ゼクシィ PRODUCED BY RECRUIT

 

ゼクシィ最新号をチェック!

  1. 結婚情報ゼクシィTOP
  2. 婚約指輪、結婚指輪
  3. 結婚指輪の基礎知識
  4. 着ける、着けない?オトコの結婚指輪

着ける、着けない?
オトコの結婚指輪

着ける、着けない?オトコの結婚指輪

結婚指輪で初めて「指輪」というものに向き合うという男性も多いはず。もしかしたら毎日身に着けるということに不安を抱く人もいるかも? もしかしたら身に着けなくてもいい? ジュエリー初心者の男性がどう結婚指輪と付き合っていけばいいのか、考えてみた。

結婚指輪は毎日身に着けるもの?

結婚をしたら結婚指輪を身に着けるのは、今や当たり前のことのようになっている。とはいえ、 身に着けるか着けないかは各人の自由 。女性は仕事上などで制約がない限りは結婚指輪を身に着けている人が多いようだが、男性はまちまちのようだ。

男性が結婚指輪を身に着けない理由

身に着けるのは自由といっても、せっかく購入した結婚指輪、身に着けないのはちょっともったいないような気もする。男性が指輪を身に着けない理由にはどんなことが挙げられるのだろうか。理由の一つとして考えられるのは、 指輪に慣れていない ということだろう。慣れていないから違和感を感じ、着けているのが苦痛になってしまうようだ。
また、結婚指輪は大切なものと考えるあまり、 なくすのが怖いので着けない という人もいるよう。さらに、日常的に身に着けて 傷などが付くのが嫌 という意見もあった。

男性が結婚指輪を身に着けるメリット

着けても着けなくてもいい結婚指輪だが、着けていると何かメリットはあるのだろうか。毎日身に着けている男性からは、 「結婚していることを周囲にさりげなく伝えられ、信頼感を得ることができる」 という意見があった。また、 身に着けていることで家族への責任感が生まれ、仕事のモチベーションが上がる という人もいる。

男性の結婚指輪に対して、女性の本音は?

女性にとっては、自分の夫にはできれば結婚指輪を毎日身に着けてほしいというのが本音だろうが、どちらでもいいという女性も少なくない。なお、既婚なのに結婚指輪を着けない男性に対しては、一部の女性からは「独身と見せようとしている?」などと不信感を抱く意見もあることを付け加えておく。
大切なのは妻の気持ち。妻が自分に結婚指輪を着けてもらいたいと思っているかどうか。妻が身に着けてほしいと思っているのに、自分は身に着けたくないというのであれば、 身に着けたくない理由を妻にしっかり説明して、納得してもらう ようにしよう。

結婚指輪選びの際に気を付けたいこと

日常的にずっと結婚指輪を身に着けたいと考えるのなら、結婚指輪を選ぶ際に気を付けたいことがいくつかある。まずは 着け心地 。指輪を着け慣れていない男性は、着け心地が悪いと毎日身に着けることは辛くなってくる。お勧めは アームの内側を削って丸くした内甲丸(うちこうまる) という加工を施したもの。 接地面が少ないので、着け心地がよいと感じる 人が多いようだ。とはいえ、着け心地の感覚は人それぞれなので、ショップで多くの指輪を試着した上で、自分が最も心地よく着けられると思える指輪を選ぼう。

また、サイズもしっかり合わせたい。指輪を着け慣れない男性は締めつけ感が気になるといって、少し緩めのものを選ぶ傾向にあるが、実は緩い方が両隣の指に指輪が当たって着け心地が悪いと感じる場合もある。また、緩いと知らないうちに抜けて紛失する危険性もあるので、ぴったりサイズのものがお勧めだ。

どうやって身に着ければいいの?

結婚指輪の身に着け方としては、大きく分けると 24時間ずっと着けっ放し という人と、 外出時のみ身に着ける(家にいるときは外す) という人に分かれるよう。また、仕事の関係で普段は身に着けられないという人は、休日のみ身に着けるという人も。

男性の場合は、比較的シンプルな結婚指輪を選んでいる人が多いと思うので、 ずっと着けていて気にならないのであれば、24時間着けっぱなしでも問題ない 。ただし、料理をするときは衛生面を考えると外した方がよさそう。また、食器洗いをするときは、洗剤のせいで指輪が抜けやすくなってしまうので、紛失防止のためにも外した方がいい。また、研磨材などを使って掃除をする場合も、研磨材で指輪が傷付くことがあるので外した方が無難。

さらに、 重いものを持ったり、力仕事をしたりするとき、テニスやゴルフなど手で用具をぎゅっと握るスポーツのときなども外した方がいい 。というのも、力が加わると指輪が変形するおそれがあるから。とくにプラチナは変形しやすいので気を付けて。
入浴の際にも気を付けたい。プラチナやゴールドに銀や銅などが合金として含まれている場合、温泉の成分に反応して指輪が変色することがある。入浴剤に反応することもあるので、気を付けたい。

紛失を防ぐアイデア

指輪を頻繁に着けたり外したりすると紛失しやすい。 紛失を防ぐためには、外したときに置く場所を決めておくといい 。例えば、家に帰ってきたら外すという人は、玄関にケースを置いておいたり、家事をする際に外すという人は水回りにリングトレーを置いておくなど。また、仕事の関係などで外出先で外すことがあるという人は、リング用の袋を常にバッグなどに入れておくといいだろう。

体形の変化にどう対応する?

結婚指輪は長い間使うものなので、その間の体形の変化も心配。太ってしまったり、あるいは痩せてしまったりすると、指輪のサイズも合わなくなる。その際は、ぜひ 指輪のサイズ直し を行い、再び身に着けられるようにしたい。購入店に持っていけば対応してくれるはずだ。ただし、エッジにミル打ちの装飾が施されているものなど、デザインによってはサイズ直しができないもあるので、購入時に確認したい。なお。サイズ直しはアフターサービスとして無料で対応してくれるショップもある(保証期間や回数に制限がある場合も)。

いつまでもキレイに身に着けるためには

また、いつまでもキレイな状態で身に着けるには、 定期的なお手入れ もお忘れなく。普段のお手入れは、 柔らかい布でやさしく拭く くらいで問題ない。なお、金属の表面に皮脂などが付き、金属の輝きが鈍ってきたなと感じたら、ぬるま湯に少量の中性洗剤を溶かした液に指輪を浸け、柔らかい歯ブラシなどで表面を磨くといい。その後、水道水ですすいで、水分を拭き取る。また、購入店に持っていけば、超音波でのクリーニングもしてくれる。

指輪はずっと身に着けていると表面に細かな傷が付いてしまう。これは仕方のないことで、結婚指輪の場合は傷=夫婦の歩んできた道のりと考え、一つの味としても受け入れる人も多い。ただし、よほど気になる場合は、 磨き直し(リフレッシュ仕上げ) という方法もある。これは表面を磨き直して、輝きを取り戻す方法だが、表面の金属が削れてわずかだが薄くなってしまう。こちらも購入ショップで対応してくれる。

着ける、着けないは人それぞれ。ただ、せっかく購入するのだから、男性もこだわって、長く愛用できる結婚指輪を選びたいもの。