ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 結婚指輪の基礎知識
  4. プラチナの見極めと選び方

プラチナの見極めと選び方

結婚指輪の選び方! プラチナ製ならつや消しと光沢どっちがおすすめ?

結婚指輪の素材として一番人気のプラチナ。その輝きが人気の秘密です。プラチナのリングには、つや消しと光沢、2つのタイプがあります。 つや消しは、プラチナの表面を加工で荒くして、光沢が出ないようにしたもの です。せっかくのプラチナの輝きに傷を付けるなんて!ともったいなく感じるかもしれませんが、つや消しの指輪は落ち着いた風合いで、キラキラした指輪が苦手という方や、男性の指でもしっくりとなじむのが強みです。

ただ、つや消し加工をしても、年月がたつと表面につやが出てきてしまうことがあります。反対に、 光沢タイプの指輪だと、長年着けているうちに表面に細かな傷が付いて、つやが失われることもあります。 それも、長い結婚生活を経た証しとして、大切にすればよいのではないでしょうか。

「結婚指輪の素材」プラチナの純度を見極めよう!

以前、「プラチナは永遠の輝き」なんてキャッチコピーがありましたが、日本ではプラチナは年代を問わず結婚指輪の素材として一番人気となっています。しかし、純度100%のプラチナ(Pt1000)は柔らか過ぎて、残念ながら指輪の素材として不向きです。そのため、結婚指輪を制作する際には、パラジウムなどの金属を混ぜた合金を使用することがほとんどです。 Pt950やPt900といった表記がありますが、数字が高くなるほど純度が高くなりますので、購入の際はチェックしましょう。

純度の高いプラチナの指輪は傷が付きやすく、変形しやすいリスクがあります。指輪の傷が気になる方、日常的に身に着けている方などは、純度を落としたタイプを選ぶのも一つの手です。合金の割合が高いほど、指輪の強度が上がります。