永遠の愛の証であるブライダルリング。
「どんなリングがふたりらしいのかな…」「彼も私も気に入るリングってあるのかな…」
「予算が気になる…」そんな不安がありながらも、
“ふたりらしい”リング選びを実現した先輩カップルの物語をご紹介。
ふたりのリング選びの参考にしてみて!
高校時代に出逢ったふたりの軌跡

高校の同級生だったふたり。お互いを意識するようになったのは、10年後の同窓会だった。その後、友人たちと遊ぶうちに、ふたりの距離が縮まり交際がスタートする。穏やかで優しい雰囲気がとってもお似合いのふたりは、交際して1年が経つ頃に家の更新があったタイミングで自然と結婚を意識。交際1年目の記念日に入籍されました。

その場で生み出されるライブ感がすごい!

「ふたりらしいリングが欲しい…でもイメージがない」そんなふたりが訪れたのは、ケイウノ横浜本店。同じ高校に通っていたエピソードから、校章の“若松”をデザインしたリングを提案してもらう。既製品のリングを見ながら、指のカタチや生活習慣、好みに合わせて、目の前で描かれていくデザイン画にふたりともとっても感動したとか。

思い出の場所と彼の愛を感じるリング

彼女が憧れていたクッションカットのダイヤモンドを美しく支える“若松”が印象的な婚約指輪。内側には、彼の手書きした「こんな僕と結婚してくれてありがとう」の想いが刻まれています。結婚指輪は、リングを重ねると“若松”模様が浮かぶデザイン。“若松”は常緑樹であることから、永遠に変わらないという願いもこめられています。

Point01
目の前で何枚もデザイン画を描いてもらえた
Point02
彼の直筆メッセージが印されている
Point03
自分の指の特徴まで考えられたデザイン
毎日身に着けて、一生愛せる宝物に

入籍したその日に完成したリングを受け取ったふたり。これまでリングを身に着けた経験のなかった彼は、内甲丸仕上げの優しい着け心地に感動したそう。一方、指の特徴からリングが回ってしまうのが悩み…という彼女もセンターが決まらないデザインに仕上げてもらったことで、いつリングを見ても「結婚したんだという幸せを感じる」と大満足!

尊敬する彼女に贈った世界にひとつの宝石

職場で出逢われたふたり。先輩として働く彼女の姿に惹かれた彼からのアプローチで交際へ。交際3年目のクリスマス、遂にプロポーズを。おしゃれでジュエリーにこだわりのある彼女に彼が贈ったのは、なんと“ダイヤモンドの原石”でした。その美しい正八面体の原石から、婚約指輪用に1石、結婚指輪用に2石のダイヤモンドが生み出されました。

夢がカタチになっていく喜び

「昔、美術館でみたリングが欲しい」という彼女の願いを叶えるため、ケイウノのデザイナーが彼女の話を聞きながら、デザイン画を起こしました。彼女が感動したのは、ただ再現するのではなく、円=縁をモチーフに取り入れて夫婦円満の願いをこめたデザインを提案されたこと。彼も工房で原石がダイヤモンドに生まれ変わる工程に感動したそう。

特別な1本と毎日着けたくなる1本

夢の婚約指輪は、存在感がある華やかなリングで想像以上の仕上がりだったという。結婚指輪は、毎日身に着けるものだからシンプルなストレートを選ばれました。表面のヘアライン加工が、お互いの好きな素材をぐっと大人っぽい印象に。何より、ひとつの原石から生まれた3つのダイヤモンドが、ふたりの絆を強く結びつけてくれています。

Point01
彼女のことを想っての原石プロポーズ
Point02
長年憧れていたデザインをふたりらしく
Point03
シンプルでも絆を感じられる石のストーリー
さりげない日常に幸せを感じる輝きが

結婚後も、お互いの仕事を尊重しながら、休日はゆったりとお酒を楽しみながら自宅で過ごすことが多いというふたり。結婚指輪は、号数を0.5単位でぴったりに作ってもらったから指馴染みがとってもよく毎日身に着けているという。夜指輪を外すとき、内側の石を見ると「この輝きがふたりを結びつけてくれている」と幸せな気持ちになるそう。