防府・山口・宇部エリア(式場・ゲストハウス)

ゼクシィnet PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 結婚式場、挙式、披露宴会場を探す
  3. 岡山・広島・山口・鳥取・島根
  4. 山口県の結婚式場
  5. 防府・山口・宇部の結婚式場
  6. ララマリー(La La Mariee)
  7. ララマリー(La La Mariee)のプランナーブログ「ワイン・ドリンクの記事一覧」
ララマリー(La La Mariee):緑と青空が包むプライベート邸宅で、幸せをゲストとシェアするWeddingを楽しんで
新山口駅/JR山陽本線新山口駅より車で約3分、中国自動車道小郡ICより車で約3分  アクセス/TEL

ワイン・ドリンクの記事一覧

  • 1

果実酒作り

更新:2018/2/4 12:47

2月に入り寒さがより厳しくなった気がしますicon:emoji080
皆様も風邪などひかないように十分お気を付け下さい!!

今回は果実酒作りをご紹介します!
披露宴で行う演出の一つで、新郎新婦様が器を持って、各テーブルに果物を集めながら
ラウンドし、最後に果物がたくさん入った器に新郎新婦様がお酒を注いで完成icon:emoji003
※果物にもよりますが3か月~半年位は寝かしますが...といった演出です。

仕上がりがきれいで、インスタ映えするのでおすすめの演出のひとつですicon:emoji045
是非やってみて下さいicon:emoji008


会場見学は↓↓↓
http://zexy.net/wedding/c_7770030954/

お待ちしております。

フランスからの贈り物

更新:2015/5/14 00:00

こんにちは!春も本番を迎えガーデンにも緑があふれてきました^^
先日の台風にもめげずにララマリーの木々は順調に育ってます。

今回はワインのご紹介です。
ララマリーで使用しているワインはフランスのセントバレンタイン村から届けられます。
私のおすすめは、下の写真の白ワインです。口当たりもよく飲みやすいです。もちろん赤ワインやスパークリングワインも美味しいので、お越しの際は是非ご賞味下さい。

ドリンク2.jpg

特別な贈り物

更新:2013/2/25 00:00

P1000099.JPG
ララマリーではフランスサンタムール村からの直輸入ワインを使っています。
サンタムールとは「Saint」と「Amour」からなり「聖なる愛の村」という意味です。

また、「幸せな恋人達が毎年2月14日に集う」というフランスのセントヴァレンタイン村との姉妹提携会場であるララマリー。

毎年サンタムール村・セントヴァレンタイン村より、ララマリーで2月に挙式を挙げられるお二人にはワインが届きます。 
聖なる愛の村からの贈り物は特別なモノになるのではないでしょうか?
月日がめぐりお二人の記念日に栓を抜いて見てください。
祝福される喜びが再び鮮やかによみがえって来る事を祈っています☆
赤ブドウ.jpg



毎年11月第3木曜日に解禁されるボジョレーヌーボー。

世界で日本が一番早く解禁するので海外のワインの愛好家の中にはためだけに日本にくる人もいるそうです。
 
今年の解禁日は11月月15日で目前ですね。

 
その本場ボジョレー地区にはボジョレー博物館とも称せられる「ル・アモー・アン・ボジョレー」があります。
内部はテーマパークのようなつくりで、製造工程や農機具の展示、醸造過程の映像など、
ワインについてもっとも充実した施設です。
 

写真は施設の中庭にあった赤ワイン用のブドウ畑です。

 
ワインの試飲も出来、土産品も販売されています。ここでお土産に買ったチョコレートはカカオの含有量が高く酸味があり、お酒にもぴったりの味でした。
 

観光ルートにもなっているようなので南フランスに来たときは一度訪れてはいかがでしょうか?

シードル

更新:2012/8/26 15:28

cider.jpg



お酒にはたくさんの種類があります。大別すると果実や穀物を発酵させてつくる醸造酒と、
蒸留してつくる蒸留酒があります。

 

ワインはご存知の通りブドウを原料とした醸造酒ですが、リンゴを醸造したお酒というものがあります。
発泡性のリンゴ酒をフランス語読みで「シードル(cidre)」というのですが、英語読みでは「サイダー(cider)」。

 
リンゴの果実味の中に、お酒として熟成された独特の旨みが加わり芳醇な味わい。
それでいて、のど越しはキリッとして爽やかです。


アメリカ合衆国では1920年代に禁酒法が施行されアルコールが販売禁止になりました。
リンゴ酒の代替品が「ノンアルコールサイダー」として宣伝され、定番化していったようです。

 

現代はまた別の理由でノンアルコールのお酒が流行ってきていますが、今も昔も同じですね。
wine0.jpg

ララマリーでは愛の聖人というロマンチックな意味を持つサンタムール村から
オリジナルワインをお届けしています。
 
以前のブログ(その1その2)では赤ワインを作っているドメーヌ・ド・パンの生産者
(エシャリエさん)をご紹介しましたが、今回は白ワインとスパークリングワインの産地から・・・
 
サンタムール村の入り口にほど近いところにドメーヌ・ド・サビー(domaine de savy)があります。
 
このジャン・イーヴ・コニャさんはボジョレーブラン(白ワイン)とクレモン・ドゥ・ブルゴーニュ
(スパークリングワイン)の生産者。
赤ワインの産地とは雰囲気も違い現代風な設備で作られています。
 
白ワインは赤ワインとは違って葡萄の皮や種を除き、絞り取った果汁のみで作ります。
きりっとした味わいの中に果実味をたっぷりと含んだワインです。

バッカス!?

更新:2012/4/21 19:51

 
 baccus2.jpg baccus1a.jpg

以前、このブログでもご紹介したサンタムール村。

ララマリーではフランスのこの地からワインを輸入しています。

生産者の一人、ジャン-フランソワ・エシャリエさんのワイン蔵にかかっていた絵が、
酒の神「バッカス」。

バッカス(Bacchus)はローマ神話に出てくる神様の一人で、
人間にブドウ栽培とブドウ酒の製法を教えたそうです。

なんだかエシェリエさん本人にも似ていませんか?

この絵はワイン蔵の目立つ場所に飾ってあったので、
きっとご自分を投影してのことでしょうね。

ワインの豆知識

更新:2011/12/17 20:55

 


ワインには大きくブルゴーニュワインボルドーワインがあるのをご存知ですか?

ブルゴーニュはフルーティーで程よい酸味があり、
一方、ボルドーはタンニンの渋みのある濃厚な味わいです。


その違いを見分ける方法は簡単です。

ブルゴーニュボトルは、緩やかななで肩でふくよかな女性のような形、
一方、ボルドーは、いかり肩でスマートな形です。

ボルドーとブルゴーニュはワインのスタンダードとなっており、フランス以外のワインでもこのワインボトルの形状によって、どちらのテイストのワインかを判断することができます。

ララマリーではフランスのサンタムール村から直輸入のワインを使っています。
  
サンタムールとは「Saint」と「Amour」から成り、「聖なる愛の村」という意味。 パリから高速列車のTGVで約2時間、仏東端に広がり、ワインの他にもチーズやマスタードで有名なブルゴーニュ地方です。
  
村へはフランス第2の都市リヨンから車でおよそ30分のソーヌ川沿いのボジョレー地区を目指します。そこは教会を中心に小さな村が点在し、ブドウ畑と牧草地の田園風景が続く素朴で美しい地方です。   

山口県でこのワインが飲めるのはララマリーだけ。
クリスマスディナーやご披露宴で是非お楽しみ下さい
 
 
  

   (赤ワインを作っているジャン-フランソワ・エシャリエさん)
  • 1

ララマリー(La La Mariee)が気になったら

ゼクシィで予約しよう!

  • 見学予約
  • ブライダルフェア

気になる結婚式場は、早速クリップ!

ちょっとでも気になった結婚式場は、どんどんクリップ。お気に入りに登録しよう

資料請求して挙式・結婚式場をじっくり検討

挙式・結婚式場を見に行く前に色々調べたいなら、資料請求がおすすめ。資料を取り寄せてじっくり結婚式場を検討しよう

結婚式場へのお問合せはこちら

結婚式場の詳細情報や、ブライダルフェア内容などで確認したいことがあればこちらから問合せできます

ページの先頭へ戻る