーも行っている。携帯各社公式サイト「スピリチュアル夢診断」、「運命のふたり」を配信中。神秘研究家、小泉茉莉花さんとの占いユニット「太陽と月の魔女」の活動も展開中。主な著書に、『夢占いキーワード辞典』(長岡書店)、『太陽と月の魔女カード』(ヴォイス)などがある。
公式サイト:http://www.marie-p.net/
Twitter:@mariepri