遊ばれるのはなぜ?“軽い女”に見られる理由

2010/8/6 11:00

一夜限りの関係にならないように…

一夜限りの関係にならないように…

「私ってすぐ軽い女に見られちゃうんだよね〜」と話す友人。聞けば、合コンではしょっちゅうお持ち帰りされているらしく、本人も毎回、本気モード!だけど、ワンナイトラブの相手止まりでポイ捨てされることが多いんだとか…。これってどうしてなの!?軽い女に見られてしまう人の特徴って?恋愛エッセイストの潮凪洋介さんに聞いてみました!

「まずは“発言”。例えば恋愛の話になった時に、『男性に誘われてふたりで合コンを抜けることなんてしょっちゅうよ〜』とか、『昔はよくお持ち帰りされてた!』など、自分の自由奔放な男性遍歴を自慢したり、開けっ広げに話す女性は、軽い女に見られやすいと言えます。たとえそれが過去のことであっても、男性からは『コイツはイケる!』と、たちまちワンナイトラブ候補にされてしまうでしょう。また、その場を盛り上げるためだとしても、“セックス好き”をアピールしたり、下ネタ満載のトークを繰り広げる女性は、軽い女に見られるだけでなく、本命視もされなくなってしまいますよ」

確かに…考えてみれば、男性でも「俺は100人以上の女と寝た!」なんて話を武勇伝っぽく語る人がいると、軽い男に見えてしまいますよね。ほかにはどんな特徴が?

「次は“服装”ですね。男性は過剰な露出をしている女性に対し、『簡単にお持ち帰りできそう』という妄想を抱きやすいので、例えば、胸元が大きく開いて谷間が見えてしまうようなトップスや、下着が見えてしまうぐらいのミニスカートをはいている女性は、軽い女に見られてしまいがちです。また、スカートでしゃがんだ時に、下着が見えても隠そうとしない女性も、軽い女扱いされやすいと思いますよ」

ん〜。何かの拍子にチラッと見えてしまう程度ならまだしも、下着が見えているのに気にも留めないのは、自ら男を誘ってる軽い女と思われても仕方ないのかも…。ちなみに、ほかにも誘ってると思われるような言動ってありますか?

「男性に『この子、お持ち帰りされたいのかな?』と思われがちなのは、終電の時間が迫っているのに帰ろうとしない女性。『今日はA子の家に泊まるから』『タクシーで帰るから大丈夫』など、その後の予定を公言していれば別ですが、終電を逃してもその後のことを気にしないタイプの女性は、『ワンナイトラブを期待している』と思われやすいでしょうね。あとは、酔っぱらって男性にもたれかかったり、『今からウチ来る?』など、ノリで誘われた時にハッキリ『NO』と言わない女性も軽い女に見られてしまいます」

なるほど。でも、終電の時間ばかり気にする女性って“ノリの悪い女”に思われてしまいそうな気も…。軽い女に見られず、かつ、親しみやすい女性でいるためにはどうしたらいいのでしょう?

「例えるなら、場の雰囲気に合わせた“ノリ”ができるけど、NGラインは明確にしている“バラエティ番組での女優さん”のような振る舞いをするといいでしょう。『合コンは嫌い』『ナンパする男は最低!』なんて潔癖な態度でいれば、軽い女には思われなくても、恋の相手にもされません。軽い下ネタトークには付き合いつつも、過激になりそうな時には『そういう話はやめようよ〜』と言える。キスやボディタッチをされそうになった時には、しっかり『NO』と言えることが大切です」

軽い女に見られて得する女性なんて、どこにもいないはず。いつも男性に遊ばれてしまう…と悩んでいる人は、一度、バラエティ番組に出演している時の女優さんの振る舞いを研究してみるといいかも!?(清川 睦子/verb)

【取材協力】
潮凪洋介さん
恋愛文化の活性化を目指し、TV、雑誌、Webなど幅広いメディアで活躍する恋愛エッセイスト。AllAboutの恋愛ガイドを務めるほか、著書に『恋運上昇大人の合コンStyle book』や『LOHAS LOVE』など。
潮凪洋介さん公式サイト「Love Culture Movement」

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「結婚生活や恋愛について」
調査期間/2010/6/24〜6/28
有効回答数/287人(女性)

ゼクシィで探す

編集部からのおすすめ記事

カテゴリ

新着記事