婚活アプリ・サイトで結婚相手を見つけるコツは?

2018/9/11 11:00

婚活アプリで結婚相手見つけてる人います!

婚活アプリで結婚相手見つけてる人います!

婚活アプリや婚活サイトを活用して、結婚するカップルが増えてきました。スマホやパソコンなどで、手軽に自分が求める条件や希望に合わせて探せる婚活アプリや婚活サイト。今回は婚活アプリ・サイトを利用したことがある20〜30代の女性の生声や、婚活アドバイザー桜井まり恵さんに聞いた、結婚相手を見つけるコツを紹介します!

婚活アプリ・サイトを使って結婚相手を見つけた人は38%



今回20〜30代の女性にアンケートを行い、婚活アプリや婚活サイトを使ったことがある人に出会いの結果を聞いてみたところ、「結婚相手が見つかった」人はなんと38%も!

「交際相手が見つかったが、結婚まではいかなかった」13%、「いい出会いはあったが、交際まで至らなかった」33%と、結婚まではいかなかったけど出会いはあったという人も多数いるようです。

婚活アドバイザーの桜井さんいわく、婚活アプリ・サイトを活用する人が増えた背景として、最近は職場を通じた出会いが少なくなっていることが挙げられそうです。

「終身雇用の崩壊や女性の社会進出などによって、仕事とプライベートを分けて考える人が増え、職場恋愛や上司・同僚からの紹介や合コンなどが、以前に比べて減っているようです。また、SNSの普及でインターネット上のつながりや、自分の情報をネット上に公開することに抵抗がなくなってきたことも、婚活アプリ・サイトの普及を後押ししていると思います」

結婚前提で話ができるから無駄な時間がない!?



婚活アプリ・サイトは手軽に登録できることもメリットですが、結婚を目的として登録する人がほとんどなので、婚活にかける時間を節約できるというメリットもありますね。

「はい、登録された情報で相手のプロフィールや好みもわかるし、やりとりもLINE感覚でメッセージ交換するだけと手軽です。やりとりしてみて『ちょっと違うな』と思ったら会わなければいいし、大前提として目的が『結婚したい』と思っている人たちなので、遊び目的の合コンやナンパとは違って、結婚の話を具体的に進めやすい。時間を無駄に過ごすことがありません。

最近は職場やサークルなどのコミュニティーの輪を恋愛で崩したくないと考える人も多く、面倒な人間関係を気にしなくていいから気が楽という人もいます。相手に面と向かって聞きにくい『年収』なども、登録された条件から絞り込むことができるというメリットもありますよ」

アンケートでも「職場での出会いがない」「効率的に条件に合う相手を探したい」「結婚を考えている人と会いたい」という回答が多く見られました。

●「結婚したいと考える男性と真剣に交際したかったから」(29歳)
●「結婚願望がある人と出会いたかったのと、仕事関係ではない出会いが良かったから。合コンや紹介だと効率が悪いと感じたから」(30歳)
●「職場で出会いがなく、効率的に出会えたらと思ったから」(34歳)
●「自分の理想の人を見つけやすいから、合コンよりも手軽だし他の人に気を使わなくていいから」(27歳)

理想の相手を選ぶ条件の絞り方はどうしたらいい?





アンケートでは、婚活アプリ・サイトでどんな相手を見つけたいのかも聞いてみました。一番多かったのは「性格の合う男性」、そして「趣味の合う男性」「顔が好みの男性」が続きました。

<婚活アプリで見つけたい男性は?>
1位:性格の合う男性(22%)
2位:趣味が合う男性(18%)
3位:顔が好みの男性(13%)
3位:金銭感覚の合う男性(13%)
5位:結婚願望が高い男性(8%)
5位:収入が高い男性(8%)
7位:身長が自分の理想の男性(7%)
7位:食事の好みが合う男性(7%)

ちなみに、登録された情報やプライベートで友達とワイワイしている写真や飲み会の写真を見ていると、相手の内面などがわかることが意外とあるのだとか。

さらに、自分と合いそうな相手を選ぶ条件の絞り方やコツも聞いてみました。

「先入観から入ってしまうと出会いの幅を狭めてしまうので、検索条件は絞りすぎないこと。コツとしては、たばこを吸う人はダメとか休みが合う人など、譲れない最低限の条件だけ決めることをお勧めします。また、相手のプロフィールに書いてあることはきちんと読んで、気になったことは覚えておいて、会ったときにいろいろ話してみましょう。ちゅうちょしても何も起きないし、待っていても何も起きません。まず第一歩は、ライトに動きましょう」

婚活アプリ・サイトで自分をアピールするには?





婚活アプリ・サイトでは、普段出会えないような相手と結婚した例も多いそうです。

「ある野球球団のファンの女性が婚活アプリに登録されていたのですが、検索で絞ったら同じ球団のファンの人がいたんですね。メッセージを送ってみたら地元も一緒で、意気投合して3カ月後には婚姻届を提出されました。職業も違うし、婚活アプリを使っていなかったら出会えていなかったと話されていました」

桜井さんいわく、この野球ファンの女性のように、自分が好きなことや自分の大切にしていることをプロフィールやアピール覧に書いて、積極的にアプローチしていった方が自分に合う相手との出会いの確率が上がるのだとか。

最初は照れくささなどからプロフィールを控えめに書いちゃう人も多いそうですが、どんどん自分から発信したり、アプローチしていった方がいい出会いがありそう! 婚活アプリ・サイトを活用する際は、ぜひ参考にしてくださいね。(宮 みゆき)


【取材協力】
桜井まり恵さん
リクルートマーケティングパートナーズ ブライダル事業本部 グループマネージャーとして、婚活総合サービス「ゼクシィ縁結び」のサービス企画を担当。恋愛・婚活の悩みに答える、婚活アドバイザーとしても活動している。


【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「婚活サイト、婚活アプリ」について
調査期間:2018/6/25〜7/13
有効回答数:139人(女性)