彼の行動が全て知りたい!どう聞き出す?

2011/4/8 13:40

彼のスケージュールは全部把握したい!?

彼のスケージュールは全部把握したい!?

彼のことが大好きすぎて、会えない時の行動やスケジュールも全て知りたい!なんて思ってしまう私。例えば「今日は用事があって会えない」と言われたら、「どんな用事なんだろう…誰と会っているんだろう…まさか、浮気!?」なんて悶々としちゃったり…。さらに、その気持ちがエスカレートすると、会社にいる時、趣味を楽しんでいる時、男友だちと遊んでいる時…の彼はどんなことをしていて、どんな話をしているのか、どれもこれも気になりだしちゃって、止まらないんです!でも、ヘタに聞き出すと「束縛されている」「重たい」とか思われちゃいそうで…。でもでもでも、やっぱり気になる〜!

そこで「All About」の恋愛ガイド、西郷理恵子さんを直撃!彼にうっとうしいと思われないように、彼の行動をうまく聞き出す方法を教えてください!

「本来ならば、単純に『今日はどんなことがあったの?何をしていたの?』と聞けば問題ありません。男性も、彼女が自分のことに興味を持っていてくれて、純粋に自分との会話を楽しんでくれていると分かれば、うれしいはずです。でも、もし男性側が、彼女から質問されることを『ウザイ』と感じるならば、質問のウラに彼女の嫉妬心、彼を束縛したい気持ち、依存心などが見えるからでしょう」

わわっ!まさにその通りです!(汗)。彼を束縛するつもりはないのですが、「本当に仕事のせいで会えないのかな?」とギモンに思うところはあります!

「男性は、彼女が嫉妬心や束縛したい気持ちから自分の行動について質問をしているのか、もしくは、ただ単に『好きだからこそ、相手のことを知りたい』という気持ちから聞いているのかを、女性の日頃の態度も含めて判断します。例えば、彼が『今日、大学時代の女友だちと偶然会って近況聞いたら…』とか『取引先の女性がアイドルの◯◯に似ていてさ〜』など、単に異性の話題を出しただけで不機嫌になる彼女から『今日は、誰と何していたの?』と質問されたら、監視されているようで嫌な気持ちになるでしょう」

むむ〜確かに…。そういえばこの前、学生時代の友だちの集まりに彼の元カノが来たという話を聞いて、ムクれちゃったなあ。先週のショッピングデートでも、よそ見をしている彼に「あの女の子のこと見てたでしょ!」って怒った覚えも…。こんな私が「今日は何していたの?」と聞いたら、束縛しているみたいで、彼は重たく感じちゃいますよね。では、彼に「ウザい」と思われないようにするにはどうしたらいいですか?(涙)。

「大切なのは、お互いに自分の時間を充実させ、恋人以外の交友関係も尊重することです。いくら彼女が自分のことを好きでいてくれても、彼以外のことには興味も関心もなく、あまりに世間知らずで向上心もない女性には魅力を感じませんし、『束縛されている』と思わせる原因にもなります。しかし、お互いに個人的な時間も充実させることができていれば、『今日は何していたの?』という質問をしたとしても、彼はそれを普段の会話の一端と捉えるだけで『会えない時間を詮索されている』とは感じませんよ。また、彼以外に交友関係がないと、彼に話す話題がなくなってしまいますよね?いつも彼ばかりが話題を提供する役目になれば、彼は精神的な負担を感じるはずです。でも、あなたが彼以外の人とも交流していれば、逆に彼から『今日はどんなことがあったの?』と聞かれても、話題が提供でき、会話が盛り上がりますよ」

なるほど〜。「彼を中心に世界が回っている」状態でいることが、愛の深さを示す方法だと思っていたけど、逆効果だったとは。でも…、彼の行動を自然に聞きだして把握できても、彼が浮気をしていないかどうかがどうしても不安な時は、どういう聞き方をすればいいのでしょう?

「確かに、彼の仕事が忙し過ぎたりして浮気の疑いを感じる時には、『何をしていたのか』や『誰といたのか』を知りたくなるものですよね。どうしても気になるならば、質問攻めにするのではなく、『最近、前に比べて会う時間が減ってるけれど、仕事が忙しいの?大丈夫?』など、『自分を最優先に考えてくれないとイヤ』というような態度が出ないように、彼の負担にならない質問をしてみましょう。また、彼の浮気を疑う位なら、自分の人間としての魅力を高めることにエネルギーを使ってみてください。精神的に自立している女性の方が、彼も追いかけたくなりますよ」

勉強になります!うっかり「ホントに仕事?」「次はいつ会えるの?」「私のこと嫌いになったの?」と質問攻めにするところでした(汗)。ちなみに西郷さんいわく、「彼の状況を把握し、どのようなペースで会うのが彼にとって心地良いのかを知ることができれば、今後も彼との関係をうまく築いていくことができます」とのこと。大好きな彼とずっと一緒にいるためにも、彼のプライベートを尊重しつつ、「自分の時間を充実させること」にも、もっと力を入れなくちゃ!(伊藤 理子/C&R)

【取材協力】
西郷理恵子さん
カップル・コンサルタント(株)ライフパートナーズ代表取締役 総合情報サイトAll About恋愛ガイドとして恋愛・結婚・性に関するコラムを執筆。男女間のパートナーシップを考える講演も行う。日本性科学会会員。
西郷理恵子さんがガイドを務めるオールアバウト
http://allabout.co.jp/relationship/shinkon/