12星座別・気になる彼の攻略方法&相性〜前編〜

2018/7/19 11:00

占い師のマシーナさんに聞きました

占い師のマシーナさんに聞きました

好きな男性ができたとき、多くの女子が頼りにするのが「占い」。相性はどうか、どんな攻略法がいいのか、知りたいですよね?

そこでタロット、西洋占星術、インスピレーションを得意とする占い師、マシーナさんに、12星座別の性格と攻略方法、そして相性を占ってもらいました。まずはおひつじ座〜おとめ座の彼から、見ていきましょう!



<相性について>
各星座の惑星間で作られる角度によって相性のいい・悪いが決まります。以下、相性の用語説明です。
◎トライン(惑星同士の角度が120度)=大幸運の相性。自身が持ついい部分を互いに引き出し合える関係。
○セクスタル(同60度)=幸運の相性。トラインほどではないが相性はいい。
×オポジション(同180度)=大不運。正反対の位置にあり、ぶつかりやすいが猛烈に惹かれ合う場合も。似た者同士の側面もあるため、どちらからも仕掛けることなく終わるケースも多いので、女性側から積極的に行った方がいい。ただ、基本的には悪い部分を引き出してしまう関係なので注意。
△スクエア(同90度)=不運。オポジションほどではないがあまりいいとは言えない相性なので、女性側の気配りが必要。
※上記に当てはまらない星座とは、良くも悪くもない相性。「攻略方法」を参考にしながらうまく関係性を築こう。


おひつじ座の彼は褒めると◎。彼を立てつつ誘われるよう仕向けよう



●おひつじ座(3月21日〜4月19日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:情熱的で積極的。困難に打ち勝つ行動力がある。直感力が高い。正直者。肉食系。
マイナス:周囲に配慮できない。自分が一番と思っている。強引すぎるきらいがある。
<攻略方法>
褒められることに弱くて細かいことが苦手なので、デートの場所などはある程度こちらで決めつつ、簡潔に内容を伝えて相手に判断を委ねるといいでしょう。デートでは彼を立てること。そして、行ってみたい所をさりげなくアピールしてみるなど、向こうから誘ってもらえるように仕向ける方が◎。
<相性>
◎トラインの相性=しし座、いて座
○セクスタルの相性=ふたご座、みずがめ座
×オポジションの相性=てんびん座
△スクエアの相性=かに座、やぎ座

おうし座の彼は神経質な一面も。共通項を増やし少しずつ距離を縮めよう



●おうし座(4月20日〜5月20日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:保護本能が強く、忍耐力と強固な意思を持つ。穏やかで誠実。保守的かつ平和主義で、家庭的で現実的。
マイナス:対応が遅い。こだわりが強い。独占欲や所有欲も強い。頑固で石頭、柔軟性がなく融通が利かない部分も。一方で臆病で神経質でもある。
<攻略方法>
気持ち的に常に自由でいたいタイプ。こちらから心を開き「あなたに任せれば安心」と甘えてみせると、徐々に向こうも心を開いてきます。趣味などの共通項を増やし、焦らず少しずつ関係をつくっていきましょう。
<相性>
◎トラインの相性=やぎ座、おとめ座
○セクスタルの相性=かに座、うお座
×オポジションの相性=さそり座
△スクエアの相性=しし座、みずがめ座

ふたご座の彼に駆け引きはNG。正々堂々とアタックしよう



●ふたご座(5月21日〜6月21日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:同時に2つ以上のことをこなせる器用さを持つ。好奇心旺盛でおしゃべり、コミュニケーション能力が高い。
マイナス:器用貧乏。八方美人。1つのことには集中できない。心の中では上から目線、楽しくないと即放置する傾向も。優柔不断で軽い。
<攻略方法>
好き嫌いは割とはっきりしているので、誘うまでが特に重要。はっきりしない態度やわかりづらいことが苦手なので、駆け引きなどはせず正々堂々とぶつかるのが◎。付き合い始めた後もベタベタせず、一定の距離感を保った方が新鮮な関係が長続きします。
<相性>
◎トラインの相性=てんびん座、みずかめ座
○セクスタルの相性=しし座、おひつじ座
×オポジションの相性=いて座
△スクエアの相性=おとめ座、うお座

かに座の彼は情が深い。好意を示して「味方だ」と認識させよう



●かに座(6月22日〜7月22日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:聞き上手。母性本能が強く情が深い。礼儀正しい。身内意識が高く世話好き、感受性豊か。周囲から愛されるタイプ。
マイナス:自分のテリトリーを持つ。新しいものをなかなか受け入れず、味方以外には排他的な部分がある。えこひいきも多い。おせっかいな一方で、用心深く心配性、ネガティブな側面も。
<攻略方法>
安心と信頼を大事にしているので、その面を刺激しつつアピールしましょう。「あなたといると安心できる」「○○君のこと、信頼している」など。好きだという気持ちを示して「味方」だと認識させると相手から近づいてきます。ナイーブなので、基本的には否定はせず共感してあげると◎。放置はNG。
<相性>
◎トラインの相性=さそり座、うお座
○セクスタルの相性=おとめ座、おうし座
×オポジションの相性=やぎ座
△スクエアの相性=てんびん座、おひつじ座

しし座の彼はルックス重視。自分磨きをして臨もう



●しし座(7月23日〜8月22日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:責任感が強く、プライドも高い、表現力があり目立つことが好き。明るく華やか、一流が好きという側面も。
マイナス:明るさの一方で、いつも最悪な状況を考えている、逆境好き。浪費家。常に自分が中心でいたいタイプ。
<攻略方法>
しし座の男性はルックス重視なところがあるので、女性は自分磨きを! 一人で解決しようとしがちで抱え込む傾向があるので、悩んでいたら「手伝うよ」と言いつつ明るく努力を褒めて相談に乗ってあげると◎。彼の子どもっぽさを受け入れてあげるのがカギ。
<相性>
◎トラインの相性=いて座、おひつじ座
○セクスタルの相性=てんびん座、ふたご座
×オポジションの相性=みずがめ座
△スクエアの相性=さそり座、おうし座

おとめ座の彼は完璧主義。こちら主導ではなく相手のペースに合わせるのが◎



●おとめ座(8月23日〜9月22日生まれ)



<基本的な性格>
プラス:緻密で完璧、常に冷静で分析能力に長(た)けている。職人肌。一方で純粋、優しい気遣いがある。
マイナス:目の前のことにとらわれすぎて全体像が見えないタイプ。度が過ぎる完ぺき主義でヒステリックな一面。一方で夢見がちで幼稚、あら探しをしがち。
<攻略方法>
気心が知れるまでは距離感を保ちましょう。付き合うまでは相手のペースに合わせ、細かいことを言われたり指摘されても、責めたり反論しないこと。理想の恋人の条件を明確に持っている人が多いので、それを探ることも大切。
<相性>
◎トラインの相性=やぎ座、おうし座
○セクスタルの相性=さそり座、かに座
×オポジションの相性=うお座
△スクエアの相性=いて座、ふたご座


いかがでしたか? 好きな彼のタイプがつかめたでしょうか? たとえ相性が悪くても、彼の性格をつかみつつ、攻略方法を参考にしながら近づけば、恋愛関係に発展する可能性は大いにありますよ!
てんびん座〜うお座の6星座の攻略法・相性は7月20日に公開予定です。お楽しみに!(山崎はるな)

【取材協力】
マシーナさん
占い師。占術はタロット、西洋占星術、インスピレーションなど。幼少の頃から直観力を持ち、独学で占いを学ぶ。関西で占いアイドルグループとして活躍し、グループ解散後、東京で占い師として本格的に活動を始める。恋愛や結婚の他経営や仕事、引っ越しなどあらゆるジャンルの相談に対し、相手から感じるビジョンを含め、的確でハッピーなアドバイスを行うことで人気。
マシーナさんのホームページ