岐阜県全域エリア(式場・ゲストハウス)

ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚式場、挙式、披露宴会場を探す
  3. 東海
  4. 岐阜県の結婚式場
  5. 岐阜県全域の結婚式場
  6. グランシェル・ルミエール
  7. グランシェル・ルミエールのプランナーブログ「結婚式の歴史~お色直し編~」

グランシェル・ルミエール ●GRAND CIELグループ

グランシェル・ルミエール:【待望のリニューアルオープン】1日1組限定!送迎付の美食の隠れ家
日本ライン今渡駅/名鉄広見線日本ライン今渡駅より徒歩8分、JR可児駅・JR美濃太田駅より車で10分、東海環状自動車道 可児御嵩ICより車で15分  アクセス/TEL

結婚式の歴史~お色直し編~

更新:2018/5/7 17:18

今日もルミエールブログをご覧いただき、ありがとうございます!


ルミエールのandoです!!



今日は、意外と知らない結婚式の歴史について、書きたいと思います



ウェディングドレスセピア.jpg


~お色直し~

日本の結婚式では、多くの新婦様が

この「お色直し」ってされますよね!!



するもんだと思って・・・

みんなしているから・・・


となんとなく、お色直しするという方も多いのですが、





意味を調べていくと、遡ること、奈良時代からそんな風習があるんです


結婚は、女性が男性の家に嫁ぐことがほとんどで、当時、結婚して3日間は白無垢を着続け、4日目に色打ち掛けを着る習慣がありました


今は、チャペルにて白いドレスいわゆるウェディングドレスを着て、挙式を執り行いますよね




ちなみに・・・


海外では、お色直しという習慣はあまりないようです・・

日本では、挙式でウェディングドレスを着ることもあり、また、古来の純白の…というイメージからか、ブーケも白ベースに近いイメージが多い印象を受けますが、海外では真っ白なウェディングドレスに合わせてカラフルなブーケを手にする花嫁姿が多いんです



挙式の中で、指輪交換や、ベールアップ・誓いのキスというのは当たり前のように
ありますが、挙式の中で夫婦となることで

わたし(新婦)はあなた(新郎)の色に染まりました・・・という意味や想いから

純白なドレス(または白無垢)から、カラードレスや、色打掛にチェンジをされるという

そんな風習となりました



結婚式を挙げられる意味や、本質を知る事で、想い出・記憶に残る

そんな一日にしてもらえたらと私たちは考えております




結婚式の歴史・・・深いですよね・・・


他にも、プランナーとして、プライベートコンシェルジュとして、
新郎新婦様そして、ゲストの皆さまへと発信し続けれたらと思ってます



最後まで、ありがとうございました


可児・多治見・土岐・美濃加茂・関・下呂と
多くの方にご利用いただいております
岐阜県でご結婚式をお考えの方は
是非一度ルミエールにお越しください*



グランシェル・ルミエールが気になったら

ゼクシィで予約しよう!

  • 見学予約
  • ブライダルフェア

気になる結婚式場は、早速クリップ!

ちょっとでも気になった結婚式場は、どんどんクリップ。お気に入りに登録しよう

資料請求して挙式・結婚式場をじっくり検討

挙式・結婚式場を見に行く前に色々調べたいなら、資料請求がおすすめ。資料を取り寄せてじっくり結婚式場を検討しよう

結婚式場へのお問合せはこちら

結婚式場の詳細情報や、ブライダルフェア内容などで確認したいことがあればこちらから問合せできます

ページの先頭へ戻る