ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. 相場より高い? 30代の婚約指輪の相場は?

30代花嫁の傾向は?
大人花嫁の婚約指輪
価格やデザインの好みをチェック!

相場より高い? 30代の婚約指輪の相場は?

30代の大人花嫁はどんな婚約指輪(エンゲージリング)を手に入れているの?価格相場や好みのデザインなどをアンケートデータから探ってみたので、ぜひご参考に。※記事中のデータは全て「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」調べによる。

30代の婚約指輪の相場は?

婚約指輪の平均購入価格は36万5000円。これを女性の年齢で見てみると、30代では44万8000円となっており、30代の相場価格は一般よりも 少し高いという結果 になった。

30代になると20代に比べると経済力もアップし、婚約指輪に求めることが変わることが考えられる。

ダイヤモンドのカラット数は大きい傾向に

20代と比べダイヤのカラット数が大きい傾向に

婚約指輪に装飾するダイヤモンドのカラット数で、最も多いのは0.2ct~0.3ct未満で32.9%、次いで0.3ct~0.4ct未満が26.8%という結果に。

これを⼥性の年齢別で⾒ると、24歳以下と30歳〜34歳では0.2ct〜0.3ct未満が25.0%と35.7%と最も多かったのに対し、25歳〜29歳未満と35歳以上では0.3ct〜0.4ct未満を選んだ⼈が31.5%と25.6%という結果になった。

パヴェリングの人気も高い

次に見るのはデザイン。最も人気が高いのはダイヤモンドを1粒飾るソリティアリングで45.8%。次いでメレダイヤをあしらったリングが40.0%、メレダイヤを敷き詰めたパヴェリングが7.9%、エタニティが4.9%という結果に。

これを女性の年齢別で見た場合、30代ではメレダイヤをあしらったリングは人気はあるものの、20代に比べると支持がやや低い傾向が見られた。 30~34歳ではメレリングが42.9%、パヴェリングが14.3%、35歳以上ではパヴェリングが12.8%と⾼い値を出しているのも特徴

年を重ねるにつれ、きゃしゃで可愛らしいものよりは、ボリュームがあってゴージャスなものの方が似合うようになってくる。好みもそうした方向にシフトしてくるので、30代では大きなダイヤモンドを飾ったソリティアリングやパヴェリングの人気が高くなっているようだ。

着け心地がよく、洗練されたデザインを好む傾向に

着け心地が良い、洗練されたデザインを好む傾向に

最後はデザインを決定する際の重視点について。最も多いのは、「つけ心地が良いデザインであること」で32.8%。その後、「シンプルなデザインであること」が31.9%、「可愛いデザインであること」が29.1%と続く。

年齢別で見ると、20代前半では「可愛いデザインであること」が高かったのに対し、 30代前半では「つけ心地」や「普段使いできるデザインであること」の値が高かった。また、35代後半では「シンプルなデザインであること」や「洗練されたデザインであること」などの値も高いことも特徴 といえる。

大人花嫁に選ばれる婚約指輪とは?

以上を考え合わせると、30代の大人花嫁に選ばれているのは可愛さよりはダイヤモンドが大きめで程よいボリュームがあり、洗練された中にも華やかさのある婚約指輪だということができる。このような条件を満たす指輪を選ぶと、必然的に価格は少しお高めになる。

婚約指輪はずっと長い間身に着けるもの。いまの好みだけではなく、先のことも見越して、長く愛せるものを選びたいもの。

30代花嫁の婚約指輪の特徴

  • 価格は相場よりも少しお高め
  • ダイヤモンドは大きめが好み
  • 婚約指輪の平均購入価格よりも30代の相場は高い
  • メレリングの人気は20代に比べると高め
  • 可愛さよりもシンプルで日常使いできることを重視