ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 婚約指輪の基礎知識
  4. ビジネスシーンでの婚約指輪はあり? なし?

ビジネスシーンでの
婚約指輪

あり? なし?

ビジネスシーンでの婚約指輪はあり? なし?

彼から婚約指輪をもらって天にも昇るような気持ちのあなた。肌身離さず身に着けていたいけれど、職場にも着けていっても大丈夫なのか、少し迷うところ。この記事ではビジネスシーンにおける婚約指輪や、身に着けてもOKのデザインについて考えてみた。

そもそも婚約指輪っていつ身に着けるもの?

婚約指輪を身に着けるのは婚約期間だけと思っている人は意外に多いはず。でも実は、婚約指輪は婚約期間だけではなく、結婚してからも身に着けてOK! 彼が心を込めて選んでくれた婚約指輪だから、たんすの肥やしになってしまってはもったいない。 婚約期間はもちろん、結婚後も積極的に身に着けてみては?

職場での着用は空気を読んで

とはいえ、 婚約指輪を職場に身に着けていっていいかどうかは悩むところ。まずチェックしなくてはいけないのは職場の雰囲気。未婚者と既婚者の割合をはじめ、男女の割合、年齢層などを多角的にチェック 。周りに婚約指輪を身に着けている人がいるかどうかなども、注意深く観察してみるといい。

一般的には、堅い職業の職場はNG、服装に制約がなく、自由な雰囲気の職場はOKというケースが多いようだが、同じ会社でも職種によって対応が異なるという場合もあるので、判断するのはなかなか難しい場合も。判断がつきにくい場合は、上司や既婚の先輩などに相談してみるのがお勧め。

なお、アクセサリー禁止という職場でも、結婚指輪は例外というところが多いが、華やかなデザインの婚約指輪は浮く可能性もあるので避けた方が無難かもしれない。また、制服がある職場では、制服と婚約指輪がミスマッチの雰囲気であれば、やはり控えた方がいい。

「自慢しているの?」と受け取られる恐れも

職場の雰囲気としては婚約指輪を身に着けていって問題ない場合でも、 周りの女性たちからあまり快く思われないという可能性がなきにしもあらず 。「結婚が決まり、高価な婚約指輪をもらったことを、これ見よがしに自慢している」と受け取られてしまうのも問題。そのあたりの雰囲気も読むことが必要とされるだろう。

職場では避けた方がいい婚約指輪って?

婚約指輪OKのフランクな職場だったとしても、ビジネスシーンには少しそぐわないのでは?という指輪もある。例えば、 立て爪で留められているソリティアリングは、大きなダイヤモンドが目を引く上、引っ掛かりやすいという面もあるので、仕事をする上では邪魔になる恐れも

また、メレダイヤがびっしりとあしらわれ、ボリュームたっぷりのパヴェリングも同様に、引っ掛かりやすくて仕事がしにくいし、職場では浮いた存在になる可能性が高い。

職場で身に着けるならどんなデザインがいい?

婚約指輪を職場でも身に着けたいと考えるのであれば、デザインをしっかり選ぼう。お勧めは 普段のファッションになじむデザインのもの 。例えば、婚約指輪はプラチナが定番と考えられているが、普段身に着けるアクセサリーがゴールドなら、ゴールドの婚約指輪を選ぶのも一つの方法。

また、 ダイヤモンドを留める爪があまり高くないものもお勧め 。婚約指輪の定番であるソリティアリングでも爪なしタイプがあるので、職場でも身に着けることを考えるのであれば、ダイヤモンドの石座(ダイヤモンドをセットする台座)の高さや留め方もチェックを。

日常使いにお勧めのエタニティリング

職場に身に着けていく婚約指輪としてお勧めのリングの一つにエタニティリングがある 。エタニティリングとは、アームの上にダイヤモンドを隙間なく整然と並べたリングのことで、ダイヤモンドが途切れなく続いている様子がエタニティ=永遠に結び付くとして、婚約指輪として選ぶ人も少なくない。

エタニティには全周にダイヤモンドが付いたフルエタニティと半周のみのハーフエタニティがあり、 職場でも身に着けるのであればハーフエタニティがお勧め 。ハーフエタニティの場合、ダイヤモンドが飾られた面を手のひら側にすると、表からは何の飾りもないシンプルなリングに見えるので、華やかな指輪がそぐわないという場面でもさっと対応できるので便利。

エタニティリングはアームの幅やダイヤモンドの留め方でも雰囲気がだいぶ異なる。幅か太いものはそれだけダイヤモンドも大きくなるので、ボリュームと華やかさが出てしまう。 職場で身に着けるのであれば、主張し過ぎない細みのエタニティリングがお勧め 。また、ダイヤモンドの留め方にも注目を。1つのダイヤモンドを4つの爪で支える4爪留めや、地金のレールでダイヤモンドを挟み込むレール留めのリングの方が安定感に優れ、身に着けやすいはず。

結婚後も身に着ける場合は?

先述したように、婚約指輪は結婚後も身につけてOK。 結婚後も職場に身に着けていくためには、結婚指輪との重ね着けを意識して選びたい 。セットリングであれば、無理なく調和するが、セットでなくても問題なし。結婚指輪を選ぶ際には、婚約指輪を持参して実際にバランスを見て選ぶといい。ちなみに、婚約指輪と結婚指輪を隙間なくぴったり重ねたいのなら、婚約指輪の石座が少し高いものの方がお勧め。

普段のお手入れもお忘れなく

婚約指輪を職場でも身に着けるとなると、指輪の汚れや傷などが心配になってくる。 1日身に着けた後は、柔らかい布で拭いておくと美しさが保たれる 。また、曇りが気になってきたら、コップ1杯の水かぬるま湯に中性洗剤を数滴落とした液に指輪ごと浸した後、柔らかい歯ブラシなどでこするといい。最後は水ですすいで、柔らかい布で水分を拭き取っておく。

また、 婚約指輪の傷やゆがみを防ぐために、重い荷物を持ったり、力仕事をしたりするときは、指輪は外した方が安心 。ゆがんでしまうと、ダイヤモンドを留めている爪がゆるみ、ダイヤモンドが外れてしまう恐れも出てくるので注意したい。

紛失には気を付けて!

また、紛失にも気を付けたい。高価なものだけに職場でなくなったとなれば、大きな問題に発展してしまう可能性が高い。 できればずっと外さないのがいいが、水仕事や力仕事などをする際に外すような場合は、専用のポーチなどを持参し、しっかり収納すること 。ポケットなどに入れておくと、つい外したことを忘れて紛失につながる恐れがあるので注意したい。
せっかくの婚約指輪だから、大切にいつでも身に着けたいもの。でも、職場の雰囲気を壊すような場合は、避けるなど臨機応変の対応を。TPOを意識して身に着けて。