ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. 婚約指輪、ふたりがもっとハッピーになる渡し方

婚約指輪、
ふたりがもっと
ハッピーになる渡し方

婚約指輪、ふたりがもっとハッピーになる渡し方

婚約の証しとして女性に贈る婚約指輪。贈ることを決めたのはいいものの、渡し方まで思いが至っている男性は意外に少ないよう。せっかくの婚約指輪だから、渡し方までこだわってふたりにとって素敵な思い出にしよう。

プロポーズで渡す

婚約指輪を渡すタイミングとして真っ先に思い浮かぶのはプロポーズ。婚約指輪を差し出しながら、「結婚してください」と申し込めば、それで決まり! けれども、 プロポーズには婚約指輪は用意しないという人も少なくないはず。そんな場合は、一体どのように婚約指輪を渡せばいいのだろうか?

プロポーズでは渡されたくないという女性も?

プロポーズで渡すということは、基本的には男性が女性に内緒で婚約指輪を購入することになる。サプライズが好きという女性には喜ばれるが、一方で「婚約指輪は自分で好みのものを選びたい」という女性もいる。内緒で用意するかどうかは、彼女の性格を見極めてから決めるのがいいよう。プロポーズ時にどうしても指輪でサプライズをと考えるのであれば、おもちゃの指輪やプロポーズ用のリングを用意するという方法も。

婚約指輪が手元に届くタイミングは?

プロポーズで婚約指輪を贈らない場合は、ふたりで一緒にジュエリーショップに出掛け、彼女に好みの婚約指輪を選んでもらうことになるだろう。だが、 選んでもらったその場ですぐにプレゼント、というわけにはいかない
婚約指輪はセミオーダー方式で販売しているところが少なくない上、既製品でも商品の性質上、誰の手にも触れていないものを用意することがほとんどで、取り寄せになることも多い。また、リング裏に刻印を入れてもらうので、 婚約指輪が手元に届くまでは注文から2週間〜1カ月は必要となる

ここで問題になるのが、でき上がった婚約指輪を誰が受け取りに行くかということ。「彼女に贈ったものだから、彼女が受け取りに行けば?」というのは合理的だが、ちょっと味気ない気も。一緒に受け取りにいくというのもありだが、その場でショップの袋に入った婚約指輪を「はい」と手渡すのもつまらない。やはりここは 男性がいったん引き取り、心を込めて彼女に贈るようにするのがお勧め

プロポーズ以外で渡すなら、特別感を出そう!

彼女のために用意した約指輪を渡す際は、少しばかりの演出を入れてはどうだろう? ポイントは「特別感」。いつもとは違った雰囲気の中で贈れば、彼女の印象に強く刻まれ、素敵な思い出となるはず。
最も簡単で効果的なのは、特別な場所を用意すること。ワンランク上のレストランを予約して、おいしい食事を楽しんだ後に婚約指輪を渡せば、彼女もロマンチックな気分になるはず。ホテルのスイートルームや旅先というのもあり。また、ふたりが出会った場所や初めてデートした場所など思い出の地で渡すのも素敵。

プロポーズのリベンジの機会にも!

プロポーズがいまいちうまくいかずに、彼女の不興を買ってしまった場合など 婚約指輪を渡す際に再プロポーズをするというのもあり 。前回の失敗の反省点を生かして、再度チャレンジしてみては?

渡し方でも特別感は演出できる

特別な場所が用意できない場合は、渡し方で特別感をプラスしてみよう 。例えば、自宅などで渡す場合でも、彼女の前に膝を突いて指輪のケースをパカッと開けてあげたり、彼女の手を取ってその指にはめてあげたり、少しきざに振る舞うだけでも特別感は出るもの。ベタな感じはするものの、 自分のために彼が考えて、特別なことをしてくれたということに彼女はグッとくるはず

また、彼女には明確な婚約指輪の出来上がり日時を伝えずに、こっそりと引き取りをしておいて、いきなり彼女の元を訪れて婚約指輪を渡すというのもサプライズ要素があって喜ばれそう。

指輪を渡す時に膝を突くのはなぜ?

ちなみに、婚約指輪を渡す際に男性が膝を突くのは、ヨーロッパ中世の騎士道に由来しているとか。騎士道ではその精神に基づいて騎士が身分の高い女性に対して崇高な愛を捧げることが誇りとされていた。騎士はひざまずくことで忠誠を誓い、また、騎士道において指輪は愛のシンボルとされていたこともあり、それが婚約指輪を渡す際に男性が膝を突くことにつながっているのではないかと推測される。

指輪ケースに凝ってみる

婚約指輪を渡すとき、ショップのラッピングのままでもいいが、 ラッピングにこだわったり、特別な指輪ケースを用意したりするのも特別感を醸し出せる 。指輪ケースを一回り大きな箱に入れ、周りにバラの花びらをびっしりと敷き詰めるのは、ロマンチックな趣。ハート型の指輪ケースは愛らしく、可愛いものが好きな女性には喜ばれるはず。
また、夜景を見ながら……というようなシチュエーションで渡す場合、暗くて指輪がよく見えないことも。そんな時は、小さなライトが仕込まれた指輪ケースを選べば、より印象的に渡せるはず。
ほかにも、好きな写真や動画、音楽などが再生できるケースも。インターネットなどで調べるとユニークな指輪ケースがいくつも出てくるので、探してみては?

家族や友人たちの前で贈っても

プロポーズはふたりだけで行ったという人が多いと思うので、 婚約指輪は家族や仲の良い友人たちの目の前で、婚約の発表を兼ねて渡すというのも一つのアイデア 。「先日、プロポーズを受けてもらい、めでたく婚約しました。今日は大切な皆さんの前で、彼女に婚約指輪を贈ろうと思います」などと話し、贈ってみては? その様子を動画などで撮影してもらい、結婚式のプロフィール映像などに使うのもいい。

また、 結納や婚約食事会のタイミングで贈るのもあり 。結納や婚約食事会で贈るのは一般的ではあるが、その日まで彼女には婚約指輪を見せずに、席上で初めて身に着けてもらい、家族に披露するというのは、彼女にとってもまた違った感慨があるはず。
ふたりをつなぐ婚約指輪。素敵な贈り方をして、いつまでも思い出に残るものにしよう!

参考文献/浜本隆志『指輪の文化史』白水ブックス