ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 発表!プロポーズワードコンテスト

発表!プロポーズワードコンテスト

ゼクシィ創刊10周年を記念して行った「プロポーズワードコンテスト」。
全国からたくさんのご応募、本当にありがとうございました。
感動的でじーんとくるもの、思わず笑ってしまうもの
編集部一同、本当に楽しみながら審査させていただきました。
そして、応募作品の中から選ばれた、入選作品を発表します。

※プロポーズワードコンテストは、創刊10周年を迎えた版で
2009年8月23日から11月10日に募集しました。

総合グランプリ(賞金30万円)「一生幸せにします!!とは言えません……。でも一生大切にします。」

北海道
原田順子さん(29歳)

私の誕生日に婚約指輪を渡しながら
言ってくれた言葉です。「苦労や
心配などをかけることもあるから
一生幸せに!とは言えない」って。
だけど大切には一生できる!って。
感動しました。

<編集長コメント>うそのない誠実な言葉心を打たれました
<特別審査員(柴門ふみさん)コメント>考え抜かれた言葉と彼の一生懸命さに好感

審査員特別賞(賞金10万円)「プロポーズします! 目をつぶってください。 10年後の幸せな姿を想像して。次は20年後の 幸せな 姿を想像して。次は80歳のときの幸せな 姿を想像して。想像できた? 今あなたが想像した 幸せの100倍幸せにする! 結婚してください。」

静岡県 
海野美佳さん(25歳)

今年の私の誕生日。
照れ屋の彼が一生懸命考えた
プロポーズ。
うれしかったです。

北海道グランプリ(賞金10万円)

「幸せにする!!でも一緒に居られるオレはもっと幸せになれる!!」

北海道石狩市 阿部祐子さん(29歳)

女性と付き合ったことのなかった彼……。物足りなさを
感じて一度別れました。それでもあきらめず、ずっと私を
思い続けてくれて「 どうしても会って話したい」 という
彼から言われた言葉です。純粋な気持ちを持ってる
彼の言葉は心に響きました。

北海道準グランプリ(賞金3万円)

「たくさん待たせてごめん。いつも見守ってくれてありがとう。これからは家族として一番近くで見守ってほしい。」

北海道札幌市 花松奈緒美さん(29歳)

彼とは大学の部活で出会い、北海道と群馬県で遠距離
恋愛をしていました。年2回しか会えない状況が続き、
彼の中でまだ結婚という文字はないと思っていました。
部活のOB会で温泉旅行があり、宴会の席でおもむろに
立ち上がり、あえて最初から見守ってくれた皆の前
でプロポーズしてくれました。

青森・秋田・岩手グランプリ(賞金10万円)

(彼女のお父さんに)「僕にこれから咲希さんを任せてくれませんか?」

岩手県 千葉咲希さん(26歳)

私の父が病気で入院していて、彼と彼の両親が見舞い
に来てくれました。彼が急にまじめな顔をして立ち上がり、
私の父の方を見て言いました。父には時間が少なかった
のでプロポーズと親への挨拶が一緒になってしまいまし
たが、私も父の返事もOK!私の両親、彼の両親共に涙
のプロポーズでした。

青森・秋田・岩手準グランプリ(賞金3万円)

「毎朝、起こしてください。」

岩手県 二階堂利津子さん(24歳)

冗談っぽく、たびたびそんなことを言っていました。その
ことに私はリアルに「夜勤があるから毎日は無理だよ」
と話していました(笑)。でも、ほぼ毎日起こしています。
披露宴のとき「 絶対幸せにします」 って言ってもらい
ました。

宮城・山形グランプリ(賞金10万円)

(旅行先の横浜で)「ここ横浜だけど、山形弁で悪いけど、結婚すっぺ。」

山形県 奥山俊郎さん(32歳)

連休で横浜へ旅行に行くことになりました。夜でイベント
などがあり気持ちも盛り上がっていたとき、プロポーズし
ました。「よろしくお願いします」 と返事をもらいました。
本当は地元でプロポーズと思っていましたが、記念に
なると思い実行しました。

宮城・山形準グランプリ(賞金3万円)

「君がおばあちゃんになって死ぬとき、『あなたと一緒に過ごせてよかった』と言ってくれるような人生になるように頑張る。」

宮城県 鈴木ひかりさん(25歳)

いつも冗談っぽく「 いつか結婚しようね」 と言っていまし
たが、ちゃんとしたプロポーズの言葉はもらっていませ
んでした。そのことを彼に伝えると、こう伝えてくれまし
た。彼の顔が熱くなっているのも伝わってきました。

福島グランプリ(賞金10万円)

(告白されたのと同じ場所で)「ここから始まったから、またここからふたりで始めよう……。結婚してください。」

福島県 割栢啓美さん(28歳)

学生時代に住んでいた場所へ行ったときのことです。
とても懐かしく夜景を見ていると、彼からプロポーズされ、
指輪を受け取りました。6年前にこの夜景を見ながら告白
されて彼と付き合ったことを思い出し、当時の思いと彼か
らのプロポーズで胸がいっぱいになりました。またここか
ら新たな一歩が踏み出せることをうれしく思いました。

福島準グランプリ(賞金3万円)

「結婚したいって思わせてくれてありがとう。」

福島県 二瓶 瞳さん(29歳)

プロポーズがないまま結婚の準備を始めだした彼と私。
「プロポーズはいつ?」と心の中で思っていたころ、彼が
言ってくれた言葉です。不器用な彼の精いっぱいの気持
ちが伝わってきました。

静岡グランプリ(賞金10万円)

「結婚したい。お父さんとお母さんみたいな夫婦になりたいんだ。」

静岡県 水野千鶴さん(27歳)

彼が「 結婚したい」 と伝えてくれたとき、照れくさかった
私は「 何で?!」 と答えてしまいました。そのとき、彼
が理由として言ってくれた言葉です。いつも仲良しな私
の両親。彼がそんな私の両親を目標としてくれている
ことが何よりうれしかったです。結婚した今、彼は私も、
私の家族も大切にしてくれていて、とても幸せです。

静岡準グランプリ(賞金3万円)

「オレは定年まであと35年はあるから、おまえはあと35年はオレの弁当作らなきゃなんねーぞ!」

静岡県 清水留美さん(37歳)

家に遊びに来ていた彼が、私のお弁当箱を見て「毎日お
弁当作って持ってくの?」 と聞いてきました。私が「うん。
定年退職するまで毎日作らなきゃなんないよ」 と言うと
プロポーズと受け取れる言葉が返ってきました。うれし
いと思った半面、「毎日弁当35年か……」 と思った瞬間
でした。

岡山グランプリ(賞金10万円)

「もう1回しか言わんで??一生オレのそばで笑っててください。」

神奈川県 今吉夢乃さん(25歳)

18歳のときに神奈川で出会った彼。2年ほど付き合い、
彼が岡山に帰ることに。20歳だった私はついていくことも
できず自然消滅。その後、お互いに彼・彼女といましたが、
私の中で、結婚するなら彼以外考えられないと思い、当
時の彼と別れ、彼の元へ会いに。昔と変わらない彼に
感動。そして口下手な彼が言ってくれた一言。
彼もずっと私のことが気になっていたそうです。

岡山準グランプリ(賞金3万円)

「バージンロードの向こう側で待っててもいいですか?」

岡山県 波勢麻理恵さん(26歳)

結婚についてどう考えているか分からない彼。転勤で遠
距離になる可能性があり、遠距離になる前に心に安心が
欲しい私。でもそんな私の気持ちを気にしているそぶりも
ない。クリスマスの夜、仕事帰り「遅くなってゴメン」 と家
に寄ってくれた彼。気付けばさっきまで何もなかった机に
小さな箱と一通の手紙。そこに書かれていた言葉です。

広島グランプリ(賞金10万円)

「オレについてこいとは言わん。何でもふたりで一緒にやっていこう。」

広島県 大久保百合恵さん(31歳)

彼と付き合って1年目、告白してくれた場所でのプロポー
ズでした。すごくうれしくて、この言葉以外は真っ白で覚
えていません。「何でも一緒に」 と言ってくれたことが私
はすごくうれしく、彼と出会えて彼と結婚できること、本当
に今まで、そしてこれからに感謝でいっぱいです。これか
らの長い人生、彼とずっと幸せをつくり続けていきます。

広島準グランプリ(賞金3万円)

「あなたのために何かを失っても、何かのためにあなたを失いたくない。全力で守るから結婚しよう。」

広島県 藤重貴紀さん(28歳)

仕事の都合で結婚を先延ばししていました。ある日仕事
の話をしていると「 仕事がうまくいかなかったら私が働く
から大丈夫」 と笑顔で言ってくれました。真っすぐに思っ
てくれる彼女、何よりも彼女を幸せにしたいという思いを
込めて、言葉を考え抜いてプロポーズ。「ちょっと
クサイ よ」と泣きながらOKしてくれました。

プロポーズワードコンテストの応募163作品
から読み解いた最近のプロポーズ事情。
分析してみると興味深い内容が明らかに!
これからの人は参考にしてみて。

応募作品では、圧倒的に男性からが多い。
やはり今も昔もプロポーズは男性がするもの
という意識が高いよう。「なかなかプロポーズ
してくれないので……」 と自らプロポーズした
頼もしい女性からの応募もあった。

3年目が圧倒的に多く、あとは少数。「半年」
や「付き合ってすぐ」というスピードプロポー
ズの人、逆に10年以上の長いお付き合いの
人も。いずれにせよプロポーズでけじめを
つけている。

デート先がダントツで多く、中でもディズニー
リゾートで、という人が多かった。ほかに、夜
景がきれいな場所、レストランなど、ロマン
チックな場所を選ぶ人が多い。

彼女の誕生日にプロポーズを決行した男性
が圧倒的多数。成人式やホワイトデーなど、
特別な日にプロポーズを決心する人が多い。
イベントに便乗すると、思い出にも残っていい
みたい。

やはり指輪が王道。指輪とメッセージ、指輪と
花などと組み合わせるケースも。ほかに、
ネックレスや花火、手料理という人も!
プレゼントがあると、照れくさいプロポーズも
スムーズにいきそう。