“ひとり暮らし男”vs“実家暮らし男” 結婚するなら?

2010/2/24 11:00

炊事・洗濯のできる男性は、ズバリ!モテますよ〜

炊事・洗濯のできる男性は、ズバリ!モテますよ〜

ずーっと実家暮らしの男性と結婚した友人の話。とある休日。具合が悪く休んでいると、夫が家事をしてくれることに。その優しさに感謝しながら、いざ任せてみると「やかんはどこー?」「おかゆってどうやって作るのー?」と質問の嵐。結局、ゆっくり休むことができず、「これだから、家事が一切できない夫はイヤ」と嘆く始末!!

必ずしも、「実家暮らし=家事ができない」というわけではないけれど、既婚女性を対象にしたアンケートでも、「結婚相手にひとり暮らし経験があった方がいい」と答える人は、89%と大多数。理由はというと…

●「生活していくのに必要なもの、お金のやりくりなどを知っていて、『生活する』ことに対して意識が高いから。実家暮らしだとこの辺が無頓着な人が多いので、結婚相手にはひとり暮らし経験は必須です!」(25歳)
●「ひとり暮らしをしていると多少ながらも家事ができるようになるし、自分がやらなくては何も動かないということが分かっているから」(31歳)
●「ずっと実家暮らしの人はあまり手伝いなど積極的ではないし、母親のような完璧さを求められても困る!」(34歳)

家事の大変さが分かっている、身の回りのことができるというのが、ひとり暮らし経験があった方がいい一番の理由みたい。そんな理由が関係しているのか、実際に「ひとり暮らし経験アリの男性と結婚した」という花嫁は73%と半数以上。では、夫がひとり暮らし経験があってよかったと思う瞬間は?

●「家事の大変さを知っているから、帰ってきて晩ごはんができていることが当たり前だと思っていない。ちゃんと感謝の気持ちを伝えてくれる!」(25歳)
●「ワイシャツ、スーツのアイロンは、結婚した今も自分でやってくれている」(29歳)
●「ひと通りの家事ができるので、家を空けても安心。気軽に実家に帰れてありがたいなと思います」(27歳)

なんだか、ひとり暮らし経験アリの男性が魅力的に見えてきました…。

最後に、“結婚するまで実家暮らしの男性”のイメージを聞いてみたところ…

●「家事を手伝う機会がなく、家の中のことに無頓着。洗濯物を自分でしまう習慣がないイメージ」(31歳)
●「身の回りのことは、やってもらって当然。結婚相手には、家に入ってほしいと思うタイプ」(25歳)
●「『息子大好きなお母さん』にどっぷり甘えていて、それが当たり前の親子の姿だと信じて疑わない男性。家事を一切しないイメージ」(27歳)

と、よろしくないイメージの意見が続出。もちろん、「家族を大切にしている」「倹約家」などプラスのイメージをあげる人もいますが、「両親に甘えている」「自立していない」というイメージが強いみたい。というわけで私も、結婚相手の条件に「ひとり暮らし経験アリ」を追加しておこっと(笑)
(平田 桃子/verb)

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「結婚までの交際期間や浮気について」
調査期間/2010/1/26〜2/1
有効回答数/522人(女性)