気になる彼に「彼女」がいるかどうか確かめる方法

2018/4/3 11:00

「彼女がいる」前提で会話を振ってみて

「彼女がいる」前提で会話を振ってみて

「気になる男性」ができたら、何とかお近づきになりたい! でも、その前に彼女がいるかどうか確かめておきたいですよね? とはいえ、どうすれば彼に引かれることなく、自然に確認できるものなのでしょう?

20〜30代の女性の中で、「気になる彼に彼女がいるか、探って確認した経験がある」人は52%。どのような方法で確認したのか、聞いてみました!

●「彼のSNSをくまなくチェック!」(28歳)
●「彼の友達に聞いたり、彼にクリスマスとかバレンタインなどのイベントをどう過ごすか聞くついでに直接付き合っている人がいるか聞く」(23歳)
●「話の流れで『○○さんは彼女さんと最近どうですか?』と、彼女がいる前提で自然に聞いた」(28歳)
●「SNS確認や休みの日の過ごし方を聞く、友達にさりげなく聞くなどあらゆる手法で」(25歳)
●「ゴールデンウィークや年末年始などの連休に何をして過ごしたか、さりげなく聞いたりしました」(32歳)

SNSの投稿内容チェックや周囲の人にヒアリングする、連休やイベント時の過ごし方を聞くなどして推察するという声が目立ちました。また、「彼女がいるかどうか直接聞いてしまう」という意見もありました。

「彼女がいる」前提で会話を振ってみる、は自然で確実な方法



アンケートの回答にあったように、彼女の有無をズバリ聞いてしまえば手っ取り早いですが、その後気まずくなりそう……とちゅうちょする人もいそう。どうすれば自然に、かつ確実に彼女の有無を確認できるでしょうか? 恋愛経験豊富で男性心理にも詳しい“女豹ライター”の島田佳奈さんによると、「ステディーな彼女がいるかどうかは、以下の行動や外見に現れる」とのこと。

<彼女がいるかも!? チェックポイント>
●シンプルな指輪をしている(ペアリングの可能性)
●スマホを頻繁にチェックする、やたらと通知音が鳴る(彼女からの連絡かも)
●センスのいいネクタイやシャツだが、ファッション全体から浮いている(彼女からのプレゼントの可能性大)
●最近オープンした店やはやりのスポットに詳しい(デートコースなのかも?)
●メアドに彼と無関係な数字(彼女の誕生日かも?)
●キーケースに鍵が複数(彼女の部屋の合鍵かも?)
●SNSにレジャーの写真をアップ、自撮りではない彼のスナップを投稿(彼女が撮影した可能性)
●女性受けのいいLINEスタンプを愛用している(彼女の影響で入手したのかも)
●夜間はメールやLINEのレスが遅い、または翌朝まで返事が来ない(彼女と一緒にいるのかも)

島田さんによると、これらに一つでも当てはまる場合は、以下の質問をして確認してみるといい、とのこと。

「遠くから遊びにくる友人を連れて行きたいんだけど、オススメの店ってある?」
→女性の好みそうな店に詳しいかをチェック。「詳しいね! 彼女と行っているの?」などと聞いてみても。

「彼女って何をやっている人?」
→最初から「いる」前提の質問を投げると、いなければ否定するし、いれば話が続く。

週末の夜、不意に連絡して「今何しているの?」と明るく聞く
→メールやLINEの返事が遅かったり、「別に」などと濁されたらデート中かも。電話の場合、出ずに折り返しもなかったら彼女と一緒である可能性あり。

アンケートの回答にもあったように、「彼女がいる」前提で会話をするのは自然だし、確実に彼女の有無を確認できそうですね!

彼女がいたら、お友達関係を継続しつつ別の恋を探してみては?



ただ、「彼女がいるとわかっても諦めきれない」という場合もあるでしょう。そんな人に対し、島田さんは「まだ結婚に至っていないのであれば、形勢逆転は十分可能」とアドバイスしています。

「自分の中の『好き』の気持ちとどう折り合いをつけるかは、あなた自身が決めること。彼のことが本当に好きならば、彼女の有無を気にするよりも、素直に愛情をもって接し、彼と『心地のいい関係』を築くことだけにエネルギーを注ぎましょう。その結果、あなたと彼女のどちらを選ぶかは、彼が決めること。もし彼が決められない状態(=二股)に陥ったら、改めてどうしたいか自分に問い掛け、友達のままでいるか略奪してしまうのか決めればいいのです」

確かに、人の気持ちはいつ、どう変わるかわかりません。せっかく好きになったのに「彼女がいるから」という理由で友達関係まで諦めてしまうのはもったいないかも。友達として彼との楽しい時間を過ごし状況を見つつ、別の男性にも目を向けてみるのもいいかもしれませんね。(山崎はるな)


【取材協力】
島田佳奈さん
作家、女豹ライター、AllAbout恋愛ガイド。モデル・OL・キャバ嬢・バイヤー・広告代理店・SE等多彩な経歴の後、作家に転身。『人のオトコを奪る方法』、『「アブナイ恋」を「運命の恋」に変える!』、『運がよくなるお引越し』、『女豹本!』、『コントラスト』他著作多数。近著に『腐らず、枯れず、咲き誇れ! アラフォー独女の生きる道』(双葉社)がある。
島田佳奈さん公式サイト

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「誤送信メール・結婚式のこだわり・入籍日・意中の彼」について
調査期間:2017/12/22〜2018/1/12
有効回答数:190人(女性)