ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. 気持ちが大切! 20代の婚約指輪の相場は?

気持ちが大切!
20代の婚約指輪の相場は?

気持ちが大切!20代の婚約指輪の相場

20代の花嫁はどんな婚約指輪(エンゲージリング)を手に入れているの? 価格相場や好みのデザインなどをアンケートデータから探ってみたので、ぜひご参考に。
※記事中のデータは全て「ゼクシィ結婚トレンド調査2018」による。

20代の婚約指輪の相場は?

婚約指輪の平均購入価格は36万5000円。これを女性の年齢で見てみると、 24歳以下では26万1000円、25〜29歳では42万2000円

相場よりはやや低めの金額とい合った指輪をということになると、価格は少し抑え目になるのかも。また、20代はきゃしゃで愛らしい指輪を好む傾向にあるので、そのあたりも価格と関係があるといえる。

0.2ct未満のダイヤモンドを選ぶ人も

次に、婚約指輪に装飾するダイヤモンドのカラット数について見てみよう。最も多いのは0.2ct~0.3ct未満で32.9%、次いで0.3ct~0.4ct未満が26.8%という結果に。

これを女性の年齢別で見てみると、 24歳以下では0.2ct〜0.3ct未満や0.3ct〜0.4ct未満が多いもの、0.2ct未満という人も17.5%いて 、他の年齢層と比べると少し多い値となっている。

カラット数が大きくなるほど当然価格は高くなるので、20代前半は小さめのダイヤモンドを選んでいるといえる。また、愛らしいデザインのものを好む人が多いので、それも関係していると思われる。

メレダイヤがあしらわれたリングの人気が高い

婚約指輪の種類は既製品が多い傾向に

次に見るのはデザイン。最も人気が高いのはダイヤモンドを1粒飾るソリティアリングで45.8%。次いでメレダイヤをあしらったリングが40.0%、メレダイヤを敷き詰めたパヴェリングが7.9%、エタニティが4.9%という結果に。

これを女性の年齢別で見た場合、 24歳以下ではソリティアリングが55.0%と一番人気 に。 25〜29歳では一番人気は51.1%のソリティアリングだが、メレダイヤをあしらったリングも35.2%で人気を誇っている。

若い層にはメレダイヤをあしらった愛らしいイメージのリングが人気があり、パヴェリングのようにボリュームのあるもの、エタニティリングのようにクールなイメージのものはあまり人気がないよう。また、パヴェリングやエタニティリングは、一般的な婚約指輪のイメージとは異なる部分もあり、それが若い層に敬遠される要因になっている可能性も。

可愛らしさにこだわって選ぶ

 ダイヤのカラット数は0.2ct未満も多い

最後はデザインを決定する際の重視点について。最も多いのは、「着け心地が良いデザインであること」が32.8%。その後、「シンプルなデザインであること」で31.9%、「可愛いデザインであること」が29.1%と続く。

この項目でもいままでの傾向を裏付ける結果が出た。 24歳以下が最も重視しているの「可愛いデザインであること」で39.5%。 25〜29歳では「つけ心地が良いデザインであること」への支持が高かった。

20代では可愛いデザインにこだわる人が多く、特に24歳以下の若い層ではデザインありきで選んでいる傾向がある。年を取るに従って着け心地にも目が向けられるよう。

20代に選ばれる婚約指輪とは?

以上のことから分かるのは、20代が選ぶ婚約指輪は価格は相場よりやや低め、カラット数も大きめよりは小さめを選ぶ傾向があるということ。また、メレダイヤがあしらわれたリングの人気が高く、可愛らしさを重視して選んでいた。

婚約の証しとして贈られる婚約指輪。いま好きなデザインか、ずっと長く使えそうなデザインか、選ぶときには大いに悩むポイント。いずれにせよ納得してお気に入りを手に入れたいもの。

20代の婚約指輪の特徴

  • 24歳以下の婚約指輪の平均購入価格は26万1000円
  • 25~29歳の婚約指輪の平均購入価格は42万2000円
  • ダイヤモンドは平均からやや小さめを選ぶ
  • メレダイヤをあしらったリングが人気
  • 選ぶ際に重視するのは可愛らしいデザインであること