永遠のテーマ!?男女の友情は成立する?

2010/4/2 11:00

友情は性別を超える!?

友情は性別を超える!?

先日、女6人で飲んだ時のこと。結婚しても仲良しの男友だちとごはんを食べに行ったり、新婚生活の悩みなど何でも相談すると話すC子に非難集中!聞けば、その男友だちと結婚後もほぼ毎日連絡を取り合っていて、週に2〜3回は遊んでいるのだとか。「友情に性別は関係ない!」と主張するC子の気持ちもわからなくないけど、結婚したらさすがに控えるべき?というわけで、20〜30代の女性に「男女の友情」についてアンケートを実施。すると。意外や意外!「男女の友情は成立する」の回答が全体の75%を占める結果に。皆さんの意見はというと…

<男女の友情は成立する!>

●「“一線を越えることは絶対ない”とお互いが思っていれば、成立すると思う」(25歳)
●「学生時代からの仲間であれば、男女の感情は芽生えず、兄弟のような愛が存在すると思う!」(36歳)
●「自分さえしっかりしていれば、友情の範囲をコントロールできると思うから」(27歳)
●「恋愛感情と友情は全く別物。恋人以上に大切な相談相手や遊び相手でも、友だちは友だち以上にはならない!」(26歳)

<男女の友情は成立しない!>

●「今までいた男友だちとは、必ずと言っていいほど、どちらかが好きになってしまい、友情が成立したことはない。今、唯一いる男友だちは年に数回メールする程度なので続いてるのだと思う」(30歳)
●「男は心のどこかで『あわよくば』的な考えがあると思っているので、友情から恋愛に発展する可能性はゼロではない!」(27歳)
●「間違いが起こることはゼロではない。腐っても男と女です!」(28歳)

“男女の友情は成立する”という人は、「実際に、仲の良い男友だちがいるから」という理由で、男女の友情は成立すると考える人が多い様子。「定期的に連絡を取り合う男友だちはいる?」とも聞いてみたところ、「はい」と答えた人は全体の6割近く!男友だちは、ときに夫や女友だちには言えない悩みを話せる大事な存在なのだとか。

一方、“男女の友情は成立しない”人の主張は?というと、“男女の間から恋愛感情を取り除くことはできない”という意見が多数。

そこで、「男女の友情の障害となるものはありますか?」と聞いてみたところ、成立する派もしない派も「恋愛関係に発展してしまうこと」や「恋人や夫の存在」を挙げる人がほとんどという結果に。男女の友情を成立させるには、恋愛感情が芽生えないほどの“距離感”が必要ってこと?やっぱり「男女の友情」は永遠のテーマ!一概に「成立する」とは言えないようです…。

賛否両論入り混じる「男女の友情は成立するか?」論争(!?)ですが、セキララ的イマドキ事情では、“男女の友情は成立するけれど、危ういもの”という感じのようです。みなさんはどう思いますか?(平田 桃子/verb)

【データ出典】
ゼクシィユーザーアンケート「男女の友情やダメンズについて」
調査期間/2010/3/4〜3/8
有効回答数/228人(女性)