83%がつながっている!恋人とのSNS事情

2017/10/24 11:00

思い出の共有にSNSはいいよね

思い出の共有にSNSはいいよね

いまやコミュニケーションの一つになったSNS。便利なところもたくさんあるけど、面倒だったり嫌だったりすることもあるはず。これが恋人同士や夫婦だと、どうなのでしょうか?

ということで、恋人や夫婦とSNSでつながっていて、良かったこと、嫌だったことを男女別にアンケートで聞いてみました。

83%の女性が彼か夫とSNSでつながっている。LINEがダントツ!



まずは彼氏や夫がいる20〜30代の女性に、「現在の彼(もしくは夫)とSNSでつながっていますか?」と質問。すると「SNSの一部はつながっていない」(66%)、「自分が使っているSNSすべてでつながっている」(17%)、「SNSではつながっていない」(11%)、「SNSを使っていない」(6%)という結果に。前述のアンケートで「つながっている」と答えた女性に、何のSNSでつながっているかも聞いたところ、

1位:LINE(76%)
2位:フェイスブック(38%)
3位:インスタグラム(16%)
4位:ツイッター(15%)
※複数選択

76%で「LINE」がトップ。他のSNSに比べて手軽に通話やメッセージを送ることができるので、連絡ツールとして使っている人たちが多そう。38%の「フェイスブック」に比べて、「インスタグラム」や「ツイッター」は半分以下に。「インスタグラム」や「ツイッター」は趣味や好きなことでつながっている人が多いので、恋人や夫婦をその世界に入れたくないと考えている人が多いのかもしれません。

SNSでつながっていることで、便利なこともあれば、面倒なこともあるはず。冒頭のアンケートで「つながっている」と答えた83%の方に、「良かったこと」と「悪かったこと」を質問してみると、

<SNSでつながっていて良かったこと>
●「LINEは連絡を取り合える手段が楽だから」(29歳)
●「共通の友人の投稿を見たりして話のネタになる」(29歳)
●「普段は恥ずかしくて言えないこともSNSでなら言える」(25歳)
●「フェイスブックが再会のきっかけになった」(24歳)
●「お互いの交友関係や興味、関心がよく分かること」(29歳)
●「同じ体験をそれぞれの言葉で書くとまた面白い」(30歳)
●「一緒に出掛けた場所など思い出を共有できる」(33歳)
●「話していない話題について思っていることが分かる」(27歳)

<SNSでつながっていて悪かったこと>
●「彼が私に直接言いづらいことをLINEメッセージとスタンプでごまかすこと」(35歳)
●「見たくないものを見てしまう」(29歳)
●「見られたくない記事はアップできない」(27歳)
●「元カノに彼女との様子を見られること」(24歳)
●「SNSでの交友関係に口出しされる」(29歳)
●「確実に暇にしているときに既読スルーされるとイライラする」(26歳)
●「ケンカをすると、彼が不満を投稿していないか気になって見てしまう」(27歳)
●「見えない女友達に嫉妬してしまうこと」(27歳)

ちなみに、冒頭のアンケートで「つながっていない」と答えた方にも理由を聞いてみました。なぜ、彼や夫とSNSでつながっていないの?

【SNSでつながっていない理由】
●「夫はSNSをほぼしていないから」(25歳)
●「彼のテリトリーは彼の自由にさせてあげたいから」(27歳)
●「夫の女友達との交流や細かい部分まで気になってきそう。夫がつながりたくなさそうな感じが伝わってくる」(29歳)
●「お互い直接会話するよりも前にSNSで情報を知るのが寂しくて嫌なので、つながらないことにしようと交際初期段階から言っていました」(30歳)
●「なんでもチェックされそうで生活が窮屈になると思うから」(36歳)
●「普段と違う彼を見てしまったら、その後ずっと気になってしまうから」(34歳)
●「自分の情報をすべて見られるのが嫌だから」(24歳)
●「見たくないものまで見てしまうと、ケンカの種になるから」(31歳)

SNSで彼や夫と「つながっていない」人が挙げた理由は、「つながっている」人が挙げた悪かったことでした。SNSでつながっていると悪い面が大きく、ストレスを感じるようだったら、彼や夫とSNSではつながらないというのもありですね。

恋人や夫婦でのSNSは男性の方がストレスフリー!?



男性の方はどうでしょうか。彼女や妻がいる20〜30代の男性にも、冒頭のアンケートと同じ質問をしてみると、「SNSの一部のみつながっている」(38%)、「自分が使っているSNSすべてでつながっている」(29%)、「SNSではつながっていない」(19%)、「SNSを使っていない」(13%)でした。「つながっている」と答えた男性に聞いたSNSの種類も、LINE(94%)、フェイスブック(48%)、インスタグラム(18%)、ツイッター(15%)と、女性のアンケートと同じような結果に。

「良かったこと」と「悪かったこと」に関しては、

<SNSでつながっていて良かったこと>
●「行動が分かる」(29歳)
●「お互いの友達や会社の同僚が見える」(34歳)
●「連絡が簡単に取れる」(36歳)
●「意外な面も知れた」(27歳)
●「思い出の共有」(26歳)
●「話しているときとは違う面も見られる」(28歳)

<SNSでつながっていて悪かったこと>
●「異性といると嫉妬する」(29歳)
●「交遊関係が分かる」(29歳)
●「行動をいちいち観察される」(29歳)
●「相手に対しての愚痴をつぶやきにくい」(27歳)
●「距離感が難しい」(30歳)

男性の「良かったこと」「悪かったこと」も、女性のそれとそんなに変わりませんでしたが、男性は彼女(妻)とSNSでつながっていて悪かったことが「特になし」という人が半分くらいいました。男性の方が彼女とSNSでつながっていることで煩わしさを感じていないようです。
つながっているSNSや、つながっていて「良かったこと」「悪かったこと」の内容は、男女で大きな違いはありませんでしたが、つながっていることで生じる不満は、女性の方が断然多く熱いようです。カップルや夫婦がSNSでつながっていることは、ふたりの性格や関係性などによって見極め、うまく活用できるといいですね。(坂田 圭永)


【データ出典】
・ゼクシィユーザーアンケート「彼や夫とのSNS、小姑との付き合い、髪型」について
調査期間:2017/7/21〜8/10
有効回答数:188人(女性)


・あなたご自身に関するアンケート 2017/8/2〜8/4実施
有効回答数:311人
(インターネットによる20〜30代男性へのアンケート調査 調査機関:マクロミル)